SIMカードとは?

SIMカードとは?

SIMカードとは何か?

格安SIMが人気を集めているなか「そもそもSIMカードって何?」と感じている方も多いのではないでしょうか。そんな疑問を解決すべく、あれこれ解説していきましょう。

SIMカードとは

SIMカードとは(Subscriber Identity Module Card)の略語で、利用者を特定するためにIDが記録されているICカードです。このカードをスマートフォンに挿し込むことで、インターネット通信や通話をすることができます。

携帯電話ショップで店員さんが小さなチップをスマートフォンに入れているのを見たことはありませんか?

sim 1

…こんな感じのチップです。ここに固有のIDが書き込まれているので、個別に電話番号が割り振られていたりするわけですね。

SIMカードのサイズは3種類

カードのサイズは大きくわけて3つあります。「通常(標準)SIM」「Micro SIM」「Nano SIM」です。

スマートフォンによって対応しているサイズが異なるので、利用する場合にはあらかじめ確認しておくことが必要です。

…これがSIMカードの基本です。関連した用語も見ていきましょう。

SIMスロットとは

dual sim

SIMスロット(SIMカードスロット)とは、「スマートフォンやタブレットについている、SIMカードを挿し込む場所」のことです。中にはSIMカードが2枚使える機種もあり、その場合は「SIMスロット1/SIMスロット2」など表記される場合もあります。

SIMトレイとは

sim pin

SIMトレイとは「SIMカードを挿し込むためにのせるトレイ」です。iPhoneなどはカードを直接差し込むのではなく、いったんトレイにのせてからSIMスロットにはめ込む方法をとっているのでこれに当たります。

SIMピンとは

smartphone sim

SIMピンとは「SIMカードをスロットから取り出すためのピン」です。通常SIMトレイのあるタイプの機種と一緒に同梱されており、小さい穴にピンを挿し込むことで、SIMトレイをスマホ本体から外すことができます。

SIM下駄とは

SIM下駄

参考:SIMチェンジ

SIM下駄とは「基盤のついたアダプタで、SIMカードにつけることで様々な操作ができるもの」です。基盤で情報を読み込ませることで、疑似的にSIMロック解除を行うという便利な代物。現在はSIMフリースマートフォンが販売されるようになったので、重要性は薄れてきている&上級者向けのアイテム。

SIMカードに下駄をはかせるように使うことから、SIM下駄と呼ばれています。

格安SIMとは

smartphone sim card

格安SIMとは「料金の安い通信サービス、およびサービスを利用できるSIMカード」のことを言います。

つまりは先ほど紹介したSIMカードの中でも「サービス料金が安いもの」を指しているわけですね。簡単です。

MVNOとは

MNO MVNO

MVNOとはMobile Virtual Network Operatorの略語で、「MNOから通信網を借り受けてサービスを提供している会社」のことです。

MNOというのはドコモ/au/ソフトバンクなど回線を保有している大手キャリアのことですから、MVNOは「大手キャリアから回線を借りて、独自の通信サービスを提供する会社」と言い換えることもできます。

こういった形でMVNOから提供されるのが格安SIMです。つまりMVNOというのは「格安SIMを提供している会社」なんですね。

SIMカードとは?まとめ

今回はSIMカードの基本と関連したワードを紹介しました。これだけ見ておけば「SIMとは何ぞや?」という部分が少しお分かりいただけたのではないでしょうか。解説した用語は下にまとめておきましたので、参考にしてみて下さい。

解説ワードとポイント
  • SIMカード:電話やネットをするためのチップ、ICカード
  • SIMサイズ:「標準/マイクロ/ナノ」の3種類
  • SIMスロット:SIMカードを入れる場所
  • SIMトレイ:SIMスロットに入れるために、SIMカードを置くトレイ
  • SIMピン:SIMトレイを本体から外すための道具
  • SIM下駄:上級者向けのカスタム基盤
  • 格安SIM:SIMカードの中でも安い通信サービス
  • MVNO:格安SIMを提供している会社
  • MNO:回線提供元のドコモ/au/ソフトバンクなど

スマートフォンの月額料金が高い」と感じている方は、人気のある格安SIM・MVNOのプランや月額料金・オプションや特徴を、まとめて比較してみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で