ZenFone 3 Laser「Snapdragon 430」オクタコアCPUの性能は?

ASUS ZenFone 3 Laser ZC551KLが発売されましたが、SoCには「Qualcomm Snapdragon 430」(MSM8937)を搭載しています。オクタコアCPUを搭載したプロセッサーですが、SIMフリー、格安スマホとしての性能はどれほどなのでしょうか、調査してみました。


ZenFone 3 Laser搭載「Snapdragon 430」の性能は?

qualcomm-snapdragon-chipset-600x333

ASUS ZenFone 3 Laser ZC551KLが発売されましたが、プロセッサーにはQualcomm(クアルコム)のSnapdragon 430を搭載しています。まずはスペックを確認してみましょう。

モデルSnapdragon 430 MSM8937
ブランドQualcomm
プロセス28 nm LP
アーキテクチャCortex A53
コア数オクタコア(8コア)
最大クロック数1.4GHz
GPUAdreno 505

オクタコアCPU 1.4GHz

Snapdragon 430はCPUが8コア、最大クロック数が1.4GHzです。少し前のモデルのSnapdragon 4XXシリーズといえばエントリーモデルに搭載されるような端末でしたが、搭載されている端末のAntutu Benchmarkスコアを見ると、1世代前のミドルレンジスペック程度の性能を備えているようです。

例えばキャリア販売のモデルでもQua Phone PX、docomo DH-02H、AQUOS Ever SH-02Jなどがありますが、これらのベンチマークスコアを見るとAntutuで4万~5万程度を記録しているデータを見かけました。ASUS ZenFone 3 Laserはまだレビューが少ないので不明な部分もありますが、少なくともライトユーザーがSNSを利用したりといった部分で困ることはなさそうな性能です。

GPUもAdreno 505でSnapdragon 4XXシリーズの中では強化されたものを搭載しているので、1世代前のミドルレンジスマホ程度の性能を期待できるのではないでしょうか。

(ZenFone 3 Laser 日本発売モデルのスペック)

index_zenfone3_laser
モデルZenFone 3 Laser
カラーシルバー/ゴールド
OSAndroid 6.0.1
ディスプレイ5.5インチ FHD, IPS
Corning Gorilla Glass 3
プロセッサSnapdragon 430 オクタコアCPU
Adreno 505 GPU
メインメモリ4GB LPDDR3 RAM
内部ストレージ32GB ROM
外部メモリmicroSDカードスロットあり
microSD/microSDHC/microSDXC
(nanoSIMスロットと排他利用)
クラウドストレージGoogleドライブ:100GB(2年無料版)
サイズ149*76*7.9mm
150g
背面カメラ13MP, レーザーオートフォーカス, デュアルカラーLEDフラッシュ
フロントカメラ8MP
Wi-FiIEEE802.11b/g/n
Bluetooth4.2
バッテリー3000mAh
SIMスロットSIM 1: 2G/3G/4G microSIMスロット
SIM 2: 2G/3G/4G nanoSIMスロット
* microSIMカードスロット、nanoSIMカードスロットはともに、4G/3G/2G回線の接続に対応しています。ただし日本国内においては、SIMカードを2枚挿入して、4G/3G/2G回線を同時に使用することはできません。
対応バンド日本版
FDD-LTE:B1/B2/B3/B5/B6/B7/B8/B18/B19/B28
TD-LTE:B38/B41
WCDMA:B1/B2/B5/B6/B8/B19
GSM/EDGE:850/900/1,800/1,900MHz
センサーGPS(GLONASS、BeiDouサポート)、加速度センサ、電子コンパス、光センサ、磁気センサ、近接センサ、ジャイロスコープ、指紋センサ、RGBセンサ

単体購入:Amazon

格安SIMとのセット購入: