格安スマホにおすすめのmicroSDカードを比較!

格安スマホにおすすめのmicroSDカードを比較!

格安スマホにおすすめのmicroSDカードを比較!特にSIMフリースマホは本体に保存できるストレージ容量が少ない機種も多いので、状況に応じてmicroSDカードを選んでみましょう。

格安スマホで使えるmicroSDカードの比較

SIMフリースマホにおすすめのmicroSDカードを説明する前に、まずはSDカードそのものを少し説明しておきましょう。

microSD/SDHC/SDXC

まずは名称から確認しておきましょう。スマートフォンのスペックを確認していると「SDHC対応」などの表記を見かけることがあります。これは基本的に容量の違いを表しています。

  • microSD:~2GB
  • microSDHC:4GB~32GB
  • microSDHC:64GB~

通常のmicroSDは最大容量が2GB。特に新しいスマートフォンはアプリもリッチなコンテンツが多くカメラも高性能化しており、それだけ多くの容量が必要になるので足りない可能性が高いです。

「SDHC」は4GB~32GBの容量を指します。2016年の格安スマホは3万円台の売れ筋機種で16~32GBの機種が多いので、HCであれば2倍程度の容量をmicroSDカードで確保することが可能です。

「SDXC」は64GB〜の容量です。規格上は2TBまで対応していますが、実際に購入できるのは200GB程度のものまで。保存できるデータ容量がかなり大きいので高画質動画などをスマートフォンでよく撮影する方には便利ですが、それだけ価格もプラスになります。

ちなみにスマートフォン側は下位互換性があるので、SDXC対応であればSD,SDHCのmicroSDカードも使えます。逆に通常のmicroSDだと、SDHCやSDXCは利用できないので注意しておきましょう。

転送速度(読み出し/書き込み)

microSDカードは保存されている動画を見たり音楽を聴いたり、データを読み出す際の速度を「読み出し速度」と言います。「Read~MB/s」などで表記されますが、同然秒あたりの転送量が多いほど高速ということになります。

それに対して「書き込み速度」というのは、単純にマイクロSDカードにデータを保存するスピードを指しています。「Write~MB/s」などで表記されますが、これも秒あたりの転送量が多いほど高速になります。

例えばこれらの速度が遅いと、特に動画をmicroSDに保存する際はかなりの時間がかかります。この辺りはチェックしておきましょう。

スピードクラス

「Class」というのは、1秒間における最低転送速度を表しています。

  • Class 2:1秒間に最低2MBのデータ転送を保証
  • Class 4:1秒間に最低4MBのデータ転送を保証
  • Class 6:1秒間に最低6MBのデータ転送を保証
  • Class 10:1秒間に最低10MBのデータ転送を保証

4K動画や連続撮影用にはClass 10のものを選ぶようにしましょう。Class 10のmicroSDに関しては値段もピンキリで存在しますが、Amazonの売れ筋モデルではコスパの高い安い価格の商品も存在します。

UHS-I

上記スピードクラスの他に、「UHS-I」という規格もあります。規格上多くのデータを転送できるようになっており(UHS-I Class 1なら規格最大104MB/秒)、高画質動画の撮影、書き込みをするならUHS-I対応のmicroSDカードを選びましょう。またスマホ側も対応していることが必要です。

  • UHSスピードクラス1:1秒間に最低10MBのデータ転送を保証
  • UHSスピードクラス3:1秒間に最低30MBのデータ転送を保証

人気ブランド

  1. Transcend(トランセンド)
  2. TOSHIBA(東芝)
  3. SanDisk(サンディスク)
  4. Samsung(サムスン)
  5. Team Group…

SDカードの規格自体はパナソニック、東芝、サンディスクによって共同開発規格として発表された経緯もあり、未だに東芝とSanDiskに関しては国内市場では大手のSDメモリカードメーカーとなっています。

Amazonでぶっちぎりの人気なのがTranscendのmicroSDカード。アマゾン限定モデルを発売しており、無期限保証でコスパも非常に高いのが特徴です。

台湾のメモリーメーカーTeamGroupや、すでに有名な家電メーカーSamsungのmicroSDカードも人気です。この辺りから選択すると良いでしょう。

利用用途別、格安スマホにおすすめのmicroSDカード

利用用途別にお勧めのmicroSDカードをピックアップしました。

スマホで4K動画

まずは4K動画撮影対応のスマホでガンガン高画質動画を撮影する場合におすすめのmicroSDカードです。容量はSDXCの64~128GBは欲しいところ。

SanDisk Extreme Proシリーズ

品質に定評のあるSanDisk製のSDカードでも、4K動画撮影をするならExtreme Proシリーズはオススメです。UHS-I U3対応、633倍速(95MB/s)と高速で、海外パッケージだと64GBモデルが約5000円程度で購入できます。(海外パッケージだとメーカーサポートがないので注意)

Transcend Ultimateシリーズ

4K動画対応でUHS-I U3、633倍速、最大読込速度95MB/s,最大書込速度85MB/sというスペックながら64GBのmicroSDXCカードが5780円で購入可能です。ハードの無期限保証も付いているので、性能・価格・保証のバランスが取れたmicroSDカード。

フルHD動画を撮影用・写真の保存

次にフルHD動画撮影用・写真の保存用にオススメのメモリを確認していきます。

Transend TS64GUSDU1PE

Amazon限定で発売されているトランセンドのmicroSDXCカード(64GB)UHS Class 1, Class 10に対応しており、フルHDの録画再生をスムーズに行えながらも、価格は2000円以下と激安になっています。2016年7月時点で、Amazonでベストセラー1位のおすすめSDです。もちろんハードの永久保証つき。

写真保存用であれば、32GBモデルが1000円弱で購入できます。利用するデータ容量に合わせて選びましょう。

格安スマホにオススメのmicroSDカードまとめ

SIMフリースマホで4K動画撮影に対応している&microSDスロットを搭載した機種は意外と少なく、最近発売されたAQUOS mini SH-M03くらいです。ただしフルHD撮影や写真撮影が可能なモデルはたくさんあるので、容量が足りなそうであれば、上記で紹介したようなmicroSDカードを利用してみましょう!


スマートフォンの月額料金が高い」と感じている方は、人気のある格安SIM・MVNOのプランや月額料金・オプションや特徴を、まとめて比較してみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で