OCNモバイルONE、低速時も快適なバースト転送搭載へ

OCNモバイルONE、低速時も快適なバースト転送搭載へ

NTTコミュニケーションズが提供する人気の格安SIM「OCN モバイル ONE」ですが、6月より「バースト転送機能」を実装することを発表しました。これはすでに「IIJmio」や「DMM mobile」が同じような機能を提供しており、低速の最大200Kbps通信時にも、初速のみを速くすることでウェブサイトの読み込み時間などを短縮し、速度制限時でも快適にインターネットが使える機能です。

こちらの記事では他に同じ機能を提供しているMVNOや、今回提供予定の機能詳細について紹介しています。

OCN モバイル ONEの「バースト転送機能」

OCN モバイル ONEは、2016年6月16日より「バースト転送機能」を提供予定です。

低速時も通信速度が速い

プラン規定のデータ容量超過、もしくは手動で高速通信をOFFにすると、OCN モバイル ONEでは最大通信速度が200Kbpsとなります。この速度だとLINEのメッセージなどはほぼ問題ないですが、ウェブサイトの閲覧はリッチなコンテンツがあると読み込みに時間がかかる可能性があります。

ocn mobile one burst transfer

しかし「バースト転送」が搭載されると、データ通信開始から約150KBまでは最大262.5Mbpsという高速通信が使えるようになるので、結果的に読み込みが早くなるという仕組みになっています。

バースト転送で効果的なサービス

バースト転送を利用するにあたって効果のあるサービスは「ウェブサイトの閲覧時」が一番大きいでしょう。理由は簡単で、150KBまでの高速通信で読み込み速度が体感で快適と感じるのはブラウザーでのウェブ閲覧です。

逆にYouTubeやNetflix、Huluなどのコンテンツは、継続的に高速通信でのストリーミングを必要とするので、バースト転送があってもあまり効果を発揮しません。

ターボ機能を活用しよう

OCNの格安SIMには「ターボ機能」という、高速データ通信のON/OFFを手動で切り替える専用アプリがあります。

ocn turbo app

スマートフォンはアプリが待機時にも定期的にデータ通信を行っていたり、低速でも利用できるサービスでも、高速通信機能がONになっているとデータ容量を消費していきます。…こういった場合にターボ機能で低速通信に切り替えれば容量を節約することができますし、バースト転送が使えるようになるのでウェブサイトの表示くらいなら快適に使えます。

カウントフリー対象は高速モードで

OCNのSIMカードには「カウントフリー機能」が実装されています。これは下記のような関連サービスを使う場合に、高速通信を消費しないという独自機能です。

サービス カウントフリー対象
050 Plus 音声通話(発信)◎
音声通話(着信)◎
メッセージ機能◎
マイポケット ファイルアップロード◎
ファイルダウンロード◎
ファイル閲覧◎
動画視聴(ストりーミング)◎
SNS連携◎
動画共有◎
モバONEアプリ ターボON/OFF◎
利用量参照◎
各種申込◎
申込サイト OCNマイページ◎

上記の表を見てみると、例えばNTTコミュニケーションズが提供しているIP電話サービス「050 plus」。通話料金が安くなると評判のサービスですが、同格安SIMの利用者であれば、通話時の通信料はノーカウントとなります。

COUNT FREE OCN MOBILE ONE

またクラウドストレージ(インターネット上に画像などを保存しておける機能)の「マイポケット」では、ファイルのアップロード・ダウンロード・クラウドストレージからのストリーミングに関しても通信料がかからない仕組みになっています。

特にデータのアップロードやダウンロードは大容量になる可能性もあるので、こういった場合にはカウントフリーを利用して思う存分高速通信を使うことをおすすめします。…

ここまでのまとめ

  1. OCNのSIMカードに「バースト転送」を実装予定
  2. 低速200Kbps利用時も、初速が早い
  3. ウェブサイトの読み込み速度向上に期待できる
  4. 通信速度の切り替えは「ターボ機能」専用アプリより利用可能
  5. カウントフリー」対象は高速モードで使おう

公式サイト:OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONEの特長

MVNOではシェアNo1のOCN格安SIM。上記で紹介したような豊富な通信オプションの他にも、おすすめポイントがたくさんあります。

月額料金・プラン

「日次コース」と「月次コース」2種類のプランを提供しています。月額料金は以下の通り。

OCNモバイルONE データ専用 SMS 音声通話 通信容量 最大速度
110MB/日 900円 1020円 1600円 110MB(/日) 262.5Mbps
170MB/日 1380円 1500円 2080円 170MB(/日) 262.5Mbps
3GB/月 1100円 1220円 1800円 3GB 262.5Mbps
5GB/月 1450円 1570円 2150円 5GB 262.5Mbps
10GB/月 2300円 2420円 3000円 10GB 262.5Mbps
500kbps 1800円 1920円 2500円 15GB(500Kbps) 500Kbps

「/日次コース」は、1日に利用できる高速通信容量が決まっているプラン。毎日平均的に同じインターネット容量を使うライトユーザーに適しています。

「/月次コース」は、月間で利用できる高速通信容量が決まっているプラン。大容量の10GB/月コースもあるので、動画の視聴もするヘビーユーザーも使えます。

データ容量の繰り越しOK

OCNモバイルONEでは、余ったデータ容量を繰越できます。なので使わなかった日、月があっても、容量を無駄にすることはありません。

  • 日次コース→翌日繰り越しOK
  • 月次コース→翌月繰り越しOK

データ増量キャンペーン

インターネットがもっと多く使えるように、8月31日まで容量の増量キャンペーンを行っています。日次コースは∔50MB/日、月次コースは+1GB/月、各プランに容量がプレゼントされます。

  • 110MB/日→160MB/日
  • 170MB/日→220MB/日
  • 3GB/月→4GB/月
  • 5GB/月→6GB/月
  • 10GB/月→11GB/月
  • 15GB/月(500Kbps)→16GB/月(500Kbps)

なお増量期間は『利用開始月(お申し込み手続きが完了した日の10日後を含む月)から12ヵ月間』となっており、約1年間はお得にMVNOで運用できます。SIMカードのタイプはデータ専用・SMS・音声SIMのどれでもOKなので、早めに公式サイトをチェックしておきましょう。

公式サイト:OCN モバイル ONE

OCN以外にバースト転送が使えるMVNO

今回新たに機能を追加するOCNモバイルONEですが、バースト転送自体は他のMVNOもすでに採用しています。SIMカードのおすすめと共に紹介。

IIJmio

顧客満足度の高さが特長の「IIJmio(アイアイジェイミオ)」も、バースト転送を提供しています。

iijmio burst transfer

同様に初速のみ高速で利用できるので、Webサイトや画像読み込み、Twitterタイムラインなどが快適に使えるとしています。…IIJmioの月額料金は以下の通り。

IIJmio データ専用 SMS付き 音声SIM 高速通信容量 最大受信速度 複数枚シェア
Dタイプ(docomo回線)
ミニマムスタート 900円 1040円 1600円 3GB 300Mbps 最大2枚
ライトスタート 1520円 1660円 2220円 6GB 300Mbps 最大2枚
ファミリーシェア 2560円 2700円 3260円 10GB 300Mbps 最大10枚
Aタイプ(au回線)
ミニマムスタート 900円 1600円 3GB 370Mbps 最大2枚
ライトスタート 1520円 2220円 6GB 370Mbps 最大2枚
ファミリーシェア 2560円 3260円 10GB 370Mbps 最大10枚

OCN同様に大容量プランはSIMカード複数枚でのデータ容量シェアもOKで、家族での運用にもおすすめです。ちなみに低速200Kbps通信時は366MB/3日間の速度制限があるので注意しておく必要がありますが、それ以外は快適なSIMカードです。

公式サイト:IIJmio

DMM mobile

DMM mobileは月額料金が最安級のプランを提供するMVNO。選べる容量も多いので、自分の利用状況に合わせて細かくカスタマイズが可能です。…回線支援はIIJmioの提供元IIJがしているとみられ、こちらもバースト機能が使えるので低速時も快適。

DMM mobile データ専用 SMS付き 通話SIM 高速通信容量 最大受信速度
ライト 440円 590円 1140円 無し 200Kbps
1GB 480円 630円 1260円 1GB 225Mbps
2GB 770円 920円 1380円 2GB 225Mbps
3GB 850円 1000円 1500円 3GB 225Mbps
5GB 1210円 1360円 1910円 5GB 225Mbps
7GB 1860円 2010円 2560円 7GB 225Mbps
8GB 1980円 2130円 2680円 8GB 225Mbps
10GB 2190円 2340円 2890円 10GB 225Mbps
15GB 3600円 3750円 4300円 15GB 225Mbps
20GB 4980円 5130円 5980円 20GB 225Mbps

200Kbps低速通信時は366MB/3日間による速度制限があるので、こちらさえ気を付けておけば快適に使えるSIMカードです。

公式サイト:DMM mobile

mineo

au&ドコモ回線が選べる「マルチキャリアMVNO」として有名なmineo(マイネオ)でも、「最初の数秒間だけ200kbpsの制限を受けないデータ通信」ができる、実質的なバースト転送機能が利用可能です。

Aプラン データ専用 SMS付き 音声SIM 高速通信容量
500MB 700円 700円 1310円 500MB
1GB 800円 800円 1410円 1GB
3GB 900円 900円 1510円 3GB
5GB 1580円 1580円 2190円 5GB
10GB 2520円 2520円 3130円 10GB

Dプラン データ専用 SMS付き 音声SIM 高速通信容量
500MB 700円 820円 1400円 500MB
1GB 800円 920円 1500円 1GB
3GB 900円 1020円 1600円 3GB
5GB 1580円 1700円 2280円 5GB
10GB 2520円 2640円 3220円 10GB

公式サイト:mineo

OCNのSIMカード、バースト転送に対応のまとめ

低速時も快適にインターネットが使えると評判のバースト転送機能は、通信容量の節約のためにもぜひ活用したいオプションです。上記の格安SIMなら使えるので、ぜひチェックしておきましょう。


スマートフォンの月額料金が高い」と感じている方は、人気のある格安SIM・MVNOのプランや月額料金・オプションや特徴を、まとめて比較してみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で