FREETEL REI 2 Dualの対応バンドは?

freetel-rei-2-dual-dsds

FREETELブランドから新発売のSIMフリースマホ「FREETEL REI 2 Dual」の対応バンド、モバイルネットワークの周波数帯域サポートを確認。

REI 2 DualはNTTドコモ、au、SoftBankの3キャリアVoLTEなどに対応しており、DSDSもサポートしています。

FREETEL REI 2 Dualの対応バンド

2G GSM
850MHz/900MHz/1800MHz/1900MHz

3G CDMA
100MHz(Band1)/800MHz(Band6/19)
900MHz(Band8)/1900MHz(Band2)
1700/2100MHz(Band4)/850MHz(Band5)

4G FDD-LTE
2100MHz(Band1)/1800MHz(Band3)
900MHz(Band8)/800MHz(Band18)
800MHz(Band19)/850MHz(Band26)
700MHz(Band28B)/1900MHz(Band2)
1700/2100MHz(Band4)/850MHz(Band5)
2600MHz(Band7)/700MHz(Band12)
700MHz(Band17)/800MHz(Band20)

4G TD-LTE
2500MHz(Band41)

SIMフリーとして発売されたFREETEL REI 2 Dual (FTJ17A00) の対応バンドは上記の通り。

日本国内でのモバイルデータ通信利用をするならば2G/GSMの対応周波数帯域は置いておくとして、3G/WCDMAではBand 1、6&19、Band 8あたりに対応しています。SIMフリーということで、対応バンド的にはNTTドコモ系、SoftBank系(とY!mobile系)の3G通信は掴めそうなバンド構成です。

(ただし、注意書きで「FOMA契約のSIMは使用できません」と書いてあるので、FOMA契約で使う場合には注意)

LTEも国内系の周波数帯に対応しており、Band 1、3、8、28B、18/26、19などをサポートしています。NTTドコモ、ソフトバンク、au系の提供する電波の周波数帯にいくつか対応しているので、対応バンドだけを照らし合わせるなら、使える可能性があります。

NTTドコモ、au、SoftBankのVoLTEへ対応

公式スペック表にある通り、FREETEL REI 2 Dualは「NTTドコモ、au、ソフトバンク」3社VoLTE (LTEを利用した通話) への サポートを発表しています。

NTTドコモ、SoftBank系に関しては3GがWCDMAなのでVoLTEでなくとも問題なさそうですが、au系は3Gがあれなので、この対応バンド構成だとVoLTEに対応していない限り、au系の格安SIMでは使えないことになります。

ただ今回のREI 2 Dualはau系のVoLTEもサポートしているということで、LTEの対応バンドを見る限りそれらの格安SIMでも使える可能性はありますね。

キャリアアグリケーション対応

(CA : キャリアアグリケーション)
B1+B19
B3+B19
B2+B17
B4+B17

FREETEL REI 2 Dualは2つの帯域を重ねて高速通信を実現するCA(キャリア アグリケーション)にも対応しています。上記帯域を提供している通信会社のSIMカードであれば、CAも使える可能性があります。

DSDS対応

REI 2 DualはDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)対応です。SIMサイズはnano  SIMとnano SIM。

2つ目のnano SIMスロットはmicroSDカードと兼用になっているので、使い方的には

  • nano SIMカード + nano SIMカード
  • nano SIMカード + microSDカード

のどちらかの組み合わせ。とにかく、対応バンドもそこそこ多く、DSDSもサポートしている点はREI 2 Dualの注目ポイントでしょう。

購入ページ:FREETEL REI 2 Dual