ZenFone 3 Max ZC520TL、microSDカードスロットは最大32GBに対応

日本でもASUS公式ショップでで予約が開始した「ZenFone 3 Max (ZC520TL)」ですが、microSDカードを搭載しており、microSD/microSDHCと最大32GBまで対応しています。本体ストレージも少し少なめなので、データの保存がしっかりできるかどうか調査してみました。


ZenFone 3 Max ZC520TLはmicroSDカードスロットに対応

ZenFone 3 MaxではmicroSDカードが利用可能です。まずはスペックをチェックしてみましょう。

モデルZenFone 3 Max (ZC520TL)
ブランドASUS
OSAndroid 6.0 Marshmallow / ZenUI 3.0
本体カラーシルバー/ゴールド/グレー
ディスプレイ5.2インチ 1280*720 HD
プロセッサーCPU: MediaTek MT6737M (クアッドコアCPU)
GPU: Mali T720
メインメモリ2GB RAM
ストレージ内蔵ストレージ
16GB
ASUS Webストレージ
5GB (永久無料版)
Google Drive
100GB(2年間無料版)
外部メモリmicroSDカードスロット対応(最大32GB)
アウトカメラ1300万画素 LEDフラッシュ
インカメラ500万画素
通信機能Wi-Fi:IEEE802.11b/g/n
Bluetooth:4.0
SIMカードスロットSIM 1: 2G/3G/4G microSIMスロット×1
SIM 2: 2G/3G/4G nanoSIMスロット×1
* nanoSIMカードとmicroSDカードは排他利用となるため、同時に使用することはできません。
対応バンド(日本版)FDD-LTE (B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B18/B19/B26/B28)
TD-LTE (B38/B41)
W-CDMA (B1/B2/B5/B6/B8)
GSM/EDGE (850/900/1,800/1,900MHz)
センサーGPS、加速度センサ、電子コンパス、光センサ、近接センサ、指紋センサ
インターフェースmicroUSBポート, 3.5mmイヤホンジャック
バッテリー4100mAh
主な付属品USB ACアダプターセット
SIMイジェクトピン
OTGケーブル
ユーザーマニュアル
製品保証書

ポイントをまとめてみます。

  • 本体ストレージ 16GB
  • microSDカードスロット最大容量:32GB
  • ASUS Webストレージ :5GB(永久無料)
  • Googleドライブ :100GB(2年無料)

microSD/microSDHCで最大32GBに対応

ASUS ZenFone 3 Max ZC520TLのmicroSDカードスロットは、microSD/microSDHCなので最大32GBに対応しています。公式サイトにはSDXCの表記がないのでこれ以上のmicroSDカードを利用すると使えるかどうかはわかりませんが、16GB+最大32GBなら十分使えるといっても良いのではないでしょうか。

microSDカードスロットはnano SIMスロットと排他利用

注意しておきたいのはSIMカードスロットとmicroSDカードスロットは排他利用になっているという部分。なので

  • micro SIM + microSDカード
  • micro SIM + nano SIM

といった利用方法になります。microSDカードを利用しても片方はmicroSIMなので、例えばnano SIMを使いたい場合にもnano→microSIMのアダプターを噛ませれば使えるので安心です。個人的にはnano + nanoよりも、micro + nano SIM構成の方がまだ使いやすいような気はします。

ASUS webストレージとGoogleドライブ2年無料も活用

  • ASUS Webストレージ 5GB
  • Googleドライブ 100GB(2年無料)

クラウドストレージでは、ASUSが用意しているwebストレージが5GBで永年無料、またZenFoneシリーズはGoogleドライブとも提携しており100GB分が2年は無料で使えます。

microSDカードが使えるといっても最大32GBなので合計でもハードウェア面で48GBがマックスです。そう考えると、写真を多く撮ったりアプリを沢山インストールする方は、いくつかのデータをクラウドストレージに逃がしておくことも検討しておくべきでしょう。

格安SIMではBIGLOBE SIMでの発売が決定。申し込みは公式サイトから。

公式サイト:BIGLOBEスマホ