SHARP AQUOS zero SH-M10の対応バンド・周波数帯

sharp-aquos-zero-sh-m10 SIMフリー・格安スマホ

SHARP AQUOS zero SH-M10のSIMフリー版が日本国内で発売されてましたが、プロセッサーにSnapdragon 845を搭載しており、多くのモバイルデータ周波数帯・バンドに対応しています。

今回はSIMフリー版SH-M10の対応バンドについて調べてみました。

AQUOS zero SH-M10(SIMフリー版)の対応バンド

  • 【LTE】Band1(2.1GHz)/ Band2(1.9GHz)/ Band3(1.8GHz)/ Band4(1.7GHz/2.1GHz)/ Band8(900MHz)/ Band11(1.4GHz)/ Band12(700MHz)/ Band17(700MHz)/ Band19(800MHz)/ Band26(800MHz)/ Band28(700MHz)/ Band41(2.5GHz)/ Band42(3.4GHz)
  • 【3G】Band1(2.1GHz)/ Band2(1.9GHz)/ Band4(1.7GHz/2.1GHz)/ Band8(900MHz)/ Band19(800MHz)
  • 【GSM】850/900/1800/1900MHz

AQUOS zero SH-M10(SIMフリー版)の対応バンドは上記の通りです。

まずはLTEですが、バンド1、バンド3、バンド8、バンド26などに対応しており、日本国内キャリアが提供している多くのメイン周波数帯に使用上は対応しています。

docomo回線を利用したIIJmioや楽天モバイル、OCN モバイル ONEの格安SIMがセットで申し込めるgooSimsellerでも取り扱いがあり、各社の動作確認表を見る必要はありますが、多くのdocomo回線系格安SIMで使える可能性が高いことがわかります。

docomo、au、SoftBank回線すべてのプランを提供するmineoでは、au VoLTE対応SIM(nano)、docomoマルチSIM(nano)、SoftBank nanoSIMプランにすべて対応としており、このことからも、AQUOS zero SH-M10、少なくともmineoの情報から3キャリア回線対応のSIMフリースマホであることも分かります。

MVNOでは割引キャンペーンが開催されている可能性もあるので、詳しい内容を公式サイトで確認してみましょう。

IIJmio 公式サイト

mineo 公式サイト

OCN モバイル ONE 公式サイト

楽天モバイル 公式サイト