Windows 10 mobile搭載のSIMフリースマホ比較!2016年前半

日本国内で発売が相次ぎ、盛り上がりを見せているWindows 10 Mobile搭載のSIMフリースマートフォン市場。2016年前半のまとめとして、日本国内で購入可能なモデルに絞って紹介していきます。


Windows 10 Mobile搭載のSIMフリースマホ(2016年前半版)

VAIO Phone Biz

VAIO Phone biz

まずは国内人気のメーカー「VAIO」が開発したSIMフリースマホ「VAIO Phone Biz」。国内で正規販売されているWindows 10 mobile搭載機種では5.5インチのフルHDディスプレイにクアルコム製のオクタコアCPU「Snapdragon 617」を搭載するなど高性能なモデル。

機種名VAIO Phone Biz (VPB0511S)
メーカーVAIO
OSWindows 10 Mobile
ディスプレイ約5.5インチ
画面解像度フルHD(1080×1920)
CPUQualcomm Snapdragon 617 オクタコア
(1.5 GHz (クアッドコア) + 1.2 GHz (クアッドコア))
RAM(内部メモリ)3GB
ROM(内部ストレージ)16GB
外部ストレージmicroSDカードスロット(最大64GB)
カメラ背面:1300万画素
フロント:500万画素
バッテリー2800mAh
周波数帯・対応バンドWCDMA対応 (バンド 1,6,8,11,19)
LTE対応 (バンド 1,3,8,19,21)
SIMカードスロットMicro SIM
WiFiIEEE 802.11a/b/g/n/ac準拠
Bluetooth4.0
本体サイズ約 幅77.0 mm x 高さ156.1 mm x 奥行8.3 mm
重量約167g

Continuum対応に対応するだけでなく、アルミニウムと強化ガラスで包まれた削り出し製造のボディやブラスト加工仕上げ、PCのVAIOと同じく「安曇野FINISH」による品質確保など、細部までメーカーのこだわりが感じられる機種となっています。

MVNOではBIGLOBEと楽天モバイルで格安SIMとセット購入が可能です。

NuAns NEO

trinity nuans neo

似たようなスマートフォンが市場にあふれている中、独特のデザインで注目を集めているのが、トリニティの「NuAns NEO」。デザインのカスタマイズが可能な2トーンのパネルと、専用のフリップカバーを用意。木目やクラリーノなど、素材にもこだわりが感じられる一品です。

機種名NuAns NEO
メーカートリニティ
OSWindows 10 Mobile
ディスプレイ5.0インチ
画面解像度1280×720 HD
CPUSnapdragon 617(MSM8952)
8 × A53 / 1.5GHz オクタコア
RAM(内部メモリ)2GB
ROM(内部ストレージ)16GB
外部ストレージmicroSDカードスロット
最大128GB
カメラ背面:1300万画素
フロント:500万画素
バッテリー3350 mAh
周波数帯・対応バンド2G(Quad band)
3G(Band 1/6/8/9/19 42Mbps/5.76Mbps)
4G LTE(Band 1/3/8/19/28 Cat.4、最大150Mbps)
SIMカードスロットmicro-SIM(nano SIMアダプター同梱)対応
WiFi802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth4.1
本体サイズ約 141 × 74.2 × 11.3mm
重量約 150g

VAIO Phone Bizと同じく、CPUにはSnapdragon 617を採用。5.0インチのディスプレイサイズながらバッテリーは3350mAhの大容量&クアルコム Quick Charge2.0対応なので、実用性にも長けた設計であることも見逃せません。

MVNOではU-mobile、スマモバなどで格安SIMセット購入が可能です。

FREETEL KATANA 01/02

独自ブランドのSIMフリースマホで人気「FREETEL」も、「KATANA01」と「KATANA02」の2機種をWindows 10 mobile搭載で発売。すでに紹介したVAIO Phone BizやNuAns NEOと比較すると若干スペック面で劣りますが、その分販売価格も安く設定されています。

KATANA01

機種名KANATA 01 (FTJ152E)
メーカープラスワン・マーケティング
OSWindows 10 mobile
ディスプレイ4.5inch/854×480(FWVGA IPS)
CPUMSM8909 Quad core 1.1GHz
RAM(内部メモリ)1GB
ROM(内部ストレージ)8GB
外部ストレージmicroSDカードスロット
(SD/SDHC)最大32GB
カメラ背面:500万画素
フロント:200万画素
バッテリー1700mAh(取り外し可)
周波数帯・対応バンド2G:850/900/1800/1900MHz
3G(WCDMA):2100MHz(Band1)/800MHz(Band6/19)/900MHz(Band8)
4G(FDD LTE):2100MHz(Band1)/1800MHz(Band3)/900MHz(Band8)/800MHz(Band19)
SIMカードスロットmicro SIMスロット×2
(国内使用は1スロットのみ)
WiFiIEEE802.11 b/g/n
Bluetooth4.0 LE
本体サイズ高さ:132.8mm
幅:66.3mm
厚さ:8.9mm
重量約 132 g

KATANA02

機種名KANATA 02 (FTJ152F)
メーカープラスワン・マーケティング
OSWindows 10 mobile
ディスプレイ5.0inch/1280×720(HD IPS)
CPUMSM8909 Quad core 1.1GHz
RAM(内部メモリ)2GB
ROM(内部ストレージ)16GB
外部ストレージmicroSDカードスロット
(SD/SDHC)最大32GB
カメラ背面:800万画素
フロント:200万画素
バッテリー2600mAh(取り外し可)
周波数帯・対応バンド2G:850/900/1800/1900MHz
3G(WCDMA):2100MHz(Band1)/800MHz(Band6/19)/900MHz(Band8)
4G(FDD LTE):2100MHz(Band1)/1800MHz(Band3)/900MHz(Band8)/800MHz(Band19)
SIMカードスロットmicro SIMスロット×2
(国内使用は1スロットのみ)
WiFiIEEE802.11 b/g/n
Bluetooth4.0 LE
本体サイズ高さ:141.0mm
幅:72.0mm
厚さ:8.9mm
重量約 159 g

格安SIMのLTE・3Gバンドもしっかりドコモ回線に対応しているので、Windows Phone入門機としても試しやすい機種であると言えます。

参考:FREETEL SIMのプランと評判まとめ

COVIA BREEZ X5

低価格のSIMフリースマホ開発が多いCoviaも、2016年4月下旬に「BREEZ X5」というWindows 10 Mobile搭載スマートフォンを発売します。スペックはエントリー仕様となっており、発売時の価格は2万円5千円程度。

機種名BREEZ X5
メーカーCovia
OSWindows 10 Mobile
ディスプレイ5インチ IPS
画面解像度HD(1280×720)
CPUQualcomm MSM8909クアッドコア
RAM(内部メモリ)1GB
ROM(内部ストレージ)8GB
外部ストレージmicroSDカードスロット
(SDHC対応)
カメラ背面:800万画素
フロント:200万画素
バッテリー2500mAh
周波数帯・対応バンドW-CDMA(Band 1,6,19)
LTE(Band 1,3,19)
SIMカードスロットmicro SIMスロット×2
(※ マイクロSIMスロットは2基搭載されていますが、左側のみが有効)
WiFiIEEE 802.11b/g/n 準拠
Bluetooth4.0 Smart Ready
本体サイズ約144.2(高さ)×72.1(幅)×8.95(厚さ)mm
※突起部は除く
重量約148g

エントリースペックならでは、余計な機能を排除してRAM1GBでも快適に使える設計となっているのがポイント。詳細は記事で確認してみましょう。

参考:『BREEZ X5発売へ、FOMAプラスエリアも対応

MADOSMA

MADOSMA (マドスマ)

MADOSMA (マドスマ)

マウスコンピューター(mouse)が開発した『MADOSMA』は、Windows PCの開発も手掛けるメーカーとしては当然の流れだったのかもしれません。Windows 10 Mobile搭載のスマートフォンとしては国内でもかなり早く発表されており、一躍注目を集めました。価格は記事執筆時点で2万6800円。

機種名MADOSMA Q501A
メーカーmouse(ブランド)
OSWindows 10 Mobile
ディスプレイ5インチ
画面解像度HD(1280×720)
CPUQualcomm MSM8916 クアッドコア
RAM(内部メモリ)1GB
ROM(内部ストレージ)8GB
外部ストレージmicroSDカードスロット
(最大64GB)(※16GBmicroSD同梱)
カメラ背面:800万画素
フロント:200万画素
バッテリー2300mAh
周波数帯・対応バンド3G/W-CDMA
Band 1 (2100MHz)・ Band 8 (900MHz)・ Band 19 (800MHz、Band 6 を含む)
4G / LTE
Band 1 (2100MHz)・Band 3 (1800MHz)・Band 19 (800MHz)/ CAT4
SIMカードスロットmicro SIM
WiFiIEEE 802.11b/g/n
Bluetooth4.0
本体サイズ142.8×70.4×8.4mm
重量約125g

上記スペックで紹介したMADOSMA Q501A(5インチモデル)のほかにも、Q601(試作機-6インチ、Snapdragon 617搭載)をMWC2016で展示しており、こちらも期待大です。

公式サイト;マウスコンピューター

Diginnos Mobile DG-W10M

Diginnos Mobile DG-W10M

ドラスパからは、税別1万円以下で購入可能な超コスパ機の「Diginnos Mobile DG-W10M」をWindows Phoneとして発売。この価格で5インチ + 1280×720解像度という部分も魅力的です。

機種名Diginnos Mobile DG-W10M
メーカードラスパ
OSWindows 10 Mobile
ディスプレイ5インチ
画面解像度HD(1280×720)
CPUQualcomm MSM8909 クアッドコア
RAM(内部メモリ)1GB
ROM(内部ストレージ)16GB
外部ストレージmicroSDカードスロット
(SDHC対応)
カメラ背面:800万画素
フロント:200万画素
バッテリー2300mAh
周波数帯・対応バンド3G/W-CDMA
Band1/5/9/19(Band6を内包)
LTE
Band1/3/5/19
SIMカードスロットmicro SIM×2(国内1スロットのみ)
WiFiIEEE 802.11b/g/n
Bluetooth4.0
本体サイズ約 142.5(高さ)× 70.5(幅)× 9.2(厚さ)mm
重量約145g

ドコモ系の周波数帯に対応しており、格安SIMでも利用可能。FREETEL SIMとのセット販売もあったりします。

ヤマダ電機 EveryPhone

ヤマダ電機から、5.5インチのHDディスプレイにクアッドコアCPUを搭載したバランス型の「EveryPhone」が登場しています。RAMが2GB、ROMが32GBで価格は3万5000円程度と、今回紹介しているウィンドウズフォンでは中間のスペックに位置しています。

機種名EveryPhone
メーカーヤマダ電機オリジナル
OSWindows 10 Mobile
ディスプレイ5.5 インチ
画面解像度HD(1280×720)
CPUQualcomm Snapdragon 410 (クアッドコア1.2GHz)
RAM(内部メモリ)2GB
ROM(内部ストレージ)32GB
外部ストレージmicroSDカードスロット
(最大64GB)
カメラ背面1300万画素
フロント:500万画素
バッテリー2600mAh
周波数帯・対応バンドFDD-LTE:
Band 1(2100MHz)・Band 3(1700MHz)・Band 19(800MHz)
W-CDMA:
Band 1(2100MHz)・ Band 6(800MHz)・Band 19(800MHz)
GSM:
1900MHz・1800MHz・900MHz・850MHz
SIMカードスロットmicro SIM×1
WiFiIEEE 802.11b/g/n
Bluetooth4.0
本体サイズ154.8mm×78.6mm×6.9mm
重量約138.6g

ヤマダ電機ならでは、2年間の修理保守サービスがついてくるのもポイントです。

購入サイト:ヤマダウェブコム

GEANEE WPJ40-10

GEANEE WPJ40-10

Geaneeブランドからは「WPJ40-10」が登場。Snapdragon 210、RAM1GBのローエンド仕様となっていますが、4インチというコンパクトなサイズが注目を集めているモデル。

機種名WPJ40-10
メーカーJENESIS
OSWindows 10 Mobile
ディスプレイ4インチ
画面解像度HD(1280×720)
CPUQualcomm MSM8909 クアッドコア
RAM(内部メモリ)1GB
ROM(内部ストレージ)8GB
外部ストレージmicroSDカードスロット
(最大32GB)
カメラ背面:500万画素
フロント:200万画素
バッテリー-
周波数帯・対応バンドLTE : Band 1/3/8/19
WCDMA : Band 1/6/9/19
GSM : 850/900/1800/1900
SIMカードスロットmicro SIM
WiFiIEEE 802.11b/g/n 準拠
Bluetooth4.1
本体サイズ高さ約124.5mm × 幅約62.8mm × 厚さ約9.9mm ※突起部除く
重量約136.8g

低価格+小型ディスプレイという部分が◎なので、利用用途が合えばありです。

Windows 10 MobileのSIMフリースマートフォンまとめ

2015年から2016年にかけて日本国内ではWindows Phoneの発売ラッシュが続いています。海外ではそこまで盛り上がりを見せていない状況の中、日本の端末が世界にどのような影響を与えていくかにも注目しておきましょう。