OPPO R11sはmicroSDカードスロットに対応

oppo-r11s

日本国内でSIMフリー版の発売が決定したフラグシップモデル「OPPO R11s」ですが、実はmicroSDカードスロットに対応しています。本体ストレージが64GB ROMと、本体価格にしてみれば128GBくらい欲しいところですが、外部メモリを使える仕様なので安心なAndroidスマートフォンです。

OPPO R11sのmicroSDカードスロット

日本発売予定の「OPPO R11s」ですが、外部メモリでmicroSDカードスロットに対応。最大容量は(~microSDXC)256GBとなっており、例えば64GB ROMの内臓ストレージの部分が窮屈になっても、microSDカードを使ってデータを入れておくことができます。

機種名OPPO R11s
OSAndroid 7.1ベース
(ColorOS 3.2)
ディスプレイ6.01インチ AMOLEDパネル 1600万色
2160×1080ドット 18:9
プロセッサーQualcomm Snapdragon 660
オクタコアCPU
メインメモリ4GB RAM
内臓ストレージ64GB ROM
外部ストレージmicroSDカードスロット
最大256GB対応
カメラ16MP+20MP デュアルリアカメラ
20MP セルフィーカメラ
バッテリー3205mAh
急速充電VOOCサポート
本体サイズ155.1mm x 75.5 x 7.1mm
重量153g
カラーシャンパーニュ
ブラック
レッド
SIMカードスロットnano SIM×2
DSDS
Wi-FiIEEE802.11a/b/g/n/ac
BluetoothVer 4.2
USBOTG利用可
対応バンドGSM: 850/900/1800/1900MHz
WCDMA: 850/900/1700/1900/2100MHz
FDD-LTE: Bands 1/2/3/4/5/7/8/20/28
TD-LTE: Bands 38/39/40/41
付属品イヤホン
マイクロUSBケーブル
VOOC フラッシュ充電システムmini
SIMカードツール
クイックガイド
ケース
重要情報、保証カード付冊子

例えば最近発売されたSIMフリースマホのフラグシップモデルでいうと、HUAWEI Mate 10 Proは128GB ROMを内臓する代わりに、microSDカードスロットが非搭載だったりはします。内臓ストレージが64GBであることはOPPO R11sのデメリットにもなり得ますが、microSDカードを使えばMate 10 Proよりも多くのデータを保存できるのはメリットと言えそうです。(もちろん、64GB ROMの内臓ストレージのみで足りる方も多いでしょう)

本体容量は64GB ROMで、microSDカードスロットが256GBまで対応しているので、最大300GB以上のストレージを確保できます。ここまで大容量のmicroSDを使う人は少ない気がしますが、OPPO R11sはカメラ機能が売りの機種なので、特に写真撮影や動画撮影を多くする方は、確認しておくと良いでしょう。

シェア