格安スマホは新品で買うべきか?チェックポイント3つ

格安スマホは新品で買うべきか?チェックポイント3つ

格安スマホは新品or中古、それとも再利用?

 

どちらを買うべきでしょうか。紹介するチェックポイント5つを確認して、お得にスマートフォンを購入しましょう!

 

格安スマホを新品で買うべきか

格安スマホを新品で買うべきユーザーのチェックリストを5つ作ってみました。これに「当てはまらない」ならSIMフリースマホ新しく購入しましょう。

  • 今使っているスマホで十分
  • 海外にいかない
  • 中古でほしいスマホがある
  • テザリングは使わない
  • おサイフケータイを使う

(※今回は月額料金の安いサービス「格安SIM」での運用を前提にしています。)

今のスマホで間に合っている人

格安SIMであっても、

  • ドコモスマホ→ドコモ回線のSIMカード
  • auスマホ→au回線のSIMカード

ならほとんどの機種が使えます。よって今利用しているスマートフォンの性能が十分でそのまま継続して使いたいなら、わざわざ新品のSIMフリースマートフォンを購入する必要がありません。

端末を再利用することで、本体購入費用を節約することもできます。

海外に行かない人

SIMフリースマホは通信業者と問わないので「海外でも使える」というのが一つのメリットですが、これを使わない方は購入する意味がありません。

日本で利用する分には今使っている機種が問題なければ、そのまま再利用したいところです。

中古のスマホでも良い

新品だけでなく、中古のスマートフォン(白ロム)も格安で購入できるパターンがあります。使いたい格安SIMで利用可能な端末、それもハイスペックなモデルが買えるのであれば、中古を選んだほうがお買い得なケースも。

テザリングを使わない

「ドコモのAndroidスマホ×ドコモの格安SIM」という組み合わせではテザリングが使えないのですが、このテザリング機能がいらないのであれば、使う必要はありません。

おサイフケータイが必要

SIMフリースマホはほとんどおサイフケータイに対応していません(国産モデルで使える機種もありますが)。よって楽天EdyやモバイルSuicaなどを利用したい場合は、できれば今使っているスマホを再利用したり、ドコモ端末を中古で購入したいところです。

格安スマホを新品で買うべき人。まとめ

上記の5つが1つも当てはまらない方は、SIMフリースマホを新品で購入しましょう。逆に一つでも当てはまる場合は、中古の白ロムやスマホ再利用を検討するべきですね。


スマートフォンの月額料金が高い」と感じている方は、人気のある格安SIM・MVNOのプランや月額料金・オプションや特徴を、まとめて比較してみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で