HUAWEI P10 liteはmicroSDカードに対応

huawei-p10-lite-design

SIMフリー版として発売された「HUAWEI P10 lite」ですが、実はmicroSDカードスロットを搭載しています。

ハイブリッド型で片方のnano SIMスロットと兼用なので、この辺りもチェックしておくと良さそうです。

HUAWEI P10 liteはmicroSDカードスロットを搭載

HUAWEI P10 liteは「microSDカードスロット」を搭載しており、カードを挿して、外部メモリ(外部ストレージ)を利用することが可能です。

microSD/microSDHC/microSDXCに対応しており、最大容量は128GB。本体内臓のストレージが32GB ROMとミッドレンジのそれなので、必要に応じて写真データなどをmicroSDカードを用意して保存しておけるのはメリット。

注意しておきたいのはSIMカードスロットとの排他利用の部分。HUAWEI P10はデュアルnano SIMスロットなのですが、セカンダリーSIMスロットの方はmicroSDカードスロットと兼用で、例えば

  • nano SIM 1枚のみ
  • nano SIM + nano SIM
  • nano SIM + microSDカード

といった運用になります。

ただしP10 liteの場合は「セカンダリーSIMがGSM」なので、国内においてはLTEと3GでのDSDS(デュアルSIMディアルスタンバイ)が使えないので、あくまでもnano SIMを2枚運用したいときは、単純にもう1枚SIMカードを持ち歩きたい場合か、もしくは海外でGSMを使ってDSDSをしたい場合のみです。ですので、そこは特に心配する必要はないです。

HUAWEI P10 liteは単体でも発売されていますが、MVNO・格安SIMのキャンペーンなどと合わせると安く購入できる可能性があります。

(単体購入)

(MVNO・格安SIMセット)