HUAWEI P9 lite、SIMサイズは「nano SIM」デュアル仕様

HUAWEI P9 lite、SIMサイズは「nano SIM」デュアル仕様

2016年に発売された約3万円のSIMフリースマホ「HUAWEI P9 lite」。SIMサイズはNano SIM×2のデュアルSIM仕様となっており、片方のスロットはmicro SDカードスロットと兼用になっています。

HUAWEI P9 liteのSIMカードサイズ

HUAWEI P9 liteはファーウェイ製のSIMフリースマホ。SIMサイズはnano SIMとなっているので、間違えないように注意が必要です。

機種名 Huawei P9 lite
メーカー ファーウェイ
OS Android 6.0 Marshmallow
ディスプレイ 5.2インチ
画面解像度 フルHD(1920 x 1080)
CPU HiSilicon Kirin 650(オクタコア2.0GHz)
RAM 2GB
ROM 16GB
外部ストレージ ~microSDXC(最大128GB)
カメラ 背面:1300万画素
前面:800万画素
バッテリー 3000mAh
周波数帯・対応バンド LTE:1/3/5/7/8/19/28/40
W-CDMA:1/5/6/8/19
4バンドGSM
SIMカードスロット Nano SIMスロット×2
WiFi Wi-Fi 802.11 b/g/n
Bluetooth Bluetooth v4.2
本体サイズ 146.8 x 72.6 x 7.5 mm
重量 147g
カラー ブラック、ホワイト、ゴールド

実際に端末を購入したので、実機写真も見てみましょう。正面からみて左サイド上部にスロットが配置されており、同梱されているSIMピンを利用してあけることができます。

HUAWEI P9 lite simサイズ

1つのトレイに2つのSIMカードが挿入できるようになっている。

デュアルSIM仕様のスマホは別の場所に2つのトレイを配置している機種もありますが、HUAWEI P9 liteの場合は1つのトレイに2つのnano SIMが入るようになっています。

手前のほうのnano SIMスロットはmicro SDカードと兼用になっており、もしSDカードを利用したい場合はnano SIMカード1枚のみでの運用となるので注意しておきましょう。特にROM容量が16GBと少し少なめになっているので、クラウド上にデータを保存するなど工夫は必要になってきそうです。(筆者はGoogleフォトにすべてアップロードしてしまうので、ほとんど容量を使わずに済んでいます)

両SIMカードスロットがLTEに対応

SIMスロットは両方が同じ4G(LTE)/3G(WCDMA)/2G(GSM)に対応しています。なのでどちらのトレイにSIMカードを差し込んでも、SIMサイズさえ間違わなければドコモ系の格安SIMで問題なく運用可能。

国内デュアルスタンバイ(デュアル待ち受け)はできる?

HUAWEI P9 lite SIMカード設定

日本国内では片方のSIMカードが2Gとなるので、デュアル待ち受けはできないようになっている

海外ではデュアルSIM、デュアルスタンバイ対応モデルとして発売されていますが、日本国内ではサブスロットが2G専用となるため、デュアルスタンバイで利用することは不可となっています。・・・ちなみにデータ通信機能を両スロットでONにしているとバッテリー消費が少し早くなるので、SIMを2枚挿した状態でも、2枚目のSIMを使わない場合は設定からOFFにしておくのがベストです。

HUAWEI P9 liteのSIMサイズはNano SIM・まとめ

現状発売されていたSIMフリースマホはMicro SIMのものが多いので、必要であればNano SIMに変更して使いましょう。新規で格安SIMを購入する方は、セット購入ができる格安SIM・MVNOがあるので公式サイトで比較しておくとよいでしょう。

セット購入できるMVNO・格安SIM

単体購入


スマートフォンの月額料金が高い」と感じている方は、人気のある格安SIM・MVNOのプランや月額料金・オプションや特徴を、まとめて比較してみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で