MVNO接続料金の値下げで、格安SIMが安くなる?

MVNO接続料金の値下げで、格安SIMが安くなる?

通信回線を提供している大手携帯電話キャリア各社は、格安SIMを提供するMVNOへの回線貸出料を値下げしたことが判明しています。

Buzzapによれば昨年に比べて2割弱ほど接続料金が下がっているとのことで、格安SIM自体も値下げがあるかもしれません。

MVNO向け接続料金が値下げ

2016年4月1日時点のMVNO向け接続料金を見てみると、ドコモ/au/softbank各社の料金は以前と比べて値下がりしているのがわかります。

  • ドコモ:78万509円
  • KDDI(au):96万7983円
  • ソフトバンク:116万6697円
  • (10Mbpsあたりの接続料金)

ちなみに去年4月1日の接続料金と比べると、

  • ドコモ:94万5059円→78万509円
  • KDDI(au):116万6191円→96万7983円
  • ソフトバンク:351万7286円→116万6697円

という大幅な値下げになっており、元々接続料金が高かったソフトバンクのMVNO向け回線料を除くと2割弱安くなっているので、今後の格安SIM価格競争にも拍車をかけるかもしれません。

格安SIM値下げも

安さで人気のMVNO「DMM mobile」ですが、こちらの格安SIMは4月利用分からさらなる値下げが発表されています。

参考:「DMMモバイルのプラン

今後も値下げするMVNOが増えてくるかもしれませんし、ソフトバンク回線も値下げされたので一般消費者向けの格安SIMも出てくる可能性が高まりますね。…いずれにしてもユーザーにとってはうれしいニュースです。

今後は差別化がキーワードに?

MVNOでも、LINE・Facebook・Twitterの主要機能が通信無料化された「LINEモバイル」が新たに発表されましたし、楽天モバイルなどが電話のかけ放題オプションの提供をスタートしています。

価格競争が激化したMVNO業界では、単なる月額料金の安さだけでなくオプションや通信無料化など「付加価値」をつけた格安SIMも登場しているのは面白い注目しておきたいポイント。

今後は料金だけでなくこういった差別化が多くなってくる予感。またメッセージアプリ大手のLINEなど大手が参入する中、さらにMVNO業界の競争は激しくなりそうですね。

MVNO接続料金値下げニュース・まとめ

接続料金もさらに下がり、さらに盛り上がりを見せそうなMVNO業界。またソフトバンクの回線を利用した格安SIMにも期待しておきましょう。


スマートフォンの月額料金が高い」と感じている方は、人気のある格安SIM・MVNOのプランや月額料金・オプションや特徴を、まとめて比較してみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で