HUAWEI Mate 10 Proのスペックを比較

mate-10-pro

HUAWEIからハイスペックなSIMフリースマホとして発売された「HUAWEI Mate 10 Pro」は、最新のフラグシップ・モデル。

その高いスペックだけでなく、ライカコラボでブラッシュアップされたデュアルリアカメラ、AI搭載によるスマートな処理性能と大容量バッテリー、18:9のアスペクト比を採用したOLEDディスプレイなど、特にSIMフリー市場では注目の的になっているAndroidスマートフォン。

今回の記事では、そのスペックを確認し、Galaxy Note 8やその他SIMフリー機種などとも比較してみようと思います。なお同時期に発売されたHUAWEI Mate 10 Liteもありますが、あちらはミッドレンジモデルなので、今回は比較対象から外しています。

HUAWEI Mate 10 Proのスペック・性能

機種名HUAWEI Mate 10 Pro
本体サイズ幅:約74.5 mm
高さ:約154.2 mm
厚さ:約7.9 mm
重さ:約178 g
カラーミッドナイトブルー
チタニウムグレー
対応OSAndroid 8.0 Oreo / EMUI 8.0
プロセッサーHUAWEI Kirin 970
オクタコアCPU(4 x 2.36GHz A73 + 4 x 1.8GHz A53)
i7 コプロセッサ
Mali-G72 MP12 GPU
NPU: Neural Network Processing Unit
ディスプレイ約6インチ HUAWEI FullView Display
18:9 OLED
2160×1080ドット 401ppi
1670万色
NTSC : 112%
コントラスト:70000:1
メモリ6GB RAM / 128GB ROM
外部メモリmicroSDカードスロット非搭載
バッテリー4000mAh (一体型)
急速充電対応 5V/2A or 5V/4.5A or 4.5V/5A
測位方式GPS/AGPS/Glonass/Beidou/QZSS
コネクティビティWi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac 準拠 (2.4/5.0GHz)
Bluetooth 4.2 with BLE (aptX/aptX HD/LDAC 対応)
USB 3.1 Type-C (DisplayPort 1.2 対応)
NFC
Nano SIM×2
リアカメラ(ダブルレンズ)
1200万画素カラーセンサー + 2000万画素モノクロセンサー
開口部 F1.6 / 光学手振れ補正 / デュアルLEDフラッシュ
2倍ハイブリッドズーム / 像面位相差 + コントラスト + レーザー + デプス AF / 4K動画撮影
インカメラインカメラ: 800万画素 (開口部 F2.0, FF)
通信速度下り (受信時) : 最大500Mbps (LTE) / 上り (送信時) : 最大50Mbps (LTE)
通信方式FDD LTE: B1/2/3/4/5/7/8/9/12/17/19/20/26/28/32
TDD LTE: B34/38/39/40/41(2545-2655MHz)
受信時 2CCA/3CCA 対応
WCDMA: B1/2/4/5/6/8/19
TD-SCDMA: B34/39
GSM: 850/900/1800/1900MHz
セカンダリーSIM: LTE, WCDMA, GSMの上記周波数
本体付属品USB-Cハイレゾイヤホン / USB-C to 3.5mm ヘッドフォンジャックアダプタ / クリアケース
ACアダプタ / USBケーブル ( A to C ) / クイックスタートガイド
耐水防塵IEC規格60529にもとづくIP67等級
センサー加速度 / コンパス / ジャイロ / 環境光 / 近接 / HALL / 指紋認証 / 気圧 / 赤外線リモコン

OSはAndroid 8.0 OreoベースのEMUIを採用し、自社系のプロセッサーでは最上位モデルとなる「Kirin 970」を搭載、6GB RAM、microSDカードスロットは非搭載ですが128GB ROMの内臓ストレージと、使える容量は多いのが特徴です。

約6インチのHUAWEI FullView ディスプレイはOLEDパネルを採用しており、解像度は2160×1080ドットのフルHD+。デザイン面でも、背面カメラ部分にストライプを施した大胆かつシンプルなデザインも、以前までの機種とはまた異なった一面を見せる外観となってます。

またHUAWEIのフラグシップモデルで気になるカメラ性能ですが、今回もライカとコラボし、20MP モノクロームセンサー+12MP RGBセンサーを採用したデュアルリアカメラを搭載しています。開口部f/1,6や光学手ぶれ補正機能にも対応していることで、より多くの光を取り込みつつ、高い描写力を実現したところがポイント。カメラではAIによるリアルタイムのシーン・被写体認識にも対応しており、AIスマホとしてのメリットはこの辺りの撮影性能にも活かされています。

バッテリーは4000mAhと容量も多く、同梱のACアダプターとケーブルを利用すれば、HUAWEI スーパーチャージによって約20分で1日分の充電を可能としています。

ヘッドフォンジャックは取り払っていますが、その代わりUSB-Cポートから接続できる3.5mmヘッドフォンジャック用のアダプタが付属する他、USB-Cポートに直接繋ぐイヤホンも同梱。

IP67等級の防水防塵(HUAWEIは「耐水」と紹介)、NFCサポート、2.4GHz & 5GHz Wi-Fi対応、BluetoothコーデックもaptX / aptX HD、またLDACにも対応するなど、ワイヤレスでの音楽再生でも強みがありそうなスペックに。

ざっとみていくと「microSDカードスロットがない・おサイフケータイ非対応・3.5mmイヤホンジャックがない・ワイヤレス充電がない」といったところが他社ハイエンドモデルと比較して気になるところですが、他社製品でも強み、弱みといったところはあるので、HUAWEI Mate 10 Proは2017年後半に発売されたAndroidスマートフォンとして、他社ハイエンド機と十分渡り合える基本性能を持っていると言えます。日本国内のSIMフリー市場ではまだまだAndroid OSを搭載したハイエンドスマホが少ない現状もあるので、SIMフリー版として発売されたのも大きなところでしょうか。

なお、販路もかなり多く、Amazon.co.jp他通販サイトで取り扱いされており、MVNOでも発売しているところは多いです。

購入

HUAWEI Mate 9とのスペック比較

機種名HUAWEI Mate 10 ProHUAWEI Mate 9
本体サイズ幅:約74.5 mm
高さ:約154.2 mm
厚さ:約7.9 mm
重さ:約178 g
幅:約78.9 mm
厚さ:約156.9 mm
縦:約7.9 mm
重さ:約190 g
カラーミッドナイトブルー
チタニウムグレー
ムーンライトシルバー
ブラック
シャンパンゴールド
対応OSAndroid 8.0 Oreo / EMUI 8.0Android™ 7.0 Nougat / Emotion UI 5.0
プロセッサーHUAWEI Kirin 970
オクタコアCPU(4 x 2.36GHz A73 + 4 x 1.8GHz A53)
i7 コプロセッサ
Mali-G72 MP12 GPU
NPU: Neural Network Processing Unit
HUAWEI Kirin 960
オクタコアCPU (4 x 2.4GHz A73 + 4 x 1.8GHz A53)
ディスプレイ約6インチ HUAWEI FullView Display
18:9 OLED
2160×1080ドット 401ppi
1670万色
NTSC : 112%
コントラスト:70000:1
約 5.9インチ, FHD (1080x1920ドット), IPS
メモリ6GB RAM / 128GB ROMRAM 4GB / ROM 64GB
外部メモリmicroSDカードスロット非搭載microSD カード(最大256GB)
バッテリー4000mAh (一体型)
急速充電対応 5V/2A or 5V/4.5A or 4.5V/5A
4000mAh
急速充電対応 5V/2A or 5V/4.5A or 4.5V/5A
測位方式GPS/AGPS/Glonass/Beidou/QZSSGPS / AGPS / Glonass / Beidou / Galileo
コネクティビティWi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac 準拠 (2.4/5.0GHz)
Bluetooth 4.2 with BLE (aptX/aptX HD/LDAC 対応)
USB 3.1 Type-C (DisplayPort 1.2 対応)
NFC
Nano SIM×2
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac準拠(2.4/5.0GHz)
USB Type C (High Speed/OTG対応)
NFC
Nano SIM x 2
Bluetooth® v4.2 with BLE
リアカメラ(ダブルレンズ)
1200万画素カラーセンサー + 2000万画素モノクロセンサー
開口部 F1.6 / 光学手振れ補正 / デュアルLEDフラッシュ
2倍ハイブリッドズーム / 像面位相差 + コントラスト + レーザー + デプス AF / 4K動画撮影
(ダブルレンズ)
1200万画素カラーセンサー + 2000万画素モノクロセンサー
開口部F2.2 / 光学手振れ補正 / 2色フラッシュ / 2倍ハイブリッドズーム
4-in-1 ハイブリッドフォーカス(像面位相差 + コントラスト + レーザー + デプスAF)
インカメラインカメラ: 800万画素 (開口部 F2.0, FF)インカメラ:800万画素 (開口部F1.9 / AF)
通信速度下り (受信時) : 最大500Mbps (LTE) / 上り (送信時) : 最大50Mbps (LTE)
通信方式FDD LTE: B1/2/3/4/5/7/8/9/12/17/19/20/26/28/32
TDD LTE: B34/38/39/40/41(2545-2655MHz)
受信時 2CCA/3CCA 対応
WCDMA: B1/2/4/5/6/8/19
TD-SCDMA: B34/39
GSM: 850/900/1800/1900MHz
セカンダリーSIM: LTE, WCDMA, GSMの上記周波数
[SIM 1]
FDD-LTE : B1/2/3/4/5/7/8/9/12/17/19/20/25/26/28/29
TDD-LTE : B38/39/40/41
LTE CA DL( 国内) : B1+B19/B3+B19/B1+B8/B1+B3+B8
UMTS: B1/2/4/5/6/8/19
TD-SCDMA: B34/39
CDMA2000: BC0
GSM:850/900/1800/1900MHz

[SIM 2]
UMTS: B1/2/4/5/6/8/19
CDMA2000: BC0
GSM:850/900/1800/1900MHz

※CDMA2000はChina Telecomのみの対応
本体付属品USB-Cハイレゾイヤホン / USB-C to 3.5mm ヘッドフォンジャックアダプタ / クリアケース
ACアダプタ / USBケーブル ( A to C ) / クイックスタートガイド
リモコン付きヘッドセット / ケース / ACアダプタ / USBケーブル ( A to C ) / USB変換アダプタ( micro-B to C ) /クイックスタートガイド / 保証書
耐水防塵IEC規格60529にもとづくIP67等級-
センサー加速度 / コンパス / ジャイロ / 環境光 / 近接 / HALL / 指紋認証 / 気圧 / 赤外線リモコン加速度, コンパス, ジャイロ, 環境光, 近接, HALL, 指紋認証, 気圧
赤外線リモコン

海外ではHUAWEI Mate 9 Proも発売していましたが、日本に正式投入されていたのはMate 9なので、こちらと比較してみます。

Mate 10 Proはあらゆる面で進化していて、まずはディスプレイがOLEDで18:9ですし、それに伴って本体サイズも小型化しています。SoCに関してもKirin 970は10nmプロセスを採用しており、内部最適化によるGPUのパフォーマンス向上、電力効率の向上などが挙げられます。最新モデルではNPUも搭載され、より賢く動作するようになっている(らしい)という点もポイント。

カメラもライカとのコラボレーションは継続しながらスペックをアップさせており、新たにIP67の耐水性能にも対応。Mate 9もSIMフリースマホとしては人気の高いモデルかと思うのですが、スペックをアップグレードしつつ、ディスプレイなどでも最近のトレンドを取り入れたMate 10 Proの方が魅力的に見えます。

SAMSUNG Galaxy Note 8とのスペック比較

機種名HUAWEI Mate 10 ProGalaxy Note 8
本体サイズ幅:約74.5 mm
高さ:約154.2 mm
厚さ:約7.9 mm
重さ:約178 g
幅:約75 mm
高さ:約163 mm
厚さ:約8.6 mm
重さ:約190 g
対応OSAndroid 8.0 Oreo / EMUI 8.0Android 7.1.1 (Nougat)
プロセッサーHUAWEI Kirin 970
オクタコアCPU(4 x 2.36GHz A73 + 4 x 1.8GHz A53)
i7 コプロセッサ
Mali-G72 MP12 GPU
NPU: Neural Network Processing Unit
Snapdragon 835
オクタコアCPU
Adreno 540 GPU
ディスプレイ約6インチ HUAWEI FullView Display
18:9 OLED
2160×1080ドット 401ppi
1670万色
NTSC : 112%
コントラスト:70000:1

Galaxy Note8
6.3インチ
Super AMOLED(有機EL)
QHD+ (1440 x 2960 静電式)
521 ppi
メモリ6GB RAM / 128GB ROM6GB RAM (LPDDR4)
64GB ROM
外部メモリmicroSDカードスロット非搭載microSDカードスロット
最大256GB
バッテリー4000mAh (一体型)
急速充電対応 5V/2A or 5V/4.5A or 4.5V/5A
3300mAh
急速充電
ワイヤレス充電
測位方式GPS/AGPS/Glonass/Beidou/QZSSN/A
コネクティビティWi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac 準拠 (2.4/5.0GHz)
Bluetooth 4.2 with BLE (aptX/aptX HD/LDAC 対応)
USB 3.1 Type-C (DisplayPort 1.2 対応)
NFC
Nano SIM×2
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac (2.4/5GHz)
Bluetooth v 5.0
Felica / NFC
USB Type-C
3.5mmヘッドフォンジャック
リアカメラ(ダブルレンズ)
1200万画素カラーセンサー + 2000万画素モノクロセンサー
開口部 F1.6 / 光学手振れ補正 / デュアルLEDフラッシュ
2倍ハイブリッドズーム / 像面位相差 + コントラスト + レーザー + デプス AF / 4K動画撮影
(デュアルカメラ)
望遠12MP+広角12MP
インカメラインカメラ: 800万画素 (開口部 F2.0, FF)8MP
通信速度下り (受信時) : 最大500Mbps (LTE) / 上り (送信時) : 最大50Mbps (LTE)docomo版:最大受信速度788Mbps
au版:最大受信速度708Mbps
通信方式FDD LTE: B1/2/3/4/5/7/8/9/12/17/19/20/26/28/32
TDD LTE: B34/38/39/40/41(2545-2655MHz)
受信時 2CCA/3CCA 対応
WCDMA: B1/2/4/5/6/8/19
TD-SCDMA: B34/39
GSM: 850/900/1800/1900MHz
セカンダリーSIM: LTE, WCDMA, GSMの上記周波数
キャリアによる
本体付属品USB-Cハイレゾイヤホン / USB-C to 3.5mm ヘッドフォンジャックアダプタ / クリアケース
ACアダプタ / USBケーブル ( A to C ) / クイックスタートガイド
テレビアンテナケーブル
Sペン(ミッドナイト ブラック または メープル ゴールド)
SIM取り出しツール
AKGチューニングマイク付高音質イヤホン
Sペン交換キット
OTG対応USB変換アダプタ
MicroUSBケーブル
クリアケース
耐水防塵IEC規格60529にもとづくIP67等級IP68
センサー加速度 / コンパス / ジャイロ / 環境光 / 近接 / HALL / 指紋認証 / 気圧 / 赤外線リモコン虹彩認証用赤外線センサー
気圧センサー
加速度センサー
バロメーター
指紋センサー
ジャイロセンサー
地磁気センサー
ホールセンサー
心拍センサー
近接センサー
照度センサー

Galaxy S8,、S8+、そしてNote 8はどれも高いディスプレイ解像度(2960×1440ドット)のAMOLEDディスプレイを搭載しており、またどのモデルも3.5mmヘッドフォンジャックを廃止していません。HUAWEI、SAMSUNGは両機種ヘビーにカスタマイズされたUIを採用しているので、どちらもハイエンドなスペックですが、この辺りも好みが別れるところ。また長くキャリアで発売している機種といった利点か、FeliCaにも対応しているのはGalaxyの強みかと思います。

Sペンに利用価値を見出すならNote 8という選択肢もありますし、日本国内ではキャリア販売にはなりますが、選べる機種のサイズ感や種類が多いという点では、Galaxy Sシリーズも比較対象としてチェックしておきたいところ。

LG V30+とのスペック比較

機種名HUAWEI Mate 10 ProLG V30+
本体サイズ幅:約74.5 mm
高さ:約154.2 mm
厚さ:約7.9 mm
重さ:約178 g
幅:約75 mm
高さ:約152 mm
厚さ:約7.4 mm
重さ:約158 g
カラーミッドナイトブルー
チタニウムグレー
-
対応OSAndroid 8.0 Oreo / EMUI 8.0Android 8.0 Oreo
プロセッサーHUAWEI Kirin 970
オクタコアCPU(4 x 2.36GHz A73 + 4 x 1.8GHz A53)
i7 コプロセッサ
Mali-G72 MP12 GPU
NPU: Neural Network Processing Unit
Snapdragon 835
2.45GHz+1.9GHz オクタコアCPU
Adreno 540 GPU
ディスプレイ約6インチ HUAWEI FullView Display
18:9 OLED
2160×1080ドット 401ppi
1670万色
NTSC : 112%
コントラスト:70000:1
有機EL 約6.0インチ (2880×1440)
メモリ6GB RAM / 128GB ROMROM 128GB / RAM 4GB
外部メモリmicroSDカードスロット非搭載microSDカードスロット
(最大256GB)
バッテリー4000mAh (一体型)
急速充電対応 5V/2A or 5V/4.5A or 4.5V/5A
測位方式GPS/AGPS/Glonass/Beidou/QZSS
コネクティビティWi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac 準拠 (2.4/5.0GHz)
Bluetooth 4.2 with BLE (aptX/aptX HD/LDAC 対応)
USB 3.1 Type-C (DisplayPort 1.2 対応)
NFC
Nano SIM×2
Bluetooth 5.0
USB Type-C
NFC / おサイフケータイ
リアカメラ(ダブルレンズ)
1200万画素カラーセンサー + 2000万画素モノクロセンサー
開口部 F1.6 / 光学手振れ補正 / デュアルLEDフラッシュ
2倍ハイブリッドズーム / 像面位相差 + コントラスト + レーザー + デプス AF / 4K動画撮影
約1650万画素(CMOS)+約1310万画素(CMOS)
インカメラインカメラ: 800万画素 (開口部 F2.0, FF)約510万画素(CMOS)
通信速度下り (受信時) : 最大500Mbps (LTE) / 上り (送信時) : 最大50Mbps (LTE)N/A
通信方式FDD LTE: B1/2/3/4/5/7/8/9/12/17/19/20/26/28/32
TDD LTE: B34/38/39/40/41(2545-2655MHz)
受信時 2CCA/3CCA 対応
WCDMA: B1/2/4/5/6/8/19
TD-SCDMA: B34/39
GSM: 850/900/1800/1900MHz
セカンダリーSIM: LTE, WCDMA, GSMの上記周波数
N/A
本体付属品USB-Cハイレゾイヤホン / USB-C to 3.5mm ヘッドフォンジャックアダプタ / クリアケース
ACアダプタ / USBケーブル ( A to C ) / クイックスタートガイド
N/A
耐水防塵IEC規格60529にもとづくIP67等級防水: IPX5 / IPX8
防塵: IP6X
MIL-STD 810G通過
センサー加速度 / コンパス / ジャイロ / 環境光 / 近接 / HALL / 指紋認証 / 気圧 / 赤外線リモコンN/A

LG V30+もSnapdragon 835採用、約6インチの有機ELディスプレイ解像度は2880×1440ドットとハイエンドモデルで、3.5mmイヤホンジャックを残し、クアッドDAC搭載で音楽再生にも特徴を持ったAndroidスマートフォンです。microSDカードスロットも搭載。

リアカメラでは広角レンズでの撮影が面白いところで、これは最近のLGスマートフォンの特徴でもあります。動画撮影面ではCine VIdeoで映画ライクな動画撮影モードを搭載するなど、また違う特徴を持ったモデルと言えますが、Mate 10 Pro、LG V30+はどちらもマニュアル(Pro)モードで設定をいじれる項目が充実しており、より凝ったカメラ撮影を行いたいなら、比較しておくべきと言えそうです。

防水防塵対応、またMIL規格の14項目(MIL-STD 810G)を通過しており、耐久性に優れていることもアピール。キャリア販売モデルということでおサイフケータイにも対応しており、このあたりも以前からキャリア向けにスマートフォンを発売してきたLGブランドの強みと言えるかもしれません。

Xperia XZ1とのスペック比較

機種名HUAWEI Mate 10 ProXperia ZX1
本体サイズ幅:約74.5 mm
高さ:約154.2 mm
厚さ:約7.9 mm
重さ:約178 g
約148mm×約73mm×約7.4mm(最厚部 約8.1mm)
約156g
カラーミッドナイトブルー
チタニウムグレー
-
対応OSAndroid 8.0 Oreo / EMUI 8.0Android 8.0 Oreo
プロセッサーHUAWEI Kirin 970
オクタコアCPU(4 x 2.36GHz A73 + 4 x 1.8GHz A53)
i7 コプロセッサ
Mali-G72 MP12 GPU
NPU: Neural Network Processing Unit
Snapdragon 835
ディスプレイ約6インチ HUAWEI FullView Display
18:9 OLED
2160×1080ドット 401ppi
1670万色
NTSC : 112%
コントラスト:70000:1
約5.2インチ トリルミナスディスプレイ® for mobile/LCD(Full HD)
メモリ6GB RAM / 128GB ROM64GB ROM / 4GB RAM
外部メモリmicroSDカードスロット非搭載microSDカードスロット
最大256GB
バッテリー4000mAh (一体型)
急速充電対応 5V/2A or 5V/4.5A or 4.5V/5A
2700mAh
測位方式GPS/AGPS/Glonass/Beidou/QZSS
コネクティビティWi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac 準拠 (2.4/5.0GHz)
Bluetooth 4.2 with BLE (aptX/aptX HD/LDAC 対応)
USB 3.1 Type-C (DisplayPort 1.2 対応)
NFC
Nano SIM×2
Bluetooth ver.5.0
Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n/ac
USB Type-Cポート
3.5mmオーディオジャック
NFC / おサイフケータイ
リアカメラ(ダブルレンズ)
1200万画素カラーセンサー + 2000万画素モノクロセンサー
開口部 F1.6 / 光学手振れ補正 / デュアルLEDフラッシュ
2倍ハイブリッドズーム / 像面位相差 + コントラスト + レーザー + デプス AF / 4K動画撮影
Motion Eye™カメラシステム 有効画素数約1920万画素
裏面照射積層型CMOSイメージセンサー Exmor RS® for mobile
インカメラインカメラ: 800万画素 (開口部 F2.0, FF)有効画素数約1320万画素
裏面照射積層型CMOSイメージセンサー Exmor RS® for mobile
通信速度下り (受信時) : 最大500Mbps (LTE) / 上り (送信時) : 最大50Mbps (LTE)N/A
通信方式FDD LTE: B1/2/3/4/5/7/8/9/12/17/19/20/26/28/32
TDD LTE: B34/38/39/40/41(2545-2655MHz)
受信時 2CCA/3CCA 対応
WCDMA: B1/2/4/5/6/8/19
TD-SCDMA: B34/39
GSM: 850/900/1800/1900MHz
セカンダリーSIM: LTE, WCDMA, GSMの上記周波数
N/A
本体付属品USB-Cハイレゾイヤホン / USB-C to 3.5mm ヘッドフォンジャックアダプタ / クリアケース
ACアダプタ / USBケーブル ( A to C ) / クイックスタートガイド
N/A
耐水防塵IEC規格60529にもとづくIP67等級防水(IPX5/IPX8)、防塵(IP6X)
センサー加速度 / コンパス / ジャイロ / 環境光 / 近接 / HALL / 指紋認証 / 気圧 / 赤外線リモコンN/A

キャリア向けに販売されているSONYモバイルコミュニケーションズのフラグシップモデル「Xperia XZ1」ですが、こちらもSnapdragon 835を搭載したハイエンドモデルと言えます。ディスプレイは従来のアスペクト比を採用しており、5.2インチの解像度が1920×1080フルHDと、少しアスペクト比の流行には乗り遅れている印象です (そしてこれは好みの問題でもあります)。

1秒960コマのスーパースローモーション動画撮影などに対応し、プレミアムおまかせオートなどXperiaブランドで継続されてきた多くの機能も使えます。防水防塵対応、ヘッドフォンジャック搭載、キャリア販売モデルでおサイフケータイなどにも対応し、以前からXperiaユーザーであれば使い易そうな機種になっているかと思います。

ASUS ZenFone 4 Pro ZS551KLとのスペック比較

機種名HUAWEI Mate 10 ProASUS ZenFone 4 Pro
本体サイズ幅:約74.5 mm
高さ:約154.2 mm
厚さ:約7.9 mm
重さ:約178 g
幅:約75.6 mm
高さ:約156.9 mm
厚さ:約7.6 mm
重さ:約175 g
カラーミッドナイトブルー
チタニウムグレー
対応OSAndroid 8.0 Oreo / EMUI 8.0Android 7.1.1
ZenUI
プロセッサーHUAWEI Kirin 970
オクタコアCPU(4 x 2.36GHz A73 + 4 x 1.8GHz A53)
i7 コプロセッサ
Mali-G72 MP12 GPU
NPU: Neural Network Processing Unit
Qualcomm Snapdragon™ 835
ディスプレイ約6インチ HUAWEI FullView Display
18:9 OLED
2160×1080ドット 401ppi
1670万色
NTSC : 112%
コントラスト:70000:1
5.5型ワイド AMOLEDディスプレイ

Corning® Gorilla® Glass 5
メモリ6GB RAM / 128GB ROMLPDDR4 6GB RAM
128GB ROM
外部メモリmicroSDカードスロット非搭載microSDカードスロット搭載
バッテリー4000mAh (一体型)
急速充電対応 5V/2A or 5V/4.5A or 4.5V/5A
3,600mAh
測位方式GPS/AGPS/Glonass/Beidou/QZSSN/A
コネクティビティWi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac 準拠 (2.4/5.0GHz)
Bluetooth 4.2 with BLE (aptX/aptX HD/LDAC 対応)
USB 3.1 Type-C (DisplayPort 1.2 対応)
NFC
Nano SIM×2
IEEE802.11a/b/g/n/ac (周波数帯域:2.4GHz/5GHz)
Bluetooth 5.0
nanoSIMスロット×2
リアカメラ(ダブルレンズ)
1200万画素カラーセンサー + 2000万画素モノクロセンサー
開口部 F1.6 / 光学手振れ補正 / デュアルLEDフラッシュ
2倍ハイブリッドズーム / 像面位相差 + コントラスト + レーザー + デプス AF / 4K動画撮影
1,200万画素カメラ内蔵 (メインカメラ)
1,600万画素ズームカメラ内蔵 (2ndカメラ)
インカメラインカメラ: 800万画素 (開口部 F2.0, FF)800万画素カメラ内蔵
通信速度下り (受信時) : 最大500Mbps (LTE) / 上り (送信時) : 最大50Mbps (LTE)N/A
通信方式FDD LTE: B1/2/3/4/5/7/8/9/12/17/19/20/26/28/32
TDD LTE: B34/38/39/40/41(2545-2655MHz)
受信時 2CCA/3CCA 対応
WCDMA: B1/2/4/5/6/8/19
TD-SCDMA: B34/39
GSM: 850/900/1800/1900MHz
セカンダリーSIM: LTE, WCDMA, GSMの上記周波数
FDD-LTE: B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B17/B18/B19/B20/B26/B28/B29/B30
TD-LTE: B38/B39/B40/B41
キャリアアグリゲーション: 2CA/3CA対応

W-CDMA: B1/B2/B3/B4/B5/B6/B8/B19
GSM/EDGE: 850/900/1,800/1,900MHz
本体付属品USB-Cハイレゾイヤホン / USB-C to 3.5mm ヘッドフォンジャックアダプタ / クリアケース
ACアダプタ / USBケーブル ( A to C ) / クイックスタートガイド
USB ACアダプターセット
SIMイジェクトピン
クリアケース
ZenEar Pro (ハイレゾ対応)
ZenEar交換用イヤーピース
ユーザーマニュアル
製品保証書
耐水防塵IEC規格60529にもとづくIP67等級-
センサー加速度 / コンパス / ジャイロ / 環境光 / 近接 / HALL / 指紋認証 / 気圧 / 赤外線リモコンGPS(GLONASS、Beidou、Galileoサポート)、加速度センサ、電子コンパス、光センサ、近接センサ、ジャイロスコープ、指紋センサー、RGBセンサ、NFC

SIMフリー市場ではハイエンドモデルとなる「 ZenFone 4 Pro」ともスペックを比較。両者価格もハイエンド仕様となっていますが、ZenFone 4 Proはディスプレイが5.5インチのFHDで、従来のスマホのアスペクト比を採用しています。どちらもデュアルリアカメラを搭載しており、UIも両者カスタマイズが入っています。ASUSはミッドレンジで18:9のスマートフォンを発表していたりはするので、どちらかというと次にでるハイエンドモデルと比較するべきなのかもしれませんが、気になる方はスペックだけ比較。

スペックを比較してみて

HUAWEIは独自にKirin 970を搭載していることもあり、またスペックのみで判断できるところもかなり限られてはいるのですが、まずMate 10 Proのデメリットとしては、おサイフケータイが使えなかったり、Qiのワイヤレス充電が使えなかったり、といったところでしょうか。ただ10 Proから耐水性能には対応しており、SIMフリースマホですがより日本仕様というかそれ向けになってきたような気はします。(世界的にも特にSAMSUNG、LG、Appleなどが防水に対応してきたので、その流れもあるかもしれませんが)

筆者はHUAWEI Mate 10 Proを使っており、個人的にはAndroid SIMフリースマホでは2017年後半のベストスマートフォンだと感じます。デュアルカメラは味のある撮影ができますし、18:9のFullViewディスプレイを搭載したことで、従来の5.5インチ程度のサイズ感で片手で使い易く、バッテリーもかなり持ちますし、充電も高速です。

キャリア向けに出ているGalaxyやLGのフラグシップモデルはともかく、 国内SIMフリー市場においてはハイエンドモデルが少ないということもあって、Androidスマートフォンでは対抗馬としてASUS ZenFone 4 Proくらいしか思いつきません。すでに比較したようなところからも現状SIMフリーでハイエンドAndroidならHUAWEI Mate 10 Pro一択かなという印象で、ASUSはこれから出るであろう次期グラ具シップモデルに注目したいところです。

購入