格安SIMのスマモバ、BOOKOFFで販売へ

smamoba bookoff

独特のプランで注目を集めている格安SIM『スマモバ』ですが、BOOKOFFで限定SIMパッケージの販売を発表!SIMカードのみならず、端末とのセット購入も可能になるとのこと。

開始当初は直営の23店舗で購入可能となる予定です。提供が5月1日よりスタートしているので、詳しい内容をチェックしていきましょう。


スマモバの格安SIM、BOOKOFFで販売スタート

smamoba bookoff

格安SIMのスマモバが、BOOKOFFの直営店の数店舗で限定パッケージの販売をスタートしています。格安SIMだけでなく端末のセット販売も行うとのことなので、近くに対象店舗のあるかたは確認してみましょう!

スマモバの限定パッケージ取り扱い店

  • SUPER BAZAAR 多摩永山店
  • SUPER BAZAAR 409号川崎港町店
  • SUPER BAZAAR 国道1号多摩川大橋店
  • SUPER BAZAAR 横浜東戸塚オリンピック店
  • SUPER BAZAAR 横浜瀬谷南台店
  • SUPER BAZAAR 鎌倉大船店
  • SUPER BAZAAR Luz湘南辻堂店
  • SUPER BAZAAR 14号千葉幕張
  • SUPER BAZAAR 松戸駅東口店
  • SUPER BAZAAR 町田中央通り店 本館
  • SUPER BAZAAR 立川駅北口店
  • SUPER BAZAAR 川崎モアーズ店
  • 横浜伊勢佐木モール店
  • 池袋要町店
  • Plus 古淵駅前店 家電館
  • 秋葉原駅前店
  • 池袋サンシャイン60通り店
  • 新宿駅東口店
  • 西五反田店
  • 大森駅東口店
  • 荻窪駅北口店
  • 横浜ビブレ店
  • 新宿駅西口店

今回は上記の直営店での限定パッケージ提供となりますが、先行展開以外にも順次取り扱いをBOOKOFFで拡大していく予定とのことなので、さらに格安SIMが購入しやすくなります。

公式サイト:スマモバ

スマモバの格安SIMプラン

限定パッケージが販売されるということで、購入する前にプランの内容も確認しておきましょう。

スマモバはドコモ回線

スマモバの格安SIMは多くのMVNOと同じくドコモ回線を利用しているので、バンドの対応したSIMフリースマホはもちろん、docomoで購入したスマートフォンもそのほとんどがそのまま利用可能となっています。

たとえばドコモからスマモバに乗り換えたい時、スマホ本体の購入代金も節約できるのがおすすめポイント。

データ通信専用SIMカード

データ通信専用のSIMカード月額料金は以下の通り。3種類の使い放題が特徴となっており、さまざまなタイプから選択することができます。

プラン月額料金高速通信容量最大受信速度
5GB2480円5GB150Mbps
ナイトプラン1980円深夜1時~朝9時は無制限150Mbps
プレミアムプラン2480円深夜1時~夕方17時は無制限150Mbps
使い放題3480円無制限150Mbps

音声通話機能付きSIMカード

こちらは電話機能付きのSIMカード。先ほどのデータプランの内容に加えて、月1GBの高速通信プランがあります。

プラン月額料金高速通信容量最大受信速度SMS機能
1GB1580円1GB150Mbps付属
5GB2480円5GB150Mbps付属
ナイトプラン2480円深夜1時~朝9時は無制限150Mbps付属
プレミアムプラン2980円深夜1時~夕方17時は無制限150Mbps付属
使い放題3480円無制限150Mbps付属

ネットではSIMフリースマホとのセット購入もあるので、気になる方はこちらの記事をチェックしておきましょう。

参考:スマモバのプランと評判まとめ

スマモバでセット購入できるSIMフリースマホ

スマモバでは格安SIMとセット購入してすぐに使えるSIMフリースマホも提供中。(記事執筆時点の情報です)

NuAns NEO

trinity nuans neo

Windows 10 Mobileを搭載した注目のSIMフリースマホ。Snapdragon 617を搭載するなど、国内で発売されているウィンドウズスマホの中ではハイスペックの部類に入るモデルです。

機種名NuAns NEO
メーカートリニティ
OSWindows 10 Mobile
ディスプレイ5.0インチ
画面解像度1280×720 HD
CPUSnapdragon 617(MSM8952)
8 × A53 / 1.5GHz オクタコア
RAM(内部メモリ)2GB
ROM(内部ストレージ)16GB
外部ストレージmicroSDカードスロット
最大128GB
カメラ背面:1300万画素
フロント:500万画素
バッテリー3350 mAh
周波数帯・対応バンド2G(Quad band)
3G(Band 1/6/8/9/19 42Mbps/5.76Mbps)
4G LTE(Band 1/3/8/19/28 Cat.4、最大150Mbps)
SIMカードスロットmicro-SIM(nano SIMアダプター同梱)対応
WiFi802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth4.1
本体サイズ約 141 × 74.2 × 11.3mm
重量約 150g

FREETEL Priori3 LTE

Priori 3 LTE

Priori 3 LTE

国内のSIMフリースマホメーカーであるプラスワン・マーケティングから、FREETELブランドのスマホも取り扱い。

Huawei P8lite

人気のブランド『HUAWEI』のSIMフリースマホ。独自CPUのHisiliconを採用したおすすめモデルで、まだまだ根強い人気のあるモデルです。スマモバのドコモ回線とも相性が◎。

機種名HUAWEI P8lite
メーカーファーウェイ
OSAndroid 5.0 Lollipop
(Emotion UI)
ディスプレイ5.0インチ
画面解像度HD(720 x 1280)
CPUHisilicon Kirin 620 オクタコア (A53/1.2GHz)
RAM(内部メモリ)2GB
ROM(内部ストレージ)16GB
外部ストレージmicroSDカードスロット(最大32GB)
カメラ背面:1300万画素
前面:500万画素
バッテリー2200mAh
周波数帯・対応バンド【 SIM1 (or SIM2) 】
FDD-LTE : B1/B3/B5/B7/B8/B19/B28
TDD-LTE : B40
UMTS : B1/B5/B6/B8/B19
GSM : 850/900/1800/1900
 
【 SIM1 (or SIM2) 】
GSM : 850/900/1800/1900
※SIM1 / SIM2両方同時にLTE/3G対応はできません。
SIMカードスロットSIM / SD スロット:[Micro SIM スロット] + [Nano SIM / Micro SD 共用 (排他) スロット]
WiFi802.11b/g/n
BluetoothBluetooth v4.0
本体サイズ143mm×71mm×7.7mm
重量131g

SHARP AQUOS SH-M02

国産メーカーである(買収が決まりましたが)シャープのSIMフリースマホ。MVNOと格安SIMのセット販売でも取り扱いが多く、安心して使いやすいモデル。

機種名AQUOS SH-M02
メーカーSHARP
OSAndroid 5.0
ディスプレイ約5.0インチ
画面解像度(720×1,280ドット HD)
CPUQualcomm MSM8926 1.2GHz (クアッドコア)
RAM(内部メモリ)2GB
ROM(内部ストレージ)16GB
外部ストレージmicroSDカードスロット(SDHC:最大32GB)
カメラ背面:1310万画素
フロント:210万画素
バッテリー2450 mAh
周波数帯・対応バンドLTE :  Band1(2.0GHz)、Band3(1.7GHz)、Band19(800MHz)、Band21(1.5GHz)
3G : Band1(2.0GHz)、Band6(800MHz)、Band19(800MHz)
SIMカードスロットNano SIM
WiFiIEEE 802.11b/g/n(802.11nは2.4GHzのみ対応)
Bluetooth4.0
本体サイズ約134×71×9.9mm
重量約145g

…スマモバでは他にも多くの端末がセット購入できます。公式サイトを確認してみましょう。

公式サイト:スマモバ

スマモバの格安SIM、BOOKOFFで販売のまとめ

今回の限定パッケージはBOOKOFF直営店からの販売ということですが、こういったコラボが多く生まれることで格安SIMがより手に入れやすくなります。

ワイヤレスゲートやBIC SIMなど家電量販店系、またイオンモバイル(イオン系)など多くの業界からMVNOへ参入もしてきているので、2016年中盤も市場動向をチェックしておきましょう!

スマモバの関連記事