「MVNOとは?」格安SIM用語

「MVNOとは?」格安SIM用語

MVNOとは、英語でいう「Mobile virtual Network Operator」の頭文字をとった略語で、日本では「仮想移動体サービス事業者」と訳されます。

無線通信網を回線を保有している通信事業者から回線を借り受け、各社独自のサービスとして提供されます。そうして提供されているのが、今人気の「格安SIM」です。

MVNOとは

MVNOとは「格安SIMを提供する会社」

sim 1

冒頭の通り、通信網を保有しているドコモやau、ソフトバンクから回線を借り受けて提供している事業者のことを言います。自社で回線網を持っていないので、大元から卸値でそれを買うわけです。

そしてこれを独自の低価格でユーザーに届けているのが「格安SIM」という通信サービス。つまりMVNOとは「格安SIMを提供している会社」と覚えておくとわかりやすいでしょう。

(厳密にいうとSIMカードのサービスだけではありませんが、一般的なニュースで見るMVNOは、ほとんど格安SIMの会社と覚えてしまってOKです)

回線提供元は「MNO」

それに対しMNOというのは「Mobile Network Operator」の略で、日本語に直すと「移動体通信事業者」のことを指します。

具体的に言うと、通信回線網を保有し自社で設置運用している「ドコモ/au/ソフトバンク/ワイモバイル」などがこれに当たります。

MNOという用語を詳しく知る必要はありませんが、格安SIMに関するニュースを読むうえで「あ、MNOってドコモやauのことか」と理解しやすくなるので覚えおくと便利です。

提供されるサービスが「格安SIM」

回線を借りて、独自のサービスとしてMVNOから提供されるのが格安SIMです。回線の卸値は一律のようですが、それをどの価格で提供するかは自由なので月額料金は会社によってさまざまです。

流れとしてはこんな感じになります。

  1. MNOが回線を持っている
  2. MVNOが卸値で買う
  3. 独自の月額料金で「格安SIM」として提供

簡単ですね。


スマートフォンの月額料金が高い」と感じている方は、人気のある格安SIM・MVNOのプランや月額料金・オプションや特徴を、まとめて比較してみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で