格安SIMとは?

格安SIMとは?

最近人気の「格安SIM」って何?実はスマートフォンの月額料金を節約できるとっても便利なサービスなんです。現在携帯電話料金が高くてスマホへの乗り換えを躊躇している人や、インターネットのデータ容量が足りないヘビーユーザーにもおすすめです。「格安SIMとは?」という基本的な部分を紹介しています。

格安SIMとは

sim card

格安SIMとは「料金の安い通信サービス、およびサービスを利用できるSIMカード」のことを言います。言葉を2つに分けてみると、

「格安」

  • 品質に比べて値段が安いこと
  • 値段が普通より安いこと

「SIM」

  • 一般的には「SIMカード」のことをいう
  • これを差し込むと携帯電話が使用可能になるICカード

となります。つまり安い料金で携帯電話を使えるカードというわけです。データ通信専用のプランであれば月500円以下から使えるプランもあり、その安さが一番の魅力であり、人気の秘密です。

キャリアから回線を卸す「MVNO」

ドコモやau、ソフトバンク(MNO)から通信網を借り受けてサービスを提供している会社は「MVNO(Mobile Virtual Network Operator)」と呼ばれます。

MNO MVNO

 

例えば「OCNモバイルONE」「IIJmio」と言った格安SIMブランドはドコモの回線を利用していますし、「mineo」「UQ mobile」などの格安SIMはau回線が利用できます。

言葉の意味を詳しく知る必要はありませんがニュースなどで出てくるので「格安SIMを提供している会社がMVNO」ということだけ覚えておきましょう。

通信回線はドコモ・auと同じ

インターネットの通信網はドコモやauから卸し受けてサービスを提供しているので、基本的に利用できる通信エリアは回線提供元と一緒です。

通信速度は様々

MVNOによって回線設備や卸受け契約が異なるので、もちろんサービスによって実際の通信速度(実効速度)には差が出てきます。なので提供元のドコモやauと同じくらい速度の出るものもあれば、逆に動画サービスを見れるほど速度の出ないSIMカードも存在します。これを見極めるには「実際に利用しているユーザーのレビュー」「速度計測をしているサイト」を確認するのがべストです。

携帯ショップは少ない

経費を削減するという意味でも、実店舗である所謂「携帯ショップ」はほとんどありません。よって購入する場所のメインとなるのは

  • オンラインで購入
  • 家電量販店などで購入

の2つが主な手段です。…ただしMVNOでも「楽天モバイル」が楽天カフェを、「U-mobile」がU-NEXTストアを作るなど、都市圏を中心に実店舗を作る動きを見せています。

格安SIMのプランはどうなってる?

プランに関する基本的な部分も抑えておきましょう。格安SIMでは契約期間の縛りが短かったり、通話用のプランを提供していない会社もあるなど大手キャリアのサービスとは異なっています。

基本プランは3種類

主なプランは3種類で構成されています。それぞれ利用用途によって異なるので注意しましょう。

  • データ通信専用SIM:インターネット専用のSIMカード
  • SMS機能付きSIM:ショートメッセージ機能付きのSIMカード
  • 音声通話SIM:電話機能付きSIMカード
  • (※名称はサービスによって異なります)

例えばタブレットを利用する場合は音声通話機能は必要ないのでデータ通信専用のSIMカードを選ぶのがベストですし、大手キャリアからメインで使っている番号をそのまま乗り換える(MNP)場合は、音声通話SIMカードを選択する必要があります。…MVNOによってはいくつかのプランを提供していない会社もあるので注意しましょう。

SIMカードのサイズも3種類

スマートフォンに差し込むSIMカードには3種類のサイズがあります。このサイズを間違えるとカードが差し込めずに使えないので注意しておきましょう。

  • 通常SIM:一番大きい
  • Micro SIM(マイクロシム):中間
  • Nano SIM(ナノシム):一番小さい

例えばiPhoneの最新モデルは小さなNano SIMが使われています。機種によって利用できるサイズは異なりますし、サービスによってはいくつかのサイズを提供していない可能性もあります。申込前には確認が必要です。

プランの特徴は様々

高速通信が無制限のコースから低速激安プランまで、会社によって提供している料金・特徴は様々です。2016年1月時点で提供されている主なプランは以下のようなタイプがあります。

  • 月次プラン:月間の通信容量が決まっているコース
  • 日次プラン:日毎に高速通信の使える容量が決まっているコース
  • 低速プラン:高速通信のない低速コース。月額料金は安い
  • 無制限プラン:高速通信が無制限のプラン

オプションも重要

格安SIMでは「複数のSIMカードで容量をシェアできる」「無料のWi-Fiスポットが利用できる」「高速通信の容量を翌月繰り越しできる」など、使えるオプションもサービスによって特徴が異なります。あなたに合ったSIMカードを探すには、ある程度利用用途にあったオプションを見つけることも重要になります。

スマートフォンを選ぶ

スマートフォン選びには2つの選択肢があります。

  1. いま利用しているスマートフォンをそのまま再利用
  2. 新しくスマートフォンを購入

前者はauやdocomoのスマートフォンを現在利用している場合です。同じ通信回線を提供しているMVNOであれば、ほとんどの携帯電話がそのまま格安SIMで利用できます。

後者は新しくスマートフォンを購入する方法です。これには「自分で個別に端末購入するパターン」と、「MVNOでSIMカードと端末をセット購入するパターン」の2通りが主な方法です。

「MVNOでセット購入」に関しては会社がすでに動作確認を行っている場合がほとんどですが、自分で端末を用意する場合はその会社のサービスが自分で調べる必要があります。スマートフォンを買う前にチェックしておきましょう。

…SIMカードを選ぶには様々な条件を加味する必要があります。比較して、料金の節約できるピッタリのサービスを見つけましょう!


スマートフォンの月額料金が高い」と感じている方は、人気のある格安SIM・MVNOのプランや月額料金・オプションや特徴を、まとめて比較してみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で