ZenFone 3 Max ZC520TLの対応バンド・周波数帯

ZenFone 3 Max ZC520TLの対応バンド・周波数帯

日本国内でもZenFone 3 Max ZC520TLが発売予定ですが、対応バンド・周波数帯対応はどうなっているのでしょうか。 LTE / 3G / GSMで使えるバンドをチェックしてみました。

ZenFone 3 Max ZC520TLの対応バンド・周波数帯

モデル ZenFone 3 Max (ZC520TL)
ブランド ASUS
OS Android 6.0 Marshmallow / ZenUI 3.0
本体カラー シルバー/ゴールド/グレー
ディスプレイ 5.2インチ 1280*720 HD
プロセッサー CPU: MediaTek MT6737M (クアッドコアCPU)
GPU: Mali T720
メインメモリ 2GB RAM
ストレージ 内蔵ストレージ
16GB
ASUS Webストレージ
5GB (永久無料版)
Google Drive
100GB(2年間無料版)
外部メモリ microSDカードスロット対応(最大32GB)
アウトカメラ 1300万画素 LEDフラッシュ
インカメラ 500万画素
通信機能 Wi-Fi:IEEE802.11b/g/n
Bluetooth:4.0
SIMカードスロット SIM 1: 2G/3G/4G microSIMスロット×1
SIM 2: 2G/3G/4G nanoSIMスロット×1
* nanoSIMカードとmicroSDカードは排他利用となるため、同時に使用することはできません。
対応バンド(日本版) FDD-LTE (B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B18/B19/B26/B28)
TD-LTE (B38/B41)
W-CDMA (B1/B2/B5/B6/B8)
GSM/EDGE (850/900/1,800/1,900MHz)
センサー GPS、加速度センサ、電子コンパス、光センサ、近接センサ、指紋センサ
インターフェース microUSBポート, 3.5mmイヤホンジャック
バッテリー 4100mAh
主な付属品 USB ACアダプターセット
SIMイジェクトピン
OTGケーブル
ユーザーマニュアル
製品保証書

対応バンドだけ抜き出すとこんな感じになっています。

  • FDD-LTE (B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B18/B19/B26/B28)
  • TD-LTE (B38/B41)
  • W-CDMA (B1/B2/B5/B6/B8)
  • GSM/EDGE (850/900/1,800/1,900MHz)

ZenFone 3 Max ZC520TLはmicro SIMとnano SIMのデュアルSIMスロット仕様になっていますが、両方のSIMスロットが上記のLTE / W-CDMA / GSMに対応しています。国内キャリア・格安SIMの対応バンドに照らし合わせると、ドコモ回線のSIMカードなら問題なく使えそうですね。

au系の格安SIM・MVNOについてはCDMA2000の表記がないですし、au VoLTEに対応しているといった旨も記載されていないようです。現在確認中ですが、BIGLOBE SIMが取り扱いを発表していること、また対応バンドを考慮してもドコモ系・ソフトバンク回線系の格安SIMでの利用を想定しているといったところ。

ただし、ZenFone 3 ZE520KLのように、LTEと3GのDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)には日本国内バンドには対応していないので注意が必要です。この辺りは2万円前後の格安スマホとしては、十分なスペックではないでしょうか。

またmicroSDカードを利用する場合には、nanoSIMスロットと排他利用なので、

  • micro SIM + nano SIM
  • micro SIM + microSDカード

という2通りのスロット利用があります。国内DSDSには対応していませんが、SIMカードを設定で切り替えて使えるので活用方法はSIM2枚でもいくつかあるでしょう。

MVNOではBIGLOBE SIMがすでに取り扱いを発表しています。キャンペーンもあるので、公式サイトを確認しておきましょう。

公式サイト:BIGLOBEスマホ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

スマートフォンの月額料金が高い」と感じている方は、人気のある格安SIM・MVNOのプランや月額料金・オプションや特徴を、まとめて比較してみましょう。