ZenFone 3 Max ZC520TL実機レビュー・デザイン/開封編

ZenFone 3 Max ZC520TL実機レビュー・デザイン/開封編

日本でも発売予定であることが発表された「ZenFone 3 Max ZC520TL」を海外で一足早く購入。4100mAhの大容量バッテリーが魅力のSIMフリースマートフォンですが、実機レビューを行ってみようと思います。まずは開封とデザインからチェック。


ZenFone 3 Max ZC520TL 実機レビュー・開封

ZenFone 3 Max ZC520TLの実機レビュー。まずはボックスを開封していきます。箱は前回のZenFone Maxと似ていますね。「Long Life Battery」の文字が大容量バッテリーで電池持ちに特化したスマートフォンであることをアピール。

Zenfone 3 Max zc520tl unboxing

今回購入したのは海外モデルですが、型番はZC520TLで日本発売モデルと同じです。違いと言えば、メインメモリが3GB RAM、内部ストレージが32GB ROMとなっているところでしょうか。対応バンドは後で確認しますが、プロセッサーはMediaTekのMT6737MのクアッドコアCPU、Mali T720で同じです。

 ZenFone 3 Max unboxing 2

付属品

内容物。ZenFone 3 Max本体、microUSBケーブル、ACチャージャー(海外用)、イヤホン、イヤーピース、説明書などが入っています。初代ZenFone Max同様に、 モバイルバッテリーとしても使えるようにOTGケーブルが同梱されているのも特徴です。(日本発売モデルとは付属品が異なるので注意が必要)

ZenFone 3 Max ZC520TL unboxing 3

OTGケーブル

注目のOTGケーブル。片側がmicroUSB、もう片方がUSBになっており、このケーブルをかませることでモバイルバッテリーとしても使えます。

Zenfone 3 Max otg cable

実際にモバイルバッテリーとして利用する際はこんな感じで他のスマートフォンと接続します。

ZenFone 3 Max reverse charging

ZenFone 3 Max TC520TLのデザインをレビュー

本体デザインもレビューしていきます。まずは正面から。2.5Dガラスを採用しており、丸みのあるデザインが特徴です。初代Maxと比較すると随分と外観は変更されており、どちらかというと無印のZenFone 3 ZE520KLに近い印象を受けます。

2.5Dガラス・丸みのあるディスプレイ

ZenFone 3 Max ZC520TL design front

正面下にはASUSのロゴがきらり。(おそらく)ディスプレイの内側に入っているので、剥がれることはないかと思います。メニューキーなどがオンスクリーンになっているのも新モデルの特徴。

Zenfone 3 Max logo

フロントカメラ。全体的にシンプルでまとまったデザインが好印象です。

ZenFone 3 max zc520TL front facing camera

メタル素材を利用したユニボディ・デザイン

背面。本体パーツは全体的にメタル素材が採用されており、以前のモデルと比較して高級感もあります。初代からの変更点として、指紋認証センサーが搭載されているのも特徴ですね。

ZenFone 3 Max ZC520TL Metal unibody

少し斜めから見てみると、背面のパーツはサイド部分までひとつなぎのユニボディ・デザインになっていることが分かります。全体がラウンドフォルムになっているので美しく、5.2インチのサイズ感は片手で利用するにはベストな大きさです。

img_20161216_174256

背面カメラ・指紋認証センサー

メインカメラとLEDフラッシュ、指紋認証センサーも背面に。よく見てみると若干ですが本体内側に凹んでいるようなデザインなので、例えば平面にZenFone 3 Maxを置いてもカメラ表面や指紋認証センサーが当たって傷つかないのは良いですね。無印ZenFone 3ではカメラが外側に出っ張っていたので、表面がしっかりフラットになっているのは嬉しいポイントです。

ZenFone 3 Max main camera and fingerprint sensor

スピーカー

スピーカーの位置は初代と同じく背面下に配置されています。音質に関しては後のレビューでチェックしていきます。

Zenfone 3 max Zc520TL speaker

ボリューム(音量)・電源ボタン

右サイドには音量調節と電源ボタンを配置。この辺りは普通のスマホと変わりませんが、よくみるとボタン表面にはスピン加工が施されています。ASUSの製品ではこのスピン加工は1つのアクセントになっていますね。

ZenFone 3 Max ZC520TL button

SIMトレイ

正面から見て左サイドにはSIMスロットが搭載されています。SIMピンが付属しているので、簡単に取り外し可能です。

Zenfone 3 Max zc520tl sim slot

デュアルSIM (micro+nano) & microSDカードスロット

ASUSロゴの入ったSIMピンを使ってSIMトレイを取り出してみると、デュアルSIM仕様になっていることがわかります。SIMサイズはmicro SIMとnano SIMで、ナノSIMスロットはmicroSDカードスロットと排他利用です。ここは日本国内で発売するモデルと同じですね。

Zenfone 3 max micro sim and nano sim microSD card slot

microUSBスロット + 3.5mmイヤホン・ヘッドフォンジャック

底面を見てみると、正面から見て少しだけ右にmicroUSBポートが搭載されています。最近はType-Cポートの機種も多いですが、現状はmicroUSBポートの方が使いやすいですね。

zenfone 3 max zc520tl microUSB port

本体上部には、3.5mmオーディオジャックを搭載。イヤホンやヘッドフォンをつないで、有線で音楽を楽しむことが可能です。

Zenfone 3 max zc520tl 3.5mm audio jack

ZenFone 3 Maxレビュー・開封からデザインまで。まとめ

まずは開封し、付属品や本体デザインを速攻レビューしてみました。ファーストインプレッションとしては、初代ZenFone Maxと比較すると、ZC520TLはほとんどがメタル素材なので随分と高級感が増しましたね。2.5Dガラスとユニボディの本体は丸みを帯びた外観で、5.2インチというディスプレイのサイズ感もあり片手で持ちやすいのも好印象です。

(日本発売モデルのスペック)

モデル ZenFone 3 Max (ZC520TL)
ブランド ASUS
OS Android 6.0 Marshmallow / ZenUI 3.0
本体カラー シルバー/ゴールド/グレー
ディスプレイ 5.2インチ 1280*720 HD
プロセッサー CPU: MediaTek MT6737M (クアッドコアCPU)
GPU: Mali T720
メインメモリ 2GB RAM
ストレージ 内蔵ストレージ
16GB
ASUS Webストレージ
5GB (永久無料版)
Google Drive
100GB(2年間無料版)
外部メモリ microSDカードスロット対応(最大32GB)
アウトカメラ 1300万画素 LEDフラッシュ
インカメラ 500万画素
通信機能 Wi-Fi:IEEE802.11b/g/n
Bluetooth:4.0
SIMカードスロット SIM 1: 2G/3G/4G microSIMスロット×1
SIM 2: 2G/3G/4G nanoSIMスロット×1
* nanoSIMカードとmicroSDカードは排他利用となるため、同時に使用することはできません。
対応バンド(日本版) FDD-LTE (B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B18/B19/B26/B28)
TD-LTE (B38/B41)
W-CDMA (B1/B2/B5/B6/B8)
GSM/EDGE (850/900/1,800/1,900MHz)
センサー GPS、加速度センサ、電子コンパス、光センサ、近接センサ、指紋センサ
インターフェース microUSBポート, 3.5mmイヤホンジャック
バッテリー 4100mAh
主な付属品 USB ACアダプターセット
SIMイジェクトピン
OTGケーブル
ユーザーマニュアル
製品保証書

無印ZenFone 3で気になっていたカメラの出っ張りもないのは嬉しいポイントです。背面もガラスではないので、落としてバッキバキに割れるといった心配も少ないのはメリットでしょう。・・・全体的には以前のモデルから素材やデザインが大幅に変更され、持ちやすく2万円で購入できる格安スマホとしては高級感の感じる本体仕様でした。

次回はOSやUI、スペックや実際の使用感をレビューしていきます。

(ZenFone 3 Max ZC520TL実機レビューまとめ)

(ZenFone 3 Maxのセット購入ができるMVNO)

楽天モバイル

DMMモバイル

BIGLOBEスマホ

単体購入:Amazon.co.jp

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で