ASUS「ZenFone Max Plus (M1)」を発売。デュアルカメラに18:9ディスプレイ、4130mAhの大容量バッテリーを搭載

asus-zenfone-max-plus-m1-top

ASUS JAPANから、ミッドレンジの新モデルSIMフリースマホ「ZenFone Max Plus (M1)」が日本市場へ投入。

Maxシリーズの名称通りバッテリー容量が4130mAhと電池持ちを特徴としたモデルですが、2018年の発売モデルらしく、価格は2万円台のミッドレンジながらデュアルカメラやアスペクト比18:9の5.7インチディスプレイを搭載しているのが特徴です。

ASUS ZenFone Max Plus (M1)のスペック

asus-zenfone-max-plus-m1-colors

名称ZenFone Max Plus (M1)
ブランドASUS
OSAndroid 7.0ベース / ZenUI
本体カラーサンライトゴールド
アズールシルバー
ディープシーブラック
本体サイズ
質量
152.6×73×8.8mm
約160g
ディスプレイ5.7型ワイド TFTカラータッチスクリーン IPS液晶 (LEDバックライト)
2,160×1,080ドット (フルHD+)
プロセッサーMediaTek MT6750T
オクタコアCPU / Mali-T860 GPU
メインメモリ4GB
記憶装置内臓ストレージ 32GB

(webストレージ)
ASUS WebStorageサービス 5GB(永久無料版)
Google ドライブ 100GB(1年無料版)
アウトカメラ1,600万画素カメラ内蔵 (メインカメラ)
800万画素広角カメラ内蔵 (2ndカメラ)
LEDフラッシュ
インカメラ800万画素カメラ内蔵
通信機能無線LAN: IEEE802.11b/g/n
Bluetooth®機能: Bluetooth® 4.0 (aptX対応)
SIMカードスロットnanoSIMスロット×2

※両スロット4G/3G/2G回線の接続に対応
※VoLTEはメインSIMのみで使用可能
※DSDS対応
対応バンドFDD-LTE, TD-LTE, キャリアアグリゲーション, W-CDMA, GSM/EDGE


FDD-LTE: B1/B3/B5/B7/B8/B18/B19/B26/B28
TD-LTE: B38/B41
(キャリアアグリゲーション: 2CA対応)
W-CDMA: B1/B5/B6/B8/B19
GSM/EDGE: 850/900/1,800/1,900MHz
センサーGPS(GLONASSサポート)、加速度センサ、電子コンパス、光センサ、近接センサ、ジャイロスコープ、指紋センサ
インターフェースmicroUSBポート
SIMスロット
ヘッドフォンジャック
バッテリー4130mAh

Wi-Fi通信時: 約20時間
モバイル通信時: 約12.7時間
連続通話時間: 約1,800分 (3G)、約2,700分 (VoLTE)
連続待受時間: 約683時間 (3G)、約410時間 (VoLTE)
主な付属品USB ACアダプターセット
SIMイジェクトピン
ZenEar
ZenEar交換用イヤーピース
OTGケーブル
ユーザーマニュアル
製品保証書

OSはAndroid 7.0 NougatベースのZenUI。本体カラーは3色が用意されます。MediaTek MT6750Tなので、スペック的には価格を抑えたエントリー~ミッドレンジモデルといった基本スペック。

zenfone-max-plus-m1-interface

 5.7インチ 2160×1080ドットのフルビューディスプレイ

ASUS ZenFone Max Plus (M1)は5.7インチのIPSディスプレイを搭載しており、解像度は2160×1080ドットのフルHD+、画面占有率は79.8%。18:9のアスペクト比を採用しているので従来のスマートフォンよりも縦に長く、画面占有率も高いことからASUSも「フルビューディスプレイ」という表現を使っています。

またZenFone Max Plus (M1)は5.7インチのスクリーンを搭載していますが、本体サイズは従来の5.2インチのディスプレイを搭載したスマホ程度に抑えられているとのこと。

デュアルリアカメラ

asus-zenfone-max-plus-m1-dual-rear-camera

背面カメラは16MPのメインカメラと、8MP広角カメラのデュアルレンズ構成。F値2.0の大口径レンズが搭載されており、より鮮明な写真撮影を可能に。

asus-zenfone-plus-m1-wide-angle-lens

8MPのセカンドカメラは広角120°の撮影に対応しているので、通常のスマートフォンと比較して約2倍の視野角で、より多くの背景、被写体をフレーム内へ収めることができます。

実はASUSは他の一部機種でもメイン+広角の組み合わせのデュアルカメラ搭載モデルを発売しており(ZenFone 4など)、似たような使い方ができるようです。

zenfone-max-plus-m1-beauty-mode

美人エフェクトでの補正にも対応。この辺りも最近は自撮りトレンドがあるので、もれなく対応していますね。

4130mAhの大容量バッテリー / リバースチャージも対応

ZenFone Maxシリーズといえば大容量のバッテリーですが、ZenFone Max Plus (M1)も4130mAhのバッテリーを搭載しています。連続待受は3Gで最大約28時間、最大45時間の連続通話、最大20時間のWi-Fi接続を実現。

賢い管理システムでバッテリー時間の最適化が行われており、長時間の電池持ちや安全性を高めています。またZenFone Max Plus (M1)をモバイルバッテリーとして使える「リバースチャージ」機能も使えるように。

付属の10W(5V/2A)アダプターを利用すれば、大容量バッテリーを約3時間で満充電可能。

トリプルスロットでSIM2枚+microSDカードが使える

最近のSIMフリースマホでも珍しいトリプルスロットを搭載しており、nano SIMカード2枚とmicroSDカード1枚を刺して運用することが可能です。

4G/3GのDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)にも対応しているので、例えばSIMカード2枚運用かつmicroSDカードも利用したいという場合に便利です。

 ASUS ZenFone Max Plus (M1)の発売日・価格

  • 価格:2万9800円(税別)
  • 発売日:2018年2月17日

価格は税込で約3万2000円弱。SIMフリースマホでの競合は、最近発売された機種だとHUAWEI nova lite 2あたりでしょうか。家電量販店やAmazon.co.jpで取り扱いがある他、BIGLOBEモバイルからMVNOの格安SIMとセット販売が行われます。

(購入)