IIJmio、au回線の格安SIMを10月より提供開始

IIJmio、au回線の格安SIMを10月より提供開始

インターネットイニシアティブが提供する格安SIM「IIJmio」は、au回線を利用した新プラン「モバイルサービス タイプA」を2016年10月1日より開始することを発表しました。

法人向けにはau回線を提供していたIIJですが、これで個人消費者向けのSIMカードでもau回線が使えるようになります。

またNTTドコモの回線はこれまで「IIJmio高速モバイル/Dサービス」として提供されていましたが、Aタイプのプランに追加に伴いドコモプランも「IIJmioモバイルサービス タイプD」に10月から変更となります。

IIJmio、au回線の格安SIM提供へ

これまでドコモ回線を提供していたIIJmioですが、10月1日より新たに「IIJmioモバイルサービス タイプA」という、au回線を利用したSIMプランの提供を開始します。

IIJmio データ専用 SMS付き 音声SIM 高速通信容量 最大受信速度 複数枚シェア
Dタイプ(docomo回線)
ミニマムスタート 900円 1040円 1600円 3GB 300Mbps 最大2枚
ライトスタート 1520円 1660円 2220円 6GB 300Mbps 最大2枚
ファミリーシェア 2560円 2700円 3260円 10GB 300Mbps 最大10枚
Aタイプ(au回線)
ミニマムスタート 900円 1600円 3GB 370Mbps 最大2枚
ライトスタート 1520円 2220円 6GB 370Mbps 最大2枚
ファミリーシェア 2560円 3260円 10GB 370Mbps 最大10枚

上記プランの通りタイプDからデータ通信専用プラン、音声通話プランの料金はほぼ据え置きですが、SMS機能付きSIMは基本料金がデータ通信専用SIMと同価格になっておりお得です。

SIM複数枚運用もOK。回線の相互シェアも

IIJmioモバイルサービス タイプAの導入によってマルチキャリアMVNOとなり、今後はmineoのようにdocomo回線⇄au回線と回線相互に高速データ通信容量をシェアすることも可能になるとのこと。

ユーザーは利用した端末に合わせてSIMカードの回線を選べるようになるので、より選択肢が広がります。

対応端末はVoLTE対応機種、SIMロック解除が必要

  • 技術基準に適合したVoLTE対応SIMフリー端末
  • またはau VoLTE対応端末

VoLTE対応端末で利用が可能です。またau購入のVoLTE端末はSIMロック解除が必要となっており、この辺りはau回線を提供しているmineoやUQ mobileと同じ。

最低利用期間・速度制限

音声通話機能付きSIMカードには利用期間に応じて解約金が定められており、「12ヵ月以内に解除する場合は、音声通話機能解除調定金((12ヵ月-利用開始月を0ヵ月とした利用月数)×1,000円(税抜))」が発生します。

速度制限は低速200Kbps時の状態で直近3日間の通信容量が366MBを超えた場合に、通信速度を制限する場合があります。ここはドコモプランと同じ。

ドコモ回線のプランと大きく異なる点は「クーポンの利用/未利用問わず、直近3日間あたりの通信量が3GBを超えた場合も通信速度の制限を行ないます。」と言う部分。

つまり高速通信利用時も3日制限(3GB)があるので、ここは注意しておくべきポイントです。

公式サイト:IIJmio

IIJmioのau回線SIMまとめ

最後にドコモ回線のプランと大きく違う点をまとめました。詳しい内容は公式サイトで確認しておきましょう。

  1. SMS機能付きSIMの基本料金が、データ通信専用SIMと同じ
  2. 高速通信利用時も3日制限(3GB)がある
  3. au購入の端末VoLTE端末はSIMロック解除が必要

公式サイト:IIJmio

参考記事:IIJmioのプラン・評判まとめ


スマートフォンの月額料金が高い」と感じている方は、人気のある格安SIM・MVNOのプランや月額料金・オプションや特徴を、まとめて比較してみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で