格安SIMでiPhoneは使えるの?

格安SIMでiPhoneは使えるの?

格安SIMiPhoneは使える?

スマートフォンの月額料金を節約できると評判のSIMカードですが、Apple社が提供する人気スマホ「iPhone」でも使えるのでしょうか?結論から言うと可能ですが、注意点もいくつかあります。OSバージョンや機種によっても違いが出てくるので、今回はその運用方法を一挙紹介していきましょう。

格安SIMでiPhoneは使えるか?

使えます。ただし注意点もあるので、解説していきましょう。

動作確認済み端末を見てみよう

MVNOでは「動作確認済み機種/端末」なるものを公表しているのがほとんどです。これは文字通り「祖の格安SIMで使えるかどうか」というものを表しています。

ドコモ回線:IIJmioの場合

人気のSIMカード「IIJmio」のケースを例に見てみましょう。

機種名 種別 LTE テザリング アンテナピクト表示 音声通話 動作確認時のOSバージョン
iPhone 6s docomo
SIMフリー
iOS 9.2.1 (13D15)
iPhone 6s Plus docomo
SIMフリー
iOS 9.2.1 (13D15)
iPhone 6 docomo
SIMフリー
iOS 9.2.1 (13D15)
iPhone 6 Plus docomo
SIMフリー
iOS 9.2.1 (13D15)
iPhone 5s docomo
SIMフリー
iOS 9.2.1 (13D15)
iPhone 5c docomo
SIMフリー
iOS 9.2.1 (13D15)

(2016年1月26日時点の情報)

表を見てみると、新しいバージョンであるiOS 9.2.1でも、新しいiPhone 6s/6s Plusなどは利用OKなことが記載されています。SIMフリーは使えますし、IIJmioはドコモ回線を利用しているので、ドコモで購入した端末もOKなことがわかります。

ドコモ回線:SkyLinkMobileの場合

同じドコモ回線でもエレコムが提供する「SkyLinkMobile」は少し異なっています。推奨機種のページを見てみると、最新機種であるiPhone 6s/6s Plusの機種名がありません。

SkyLinkMobile

参考:SkyLinkMobile (2016年1月26日情報)

つまり同じ回線種別を利用した格安SIMでも「使ってみないと分からない」というパターンもあります。これには注意しておきたいポイント。

au回線:mineoの場合

au回線(Aプラン)を提供しているmineoでもiPhoneが使えるか見てみましょう。ここでもまた違う問題が見えてきます。

機種名 種別 データ通信 音声通話 テザリング 動作確認時のOSバージョン
iPhone 6s au
SIMフリー
× iOS 9.2.1 (13D15)
iPhone 6s Plus au
SIMフリー
× iOS 9.2.1 (13D15)
iPhone 6 au
SIMフリー
× iOS 9.2.1 (13D15)
iPhone 6 Plus au
SIMフリー
× iOS 9.2.1 (13D15)
iPhone 5s au
SIMフリー
× × iOS 9.2.1 (13D15)
iPhone 5s au
SIMフリー
× iOS7.1.2 (11D257)
iPhone 5c au
SIMフリー
× × iOS 9.2.1 (13D15)
iPhone 5c au
SIMフリー
× iOS7.1.2 (11D257)

執筆時点の情報では、SIMフリー/au購入のiPhone共に「テザリングは使えない」ことが分かります。利用したいアイフォンユーザーは注意が必要です。…さらに

「auプラン(Aプラン)では、iOS 8~iOS 9.1.2のiPhone 5sおよびiPhone 5cをご利用いただけません。」

という制約も。…同じくau回線を提供している「UQ mobile」も

  • au端末しか動作確認を取っていない
  • 最新のiPhone 6s/ 6s Plusの記載がない
  • iOSアップデートするとデータ通信が使えない

といった状況で、こちらも現状を見るとiPhoneを格安SIMで運用するには向きません。

ちなみにこういった相性の問題はau回線に限らずドコモ回線でも起こる可能性はあるとのことで、新OSが出るたびに確認が必要になってきます。

iPhoneで格安SIMを使うには?

上記を踏まえたうえで、「iPhoneを格安SIMで運用するポイント」2つを紹介します。

動作確認済みの格安SIMを使う

iOSバージョンや機種によって利用可否が異なるので、今自分の使っている、もしくは購入予定のiPhoneが使えるかどうかあらかじめ確認しておくことが重要です。

MVNO各社は動作確認を行った端末を公式HPに載せているので、必ず確認してから使うようにしましょう。

OSのバージョンアップに注意

先ほど説明した通り、iOSのバージョンが変わると同じ機種でも使えなくなることがあります。したがってAppleからアップデート配信があったとしても、MVNO側で動作確認済み端末になるまで待つべきです。

iPhoneにおすすめの格安SIM

最後にオススメのMVNOを紹介しておきましょう。現状au回線は使いにくいということで、docomo回線のサービスを紹介します。今回の情報をもとに、お得にスマートフォンを運用してみてください。

IIJmio

2015年は顧客満足度調査で上位を独占した人気SIM「IIJmio」。特にiPhoneの新機種に関する動作確認は非常に早く、IIJ中の人が運営するブログ「てくろぐ」では、iOS 9.2の動作確認状況がいち早く公表されたことでも有名。

IIJmioの評判とプラン

DMM mobile

同じくドコモ系回線を利用した「DMM mobile」は月額料金が業界最安級のプランを取りそろえるお得なMVNO。IIJ同様にアイフォンの動作確認は早いです。

DMMモバイルのプランと評判

U-mobile

高速通信無制限のプランを提供するのが「U-mobile」。Youtubeなど動画をガンガン観るユーザーにもおすすめです。

U-mobileのプランと評判


スマートフォンの月額料金が高い」と感じている方は、人気のある格安SIM・MVNOのプランや月額料金・オプションや特徴を、まとめて比較してみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で