海外購入の格安スマホは日本で使ってOK?

海外購入の格安スマホは日本で使ってOK?

海外で購入したスマホは、日本で使って良いか?

賛否両論あるかと思いますが、基本的に「技適マーク」がついていない端末は使用をおすすめしません。その理由も含めて、少し説明していこうと思います。

 

海外購入のスマホは使わない方が良い

結論から言うと、使わないほうが良いです。

電話法に抵触?

日本では「電波法」というものがあります。これは電波の干渉や混乱を防ぐためのもので、もしこれを守らないと、法的に抵触する可能性があります。

技適の取得していない端末はアウト

日本では「技適マーク」というものがあり、これは「電波法を守っている」という、端末が認証された証のようなものです。この技適を通過・取得していないものに関しては電波法違反になる場合があるので、日本国内では使ってはいけません。

最近はUPQという会社のスマートフォンが技適未取得で販売・回収という騒動がありました。これも電波法と技適が絡んでいるわけですね。

電波法に違反するとどうなるか

電波法違反となった場合、1年以下の懲役または100万円以下の罰金、人命財産に深くかかわる重要な無線通信(警察・消防・列車・電気通信事業者無線など)に妨害を与えた者は、5年以下の懲役または250万円以下の罰金となる

だそうです。もちろん個人の範囲内で携帯電話を利用している場合には、現実的に取り締まるのは難しいようですし、実際に取り締まりを受けたという情報もほとんど聞きません。ただし!違法となる可能性があることは明記されていますし、使ってはいけないです。気を付けましょう。

海外購入のスマホでも日本で使えるパターンは?

アメリカで購入したSIMフリーiPhoneなど

海外で販売された機種でも、日本で使えるモデルが稀にあります。代表的な機種がApple社のiPhoneです。

すべての機種が使える保証はありませんが、例えばアメリカのアップルストアで購入したSIMフリーiPhoneには日本の技適マークが確認できました。

ただしほとんどの海外購入品/輸入品は技適取得のない端末です。購入する場合は注意して下さい。

海外購入のスマホは日本で使わない!まとめ

輸入端末はなるべく使わないほうが良いでしょう。また「2020年オリンピックは海外旅行者も増える」ことから当然見直しもされそうですが、合法となるまでは自己責任となるので注意しておくべきですね。


スマートフォンの月額料金が高い」と感じている方は、人気のある格安SIM・MVNOのプランや月額料金・オプションや特徴を、まとめて比較してみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で