HUAWEI Y6のスペック

HUAWEI Y6のスペック
機種名 HUAWEI Y6
メーカー ファーウェイ
OS Android 5.1 Lollipop
(Emotion UI 3.1)
ディスプレイ 5.0インチ
画面解像度 HD(1280 x 720)
CPU Qualcomm MSM8909 / クアッドコア(1.1GHz)
RAM(内部メモリ) 1GB
ROM(内部ストレージ) 8GB
外部ストレージ ~microSDHC(最大32GB)
カメラ 背面:800万画素
前面:200万画素
バッテリー 2200mAh
周波数帯・対応バンド FDD-LTE : B1/3/5/7/8/19/28
W-CDMA : B1/5/6/8/19
GSM : 850/900/1800/1900MHz
SIMカードスロット microSIMスロット×1
WiFi 802.11b/g/n(2.4GHz)
Bluetooth Bluetooth v4.1
本体サイズ 143.5mm×72.1mm×8.5mm
重量 155g

2016年4月15日発売

HUAWEI Y6のスペック詳細とおすすめポイント

HUAWEI Y6はAndroid 5.1を搭載したエントリースペックのSIMフリースマートフォン。5.0インチのディスプレイはHD解像度で、プロセッサーにはクアルコム製のMSM8909(Snapdragon 210 クアッドコア 1.1GHz)を搭載。内部メモリーが1GB、内部ストレージが8GBと基本性能が抑えられているだけあり、価格も安いコスパ重視のモデル。

huawei y6 display

ディスプレイは画面占有率72%の狭額縁設計となっており、5インチという動画を観るにも十分な大きさを確保しつつ、本体は片手で使えるベストなサイズに。(143.5mm×72.1mm×8.5mm / 155g)
HUAWEI y6

背面カメラは800万画素。本体価格が格安ながらF値2.0の明るいレンズを搭載しており、ノイズや手振れを抑えて写真撮影が可能。フロントカメラは200万画素。

huwei y6 camera

背面カメラはスリープ状態から催促1秒弱で撮影が可能な「ウルトラスナップショット」、質感をきれいに映しだす「マイクロ50mm対応レンズ」、顔だちを際立たせて明るくなめらかな肌質で撮影ができる「ビューティーモード撮影」など、多くの機能を搭載。低価格ながらFACEBOOK、Twitter、Instagramなど多くのサービスで写真を投稿するのにも加工が簡単・便利です。

huawei y6 camera 2

スピーカーを底面に設置、また独自のチャンバー構造を採用することで、テーブルに平置きをした状態でも大音量で音楽を聴けるのもおすすめポイント。また標準でイコライザーを搭載しているので、自分の好みに合わせてBassや3D効果を設定・調整することも可能です。

hauwei y6 speaker

バッテリーは2200mAh。そこまで多い容量とは言えませんが、ディスプレイは5インチ、解像度もHDなのでそこまで電池の消費は激しくないと予想されます。そこまでヘビーユーザーでなければ、十分電池はもつのではないでしょうか。

huawei y6 backpanel

クリアな音質での通話を可能にする「デュアルマイク(ノイズキャンセラー)」を搭載し、周りが騒がしくてもしっかりと電話が可能。こういった機能は国産のスマートフォンやガラケーにも搭載されている機能ですが、通話をスムーズに行える天はHuawei Y6のメリット。

huawei y6 dual microphone

また「Simple UI」が利用できるので、必要であればホーム画面を簡素化しての利用もOK。価格が安く使いやすさを追求している部分もあり、特に格安スマホが初心者・初めての方にお勧めの機種と言えます。

huawei y6 simple UI

HUAWEI Y6がセット購入できるMVNO・格安SIM

HUAWEIは日本のSIMフリー市場ですでに人気メーカーとなっていることも手伝ってか、多くのMVNOで格安SIMとHUAWEI Y6がセット購入可能です。対応バンドはドコモ系回線で利用可能で、W-CDMAはFOMAプラスエリアにも対応。通信は快適に使えるといえるでしょう。

また単体購入はこちらから。


スマートフォンの月額料金が高い」と感じている方は、人気のある格安SIM・MVNOのプランや月額料金・オプションや特徴を、まとめて比較してみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で