OPPO R11sのスペック・基本仕様まとめ

OPPO R11sのスペックまとめです。R11sはOPPO Japan株式会社から発売予定のSIMフリースマホで、Android OSを採用、また従来のアスペクト比とは異なる6.01インチのAMOLEDディスプレイや、クアルコムのSnapdragon 660を搭載したスペックが特徴のモデル。

スペックできになる点をまとめていきます。

OPPO R11s スペック

oppo-r11s

以下は日本で発売の「OPPO R11s」スペックです。※OPPO Japan公式サイトを参照しています。

機種名OPPO R11s
OSAndroid 7.1ベース
(ColorOS 3.2)
ディスプレイ6.01インチ AMOLEDパネル 1600万色
2160×1080ドット 18:9
プロセッサーQualcomm Snapdragon 660
オクタコアCPU
メインメモリ4GB RAM
内臓ストレージ64GB ROM
外部ストレージmicroSDカードスロット
最大256GB対応
カメラ16MP+20MP デュアルリアカメラ
20MP セルフィーカメラ
バッテリー3205mAh
急速充電VOOCサポート
本体サイズ155.1mm x 75.5 x 7.1mm
重量153g
カラーシャンパーニュ
ブラック
レッド
SIMカードスロットnano SIM×2
DSDS
Wi-FiIEEE802.11a/b/g/n/ac
BluetoothVer 4.2
USBOTG利用可
対応バンドGSM: 850/900/1800/1900MHz
WCDMA: 850/900/1700/1900/2100MHz
FDD-LTE: Bands 1/2/3/4/5/7/8/20/28
TD-LTE: Bands 38/39/40/41
付属品イヤホン
マイクロUSBケーブル
VOOC フラッシュ充電システムmini
SIMカードツール
クイックガイド
ケース
重要情報、保証カード付冊子

Android 7.1ベースの「ColorOS 3.2」

coloros32oppo

OPPO R11sはAndroid 7.1ベースの「ColorOS (Ver3.2)」をプリイン。OPPOのスマートフォンといえばUIや機能がこのColorOSによって多くカスタマイズされているのが特徴で、UIの特徴としてはiOSライクですが、ベースはAndroidのそれです。

スマート節電

coloros32battery

ColorOS 3.2ではユーザーの仕様習慣を学習し、バックエンドで電力消費の多いアプリの感知、また独自のアルゴリズムによってクリーンナップやアプリ休止を判断して節電を行うようになっています。

ゲーム最適化

ゲームのインターフェイスに入るとCPUは高パフォーマンス状態で稼働するようになっており、より少ないストレスでゲームプレイを楽しめるとのこと。

O-Shareの高速データ送信

o-share

OPPO Shareによるリアルタイムの高速データ送信にも対応。にBluetoothのペアリングとWi-Fiの直接通信で行うためモバイルデータ通信を必要とせず、3ステップでBluetoothの約100倍の速度でデータ送信を行うことができるそうです。

6.01インチ AMOLEDディスプレイ

ディスプレイサイズは6.01インチで、解像度は2160×1080ドット、AMOLEDパネルを採用し、1600万色を実現。画面比率が85.8%と高いフルディスプレイとなっています。

プロセッサーは「Snapdragon 660」

内臓プロセッサーには、クアルコム社の「Snapdragon 660」を搭載しています。スナドラ600シリーズといえばミッドレンジからアッパーミッドレンジあたりをカバーしているSoC群で、660はその中でも上位スペックに位置するモデルです。

CPUはKryo260コアを採用した8コアCPUとなっており、最大クロックスピードは2.2GHz。GPUはAdreno 512。

4GB RAM / 64GB ROM

内臓メインメモリは4GB RAM、内臓ストレージは64GB ROMを搭載。実は海外モデルだと6GB/128GBモデルが登場しているのですが、とりあえず日本で発売されるSIMフリー版は4GB/64GBモデルとなっています。

外部メモリ(microSDカードスロット対応)

OPPO R11sはmicroSDカードスロットに対応しているのも特徴で、公式スペックで最大256GB(~microSDXC)をサポートしています。

デュアルリアカメラ

oppor11s-cameras

背面には2000万画素+1600万画素 (F1.7) のデュアルカメラが搭載されています。

  • 画像サイズ:アウトカメラ(写真モード)4608×3456、(ポートレートモード‐バストアップ)3264×2448、(ポートレートモード‐全身)3264×2448、(エキスパートモード)4608×3456
  • 撮影モード:写真、動画、ポートレート、エキスパート、タイムラプス、パノラマ

AI対応セルフィーカメラ

セルフィーカメラは2000万画素(F2.0)。Aiビューティーモードに対応しており、254の顔の特徴を取得し、性別や年齢、肌のキメなど複数の要素から自撮りの特徴を分析して、最適な補正を施すことができます。

OPPOのビューティーモードは補正が強力で盛れるセルフィーカメラであることも特長の1つで、今回のOPPO R11sにも注目。

3205mAhバッテリー、VOOC急速充電

バッテリー容量は約3205mAhとなっており、急速充電の「VOOC (Voltage Open Loop Multi-step Constant-Current Charging) フラッシュチャージ」に対応。5分間の充電で約2時間通話分の充電を可能としており、独自の定電圧充電を採用することで、過酷な仕様状況や充電中操作でも内部温度を低温に保つそうです。

本体サイズ・重量

  • 本体サイズ:約155.1mm x 75.5 x 7.1mm
  • 重量:約153g

スペック表を見る限りではそこそこに薄型で、そこそこに軽量のボディを採用しています。

本体カラー

oppo-r11s

ブラック・シャンパン・レッドの3色展開。

市場想定価格

5万7890円(税別)

取り扱い

発表時点では、ヨドバシカメラとビックカメラで販売を予定しています。

発売日

  • 発売日 2018年2月9日~
  • 予約開始日 2018年2月3日~