SIMフリースマホ「arrows M03」がリーク!気になる発売日は?

SIMフリースマホ「arrows M03」がリーク!気になる発売日は?

国内メーカー富士通のSIMフリースマホとして人気のarrows M02ですが、その後継機種とみられる「arrows M03 / RM03」の存在が技適情報から明らかになりました。こちらによると、「FMP151-MIJ12, M03又はRM03」が2016年3月14日に工事設計認証を通過しており、開発が進んでいることは明らか。スペックや発売日も予想してみましょう。

※arrows M03が正式発表されたので、取り扱いのMVNOやスペック・価格をこちらの記事でまとめました!

arrows M03,SIMフリー最新機種がリーク?

富士通(コネクテッドテクノロジーズ)が提供するスマートフォンは「アローズ」シリーズがありますが、その中でも最近注目を集めていたのが、SIMフリースマホとして発売された「arrow M02 / RM02」です。国産という強みを活かし、防水などの耐久性仕様や使いやすさ、おサイフケータイ機能対応などが人気を集めていました。

今回リークしたのはその後継モデルとみられる「arrows M03 / RM03(楽天モバイルで販売されるモデルがRがつく可能性が高いです)」の存在です。技適通過より発覚しており、これらの情報から周波数帯や対応バンドも予想できるようになっています。

arrows M03はマルチキャリア対応?

arrows M03の認証を受けている周波数帯・対応バンドをまとめてみると以下のようになります。

LTE≫2100MHz(Band1) / 1800MHz(Band3) / 900MHz(Band8) / 800MHz(Band19/26)
W-CDMA≫2100MHz(Band1) / 900MHz(Band8) / 800MHz(Band6/19)

注目すべきはLTEバンドのBand26。このあたりの情報を見ると、ドコモ回線だけでなくau回線にも対応する「マルチキャリア対応のSIMフリースマホ」となることが予想できます。

これは前作の「arrows M02」でも同じであり、多くのMVNOキャリアから取り扱いの需要があったのもセット販売履歴を見れば明白です。

これならまたmineoあたりも取り扱ってくれそうな予感ですね。

楽天モバイルではセット販売確定?

RM03の記載があるようなので、発売するとすれば、人気の格安SIMを提供する「楽天モバイル」でセット販売される可能性は非常に高いといえます。

rakuten mobile arrows m02 gold

楽天モバイル専用モデルのゴールドカラー

ちなみにarrows RM02では楽天モバイル限定カラーである「ゴールド」の発売もあったので、このあたりのコラボにも期待したいですね。

WIFIは5GHz対応か

FMP151-MIJ12は無線LANで5GHz帯をカバーしているようで、これがそのまま搭載されるとなると、2.4GHz帯のみの対応だったarrow M02 /RM02からアップグレードしていることになります。

arrows M02のスペックアップモデルに

周波数帯などから、前作であるarrows M02の良さは残しつつ、という感がなんとなく伝わってきます。

おサイフケータイ対応や電池もち、耐久性などでも注目を集めた機種なので、こういった特徴は残しつつ、何等かの形でスペックがアップグレードされて発売する可能性が高いですね。

arrows M03/RM03の発売日

前回のM02がリークされた時期から逆算して、M03の発売日も予想してみましょう。

発売日は6月あたり?

富士通arrows M02の電波法認証通過が2015年7月となっており、それから正式に市場で発売されたのが2015年10月末です。

前作のスケジュールをそのまま考えるのであれば約3か月を経て発売されているので、arrows M03の発売日を予想するのであれば2016年3月14日認証通過→2016年6月あたりに発売するか?といったところになります。もちろんこれは予想でしかないので何とも言えませんが、スケジュール的にも夏ごろ発売が妥当かなというところではあります。いずれにせよM02が人気端末だったので、期待したいところですね。

追記:9月頃にも認証を受けていることが確認できました。発売日は2016年夏~秋頃と予想したいところです。

arrows M03, RM03のリークまとめ

国内メーカーのSIMフリー機種としては人気の高い富士通系のarrows。M02+α=M03といったスペックで価格は抑えてきそうな予感がしますが、いずれにせよ発表も迫っているかもしれないのでニュースをチェックしておきましょう。

今から目をつけておきたい格安SIM

ドコモ回線とau回線に対応するとみられるので、今から使えそうな格安SIMをピックアップしてみました。発表前にMVNOも比較しておきましょう。

au&ドコモの回線を提供しており、通信速度もそこそこ好調のマイネオ。富士通のSIMフリースマホは取り扱い実績があるので、今回も期待大。

月額料金が激安のドコモ系MVNO。IIJ系から回線支援があるとみられ、通信速度もそこそこ結果を維持!なるべく安く抑えたいならチェックしておくべき格安SIMです。

RM03の文字があることから、こちらは販売がほぼ確定しているといってもよいかもしれません。電話のかけ放題オプションも提供開始し、2016年4月の通信速度調査でも好調をキープ。今ノリに乗っているMVNOです。


スマートフォンの月額料金が高い」と感じている方は、人気のある格安SIM・MVNOのプランや月額料金・オプションや特徴を、まとめて比較してみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で