HUAWEI P9 lite VS ZenFone 3スペック比較

HUAWEI P9 lite VS ZenFone 3スペック比較

HUAWEI P9 liteが国内で正式発表されたので、日本での発売が噂されているASUS「ZenFone 3」とスペックの違いや価格・発売日・おすすめポイントなどを徹底比較していきます。どちらもお得なSIMフリースマホとなっていますが、どうやら表面上の性能はZenFone 3のほうが上となっているようです。

HUAWEI P9 liteとZenFone 3のスペック比較

機種名 HUAWEI P9 lite ZenFone 3(ZE552KL)
OS Android 6.0 With Emotion UI 4.1 Android 6.0 With ZenUI 3.0
本体サイズ 高さ 約146.8mm 幅 約72.6mm 厚さ 約7.5mm 152.59 x 77.38 x 7.69
重量 147g 155 g
ディスプレイ 5.2インチ フルHD IPS 5.5インチ フルHD IPS
CPU Huawei Kirin 650 オクタコア (4×2.0GHz + 4×1.7GHz) クアルコム Snapdragon 625 オクタコア 2.0GHz
RAM 2GB 3GB or 4GB
ROM 16GB 32GB or 64GB
micro SDスロット 最大128GB対応 最大128GB対応
カメラ 背面:13MP
フロント:8MP
背面:16MP
フロント:8MP
無線LAN 802.11 b/g/n 802.11ac他
Bluetooth 4.1 4.2
ネットワーク nano SIM×2
FDD-LTE:B1/3/5/7/8/19/28
TDD-LTE:B40
W-CDMA:B1/5/6/8/19
CSM:850/900/1800/1900MHz
HSPA+: UL 5.76 / DL 5.76 Mbps
DC-HSPA+: UL 5.76 / DL 42 Mbps
LTE Cat6:UL 50 / DL 300 Mbps
2G:
850/900/1800/1900
3G:
WCDMA:
WW version Band: 1/2/5/8
IN/ID version Band: 1/5/8
TW/JP/HK version Band: 1/2/5/6/8/19
TD-SCDMA:
CN version Band: 34/39
CDMA:
CN version BC0
4G (LTE):
FDD:
WW version Band: 1/2/3/5/7/8/20
IN/ID version Band: 1/3/5/8
TW/JP/HK version Band: 1/2/3/5/7/8/18/19/26/28
US/BR version Band: 1/2/3/4/5/7/8/17/28
CN version Band: 1/2/3/5/7/8
TD:
IN/ID version Band:
TW/JP/HK version Band: 38/39/40/41
CN version Band: 38/39/40/41
CDMA:
CN version BC0
(対応バンドは販売地域によって異なります)
バッテリー 3000mAh 3000mAh
その他 指紋センサー Type-C 2.0/指紋認証センサー

OS:Android 6.0

OSバージョンは最新のAndroid 6.0 Marshmallowを搭載。最新機種なので当然と言えば当然ですが、カスタムUIはHUAWEIのほうが「Emotion UI 4.1」、ASUSのほうが「ZenUI 3.0」を搭載しています。特徴は以下の通り。

Emotion UI 4.1

筆者は個人的にEmotion UIの通知センターなどに若干使いにくさを感じます。

ZenUI 3.0

こちらがASUSのUI。どちらかというとZenUIのほうがAndroidの素のUIに近いので、全体的に使いやすいです。皆さんはどちらがお好きでしょうか?

CPU・ROM・RAM

CPUはHUAWEI P9 liteが自社系プロセッサーのHisilicon Kirin 650を搭載。対してZenFone 3はQualcommのSnapdragon 625を搭載。…同じオクタコア(8コア)CPU、2.0GHzなので中々違いが見えにくいところですが、スナドラ625は14nmプロセス、Kirin 650が16nm+プロセスとなっています。

RAMはZenFone 3が標準で3GBモデルと少し上。実はHUAWEI P9 liteにもRAM3GBモデルがあるのですが、機種発表時点では2GBモデルのみ日本発売予定となっています。

ディスプレイ

P9 liteが5.2インチのフルHD、ZenFone 3が5.5インチのフルHDで一見同じに見えますが、ZenFone 3のディスプレイのほうが500NITSとより明るく、さらにはコーニング社のGorilla Glassに覆われています。…ここまで見てくると、表面上のスペックはZenFoneのほうが高いことが分かります。

カメラ機能

ZenFone 3が1600万画素、光学手振れ補正、レーザーAF、4K動画撮影が可能とハイスペック仕様に。対してHUAWEI P9 liteは1300万画素の通常AFで、光学手振れ補正などは搭載されていません。

ZenFone 3 camera

ZenFone 3は4軸の光学手振れ補正を搭載し、レーザーAFにより0.03秒フォーカスと爆速になっているのが特徴

バッテリー

両機種3000mAh。前モデルのZenFone 2は電池が持たないとそこそこ話題になっていましたが、今回は省電力構造のSnapdragon 625を積んでいるので問題なさそうです。

HUAWEI P9 liteに関しても同じことが言えるでしょう。

USB Type-Cポート

P9 liteが通常のmicroUSBポートと搭載しているのに対し、ZenFone 3はUSB Type-Cポートを採用。こちらは利便性の面で意見が分かれそうですが、みなさんはどちらが良いでしょうか。

本体価格

  • HUAWEI P9 lite/ 2万9980円
  • ZenFone 3/ 249ドル~(2万6640円程度)

日本で既に発売の決定しているHUAWEI P9 liteに関しては約3万円。ZenFone 3はまだ日本発売も発表されていませんが、海外で発表されたメモリ3GBモデルは日本円にして3万円以下と超激安・高コストパフォーマンスに仕上がっています。

こちらは上位モデルであるZenFone 3 Deluxe無印P9の比較ですが、コスパ重視のモデルであるHUAWEI P9liteとZenFone 3の間でも同じようなアンケート結果になるように思います。

今後ZenFone 3が日本で正式に発売されるとすれば、米国での発売価格とは若干異なってくる可能性があります。現在はHUAWEI P9シリーズに注目が集まっていますが、もしASUSブランドが好きならもう少し待ってもよいかもしれません。

個人的な経験則としては「同じスペックならHUAWEI機種のほうがサクサク動く」という認識でいましたが、今回のZenFoneシリーズはコスパが高すぎるので若干その固定観念も覆りそうな気がしています。実機レビューをお楽しみに。

ちなみにHUAWEI P9 liteが購入できるMVNO・格安SIMは多くあり、以下のようなサービスで利用可能です。(リンクからサイト内でプランと評判を確認できます)


スマートフォンの月額料金が高い」と感じている方は、人気のある格安SIM・MVNOのプランや月額料金・オプションや特徴を、まとめて比較してみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で