「格安SIM+WiMax」という、自宅にネットが引けない場合の選択肢

「格安SIM+WiMax」という、自宅にネットが引けない場合の選択肢

固定回線が諸事情で引けない方へ。

住んでいるアパートによっては工事の関係でインターネット回線がひけず、フレッツやauひかりが使えないパターンというのがあります。今回はそんな方向けに、月額料金もお得な格安SIMWiMax」という運用方法をご紹介!

格安SIM×WiMaxの運用術

固定インターネット回線が引けない場合、WiFiを使えないことでスマホのアップデートができなかったり、Youtube動画を思う存分見れなかったりします。

通信料金の安い「格安SIM」を使えば何とかなりそうですが、ドコモやソフトバンクと比較して通信速度が遅いことから、動画をみたり、大容量ファイルのダウンロード頻繁にしたいユーザーには不十分です。

そこで出てくるのが「WiMax」というサービス。

  • インターネットが使い放題
  • 速度制限後もYoutubeはOK

上記2つの特徴を備えているので、合わせて使う代案としては最適です。では両社のサービスを詳しく説明していきましょう。

格安SIMを使う

smartphone sim card

まずはスマホの月額料金を削るためにも「格安SIM」を使いましょう。ここではDMM mobileというサービスを例に挙げ、どのくらい安くなるか見てみます。

…大手キャリアのauやドコモでは、5GBプランを利用した場合、月額料金は約7000円程度です。

大手キャリアの5GBプラン
  • 通話定額:1700円(安いほう)
  • 接続サービス:300円
  • データ5GB:5000円
  • 合計:7000円

次にDMMモバイルの月額料金を見てみましょう。5GBプランの場合は、なんと1970円です。差額を計算してみると、約5000円もの金額が、毎月節約できます。

DMM mobileに切り替えた場合
  • キャリア:7000円
  • DMM:1970円
  • 差額:△5030円

公式サイト:DMM mobile

…ただしインターネットの通信速度はドコモやauのほうが速いのが一般的なので、格安SIMでは十分な実効速度(実際に出る通信速度)を得られない場合があります。LINEのメッセージやウェブサイトの閲覧程度なら問題ないですが、Youtubeなどのある程度高速通信を利用するサービスでは、読み込みに時間がかかることも。

これでは価格が下がっても快適にインターネットが使えません。…そこで出てくるのが「高速・無制限」のWiMaxです。

WiMAXを使う

WiMAXとは「高速・無制限」を売りにしている通信サービスです。モバイルWiFiルーター(持ち運べて電波を飛ばせる機器)なので、持ち運びにも便利。では「なぜWiMaxを使うべきなのか」という理由と、注意点も見ていきます。

高速通信が無制限

現在は「WiMAX2+」という高速回線が提供されており、最大受信(下り)速度は脅威の220Mbps。では実際にどれくらい通信速度が出るのかというと、大都市圏では100Mbps以上も計測しています。

wimax2plus speed

しかも月間の通信容量は無制限で利用できるので、動画を見る人にはうってつけというわけです。

速度制限もYouTubeが快適

WiMAX2+には「3日間で3GB超過時の速度制限」という注意点もありますが、この制限速度が甘々です。制限がかかったあとでも、Youtubeの標準画質であれば見れる程度の通信速度であることが、UQコミュニケーションの公式HPで明記されています。

WiMAX2 limit

YouTubeに十分な速度であればアプリダウンロードなども快適ですから、格安SIMの「実効速度が遅い」という欠点を補うのに最適です。

持ち運べる

WiMAX

基本はモバイルWiFiルーターでWiMax回線を飛ばすので、端末を持ち運んで利用することが可能です。

固定インターネット回線だと外で無制限インターネットが使えないので、外出先で格安SIMの通信量を節約した場合、まったく役に立ちません。

その点モバイルWiFiルーターであればバッグに入れて持ち運べるので、外出先でも無制限の高速通信が使えるメリットを享受できます。

キャンペーンが多い

WiMAX系サービスを提供している会社では、新規申し込み時のキャッシュバックキャンペーンなどが非常に多いです。よって工事費がかかる固定回線と比較して、トータル費用が安くなることもしばしば。

WiMAX2+の通信エリアは限定的

徐々に拡大を図っていますが、WiMAXの通信エリアは大手キャリアのドコモやauのLTE回線と比べると狭いです。よって田舎の方に行くとつながらないケースがたまにあります。

申込前にはエリア情報を確認しておくことが重要ですね。

(参考:WiMAX通信エリア

おすすめの組み合わせ

ではどの組み合わせがおすすめかというと「DMM mobile×GMOとくとくBB」というセットです。

例えばDMM mobileの音声通話機能付きの5GBプランが1970円です。そこにGMOのWiMax回線を追加しても、月額6000円程度で運用できます。

料金目安
  • 格安SIM 約2000円
  • Wimax 約4000円
  • 合計 6000円弱
  • メリット 「高速・使い放題・外利用OK」

加えてキャッシュバックやルーター無料のキャンペーンが絡めばもっとお得に使えます。これなら固定回線が利用できない方も安心。

…またルーターを常時持ち歩くユーザーはスマホ側の高速通信がいらないので、トータル5000円弱に抑えることもできますね。

格安SIMとWiMAX運用まとめ

格安スマホの月額料金だけでなく「快適にインターネット通信が使えるか」ということも考えると、WiMAXはなかなか良い選択肢です。今回の記事を参考にして、スマートフォンを利用してみましょう。

今回紹介したサービス
  • DMM Mobile(公式サイト)
  • GMOとくとくBB(公式サイト)

スマートフォンの月額料金が高い」と感じている方は、人気のある格安SIM・MVNOのプランや月額料金・オプションや特徴を、まとめて比較してみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で