ASUS ZenFone Max Plus M1の対応バンド・周波数帯サポート

asus-zenfone-max-plus-m1-top

ASUS ZenFone Max Plus(M1)の対応バンド・サポートしている周波数帯を紹介します。3G、LTE共に日本で使いやすそうなバンドをサポートしており、デュアルSIM搭載。メインSIMでVoLTEにも対応しているので、格安SIMでの通信は使いやすいと思われます。

ZenFone Max Plus M1の対応バンド

FDD-LTE, TD-LTE, キャリアアグリゲーション, W-CDMA, GSM/EDGE

FDD-LTE: B1/B3/B5/B7/B8/B18/B19/B26/B28
TD-LTE: B38/B41
キャリアアグリゲーション: 2CA対応

W-CDMA: B1/B5/B6/B8/B19

GSM/EDGE: 850/900/1,800/1,900MHz

ASUS ZenFone Max Plus(M1)はnanoSIM×2のデュアルスロットとなっており、両方が4G/3G/2Gの回線に対応しています。

まずはLTEですが、LTEはBand 1、Band 3、Band 19などに対応しており、ドコモ回線では十分使えます。Band 8もサポートしているので、ソフトバンク系(Y!mobile)の回線にもおすすめと言えそうです。VoLTEに対応していますが、au VoLTEが使えない時に通話ができない可能性もあるため、au回線では正式に対応発表があるまで微妙。

W-CDMA(3G)はBand 1、Band 8、Band 6/19に対応しているので、こちらもドコモ系、ソフトバンク系の格安SIMでは使いやすそうな対応バンドになっています。

通信バンドだけで見ると、ドコモ系の格安SIM、またソフトバンク系のY!mobileなどで運用がおすすめの機種と言えます。

公式サイト:Y!mobileオンラインストア

SIMカードサイズ

nanoSIMスロット×2

DSDS、DSDVについて

VoLTE自体には対応していますが、DSDV(デュアルSIMデュアルVoLTE)はサポートしていません。つまり、VoLTEで同時待受はできないということになります。

ただしLTE + 3Gの同時待受(DSDS:デュアルSIMデュアルスタンバイ)には対応しています。しかもmicroSDカードスロットが排他利用ではなく別搭載になっているので、最大SIM2枚+microSDカード1枚が使えるのもおすすめ。

ASUS ZenFone Max Plus M1を取り扱っているMVNO・格安SIM

BIGLOBEモバイル

LINEモバイル