IIJmio、SIMフリー「ZenFone Max」を販売開始

IIJmio、SIMフリー「ZenFone Max」を販売開始

人気の格安SIMブランド「IIJmio」が、大容量バッテリーを搭載した新モデル「ZenFone Max」のSIMフリースマートフォンのセット販売を開始しました。一括払いで2万7800円、分割払いも可能で、その場合は1250円×24回払いとなります。

公式サイト:IIJmio

格安スマホのスペック詳細や当サイトSIM-ROCK.com編集部での実機レビュー、MVNOのおすすめポイントも踏まえて今回のニュースを見ていきましょう。

IIJmio、SIMフリースマホ「ZenFone Max」をセット販売へ

人気の格安SIM「IIJmio」ですが、5000mAhの大容量バッテリーを搭載したASUS製の新モデル「ZenFone Max」の取り扱いを開始しています。

 ZenFone Maxのスペック

IIJmio ZenFone max

前々から告知があったASUSの新モデルですが、ようやく日本国内でも販売が開始されました。5.5インチの大画面にHDディスプレイ、クアルコム製のクアッドコアCPUを搭載したSIMフリースマホです。

機種名 ZenFone Max (ZC550KL)
メーカー ASUS
OS Android 5.0 Lollipop With ASUS ZenUI
ディスプレイ 5.5インチ
画面解像度 HD (1280×720)
CPU Qualcomm MSM8916 QuadCore 1.2GHz
RAM(内部メモリ) 2GB
ROM(内部ストレージ) 16GB
外部ストレージ microSDカードスロット
最大64GB
カメラ 背面:1300万画素
フロント:500万画素
バッテリー 5000mAh
周波数帯・対応バンド FDD-LTE:
2100MHz(1)/1900MHz(2)/1800MHz(3)/850MHz(5)/2600MHz(7)/900MHz(8)/800MHz(20)
FDD-LTE: (CN/IN version Only)
2100MHz(1)/1800MHz(3)
TDD-LTE: (CN/IN version Only)
2600MHz(38)/1900MHz(39)/2300MHz(40)/2500MHz(41)
SIMカードスロット デュアルSIM(デュアルスタンバイ)
WiFi IEEE 802.11 b/g/n
Bluetooth 4.0
本体サイズ 77.5 x 156 x 10.55 ~ mm (WxDxH)
重量 202 g

5000mAhと格安スマホで最大級のバッテリーは電池持ちを実現しており、カメラも1300万画素とより実用性に長けたモデルになっている部分に注目。当サイトでは一足先に海外で端末購入をして実機レビューをしていますが、その電池持ちは圧巻。

IMG_20160307_085648

カメラもHuawei同価格モデルと比べてきれいに撮影が可能だったので、SNSにアップする写真であれば十分OK。インカメラのセルフィーも画素数では劣りますが、肌補正などほしい機能は一通りそろっているのは評価◎です。

参考「ZenFone Maxを海外購入、実機レビュー!

また大容量バッテリーとは別にプリインアプリで消費電力節約モードがあるので便利。ただしこちらを利用するとCPUを最適化することでパフォーマンスの処理速度は体感で若干下がることが確認できたので、フルチャージで利用するならパワーセーバー機能をパフォーマンスの設定で利用することをおすすめします。

モバイルバッテリー利用

OTGケーブルというものが入っているのですが、これを利用することでZenFone Maxをモバイルバッテリーとしても利用可能です。これは便利な機能で、タブレットなどの2台持ちユーザーにもおすすめ。

IMG_20160307_085735

IIJmioサプライサービスのキャンペーン

2016年4月1日9:59までのキャンペーンで、対象機種とSIMをサプライサービスで申し込むと「Amazonギフト券(Eメールでお届け)」が3000円分もらえる特典があります。うまく利用してお得にSIMフリースマホを手に入れましょう。

公式サイト:IIJmio

IIJmioの格安SIMのおすすめポイント

IIJmioの格安SIMが人気の秘密はいくつかありますが、簡単にまとめてみます。

  • 月額料金が安い
  • 10GBプランはシェアOK
  • 通信速度の評判が◎

月額料金

データ専用プラン・音声SIMプラン(みおふぉん)ともにそこそこ安い金額設定となっており、特にほとんどのユーザーが大手キャリア(ドコモ/au/softbank)などからのMNP乗り換えであれば安くなる可能性が高いです。

データ専用SIM

IIJmio データ専用 SMS付き 音声SIM 高速通信容量 最大受信速度 複数枚シェア
Dタイプ(docomo回線)
ミニマムスタート 900円 1040円 1600円 3GB 300Mbps 最大2枚
ライトスタート 1520円 1660円 2220円 6GB 300Mbps 最大2枚
ファミリーシェア 2560円 2700円 3260円 10GB 300Mbps 最大10枚
Aタイプ(au回線)
ミニマムスタート 900円 1600円 3GB 370Mbps 最大2枚
ライトスタート 1520円 2220円 6GB 370Mbps 最大2枚
ファミリーシェア 2560円 3260円 10GB 370Mbps 最大10枚

音声通話機能付きSIM(みおふぉん)

プラン 月額料金 高速通信容量 最大受信速度 SMS機能
ミニマムスタート 1600円 3GB 300Mbps 付属
 ライトスタート 2220円 5GB 300Mbps 付属
ファミリーシェア 3260円 10GB 300Mbps 付属

なお10GBプランはSIMカード複数枚での高速データ通信容量のシェアもOK。なので家族運用にも◎です。

通信速度

実際に出る速度を実効速度とも言いますが、IIJが用意している回線はその評判が高いことで知られています。

例えば月額料金が激安で知られる「DMM Mobile」はIIJを回線支援元としていますが、実効速度の評判は比較的良好です。

MVNOのサービスによってはしっかり速度が出ずに使い物にならないサービスも中にはあるので、そういった部分も含めて2016年前半は信頼できる格安SIMというのがIIJmioと言えます。

参考:「IIJmioの評判とプラン詳細を見る

IIJmioとZenFone Max発売まとめ

筆者も購入してからメイン機として利用しているZenFone Maxなので、こちらは実機レビューも含めおすすめ。人気のIIJmioからセット販売されるとあって、気になる方はチェックしておきましょう。

公式サイト:IIJmio

その他MVNO

ZenFone Maxを取り扱いしているMVNOもピックアップしてみました。プランやキャンペーンを比較した上で自分にあった格安SIMを選んでみましょう。

ライトS(月6GB)と12ギガ(月12GB)の比較的大容量プランが安いBIGLOBE SIMでもZenFone Maxの取り扱いを発表しています。無料WiFiスポットが使えたりもするので、オプションも含めてチェックしておきましょう。


スマートフォンの月額料金が高い」と感じている方は、人気のある格安SIM・MVNOのプランや月額料金・オプションや特徴を、まとめて比較してみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で