HUAWEI P9 liteの対応バンド・周波数帯まとめ

HUAWEI P9 lite周波数帯対応バンドまとめ!購入してみたところ格安SIMのAPN設定もいくつか入っていたので、設定方法などもまとめて紹介!


HUAWEI P9 liteの対応バンド

HUAWEI P9 lite design

結論から言うと、HUAWEI P9 liteは①ドコモ系の格安SIM、②Y!mobile(Softbank系)のSIMカードに対応しています。

機種名Huawei P9 lite
メーカーファーウェイ
OSAndroid 6.0 Marshmallow
ディスプレイ5.2インチ
画面解像度フルHD(1920 x 1080)
CPUHiSilicon Kirin 650(オクタコア2.0GHz)
RAM2GB
ROM16GB
外部ストレージ~microSDXC(最大128GB)
カメラ背面:1300万画素
前面:800万画素
バッテリー3000mAh
周波数帯・対応バンドLTE:1/3/5/7/8/19/28/40
W-CDMA:1/5/6/8/19
4バンドGSM
SIMカードスロットNano SIMスロット×2
WiFiWi-Fi 802.11 b/g/n
BluetoothBluetooth v4.2
本体サイズ146.8 x 72.6 x 7.5 mm
重量147g
カラーブラック、ホワイト、ゴールド

ドコモ系の格安SIMで利用可能

HUAWEI P9 liteはドコモ系MVNOでnano SIMであればほぼ利用可能です。完全に使えることは各社の動作確認済み端末を確認してほしいのですが、まず問題なく使えるでしょう。

LTE:1/3/5/7/8/19/28/40
W-CDMA:1/5/6/8/19

P9 liteの周波数対応は上記の通りですが、LTEはband 1/3/19/28に対応しており、ほぼ問題なく電波を掴める仕様になっています。3G(W-CDMA)に関してもband 6/19のFOMAプラスエリアなどをしっかりカバーしており、筆者も実際にドコモ系格安SIMのいくつかで通話機能を利用できました。…ちなみにdocomo系の格安SIMに関してはいくつかのAPN設定がプリインされており、特にDMM mobile楽天モバイルなど人気SIMがサクッと使えるのはおすすめです。

初期状態でプリインされていたAPN一覧

これ以外のAPN設定は手打ちで入力する必要がありますが、人気急上昇中のFREETEL SIMDTI SIMでも実機で動作確認したので、通話もデータ通信も利用OKです。

HUAWEI P9 liteをセット購入すべき格安SIM

MVNOでもセット販売が開始されていますが、ドコモ系でもおすすめのSIMカードを提供しているのがDMM mobile楽天モバイルBIGLOBE SIMの3サービスです。

DMMモバイル

月額料金の安さで人気のDMMモバイル。P9 liteとセット購入ができるので、とにかく安く利用したいユーザーにおすすめ。

DMM mobileデータ専用SMS付き通話SIM高速通信容量(/月)
ライト440円590円1140円無し
1GB480円630円1260円1GB
2GB770円920円1380円2GB
3GB850円1000円1500円3GB
5GB1210円1360円1910円5GB
7GB1860円2010円2560円7GB
8GB1980円2130円2680円8GB
10GB2190円2340円2890円10GB
15GB3280円3430円3980円15GB
20GB3980円4130円4680円20GB

通信速度もIIJの回線支援を受けているとみられ比較的良好な数値を維持。オプションも多くバランスも良いので、初めて使う方にももってこいのSIMカードです。

公式サイトDMM mobile

楽天モバイル

SIMフリースマホの割引キャンペーンも多い楽天モバイルは、他社より安く本体が購入できる場合も。「5分かけ放題オプション」も利用できるので、通話が多いユーザーもOK。

楽天モバイルデータSIM
(SMSなし)
050データSIM
(SMSあり)
通話SIM高速通信
ベーシック525円645円1250円無し
3.1GB900円1020円1600円3.1GB/月
5GB1450円1670円2150円5GB/月
10GB2260円2380円2960円10GB/月
20GB4050円4170円4750円20GB/月
30GB5450円5520円6150円30GB/月

公式サイト【楽天モバイル】

BIGLOBE SIM

大容量プランがお得なBIGLOBE SIM。ライトS以上のコースならWi-Fiスポットが無料で使えるので、外出先でも動画視聴などをよくするヘビーユーザー向けの格安SIMです。

BIGLOBE SIMデータ専用SMS付き音声通話高速通信容量
音声通話エントリー--1400円1GB
エントリー900円1020円1600円3GB
ライトS1450円1570円2150円6GB
12ギガ2700円2820円3400円12GB
20ギガ4500円4620円5200円20GB
30ギガ6750円6870円7450円30GB

公式サイトBIGLOBEスマホ

以上3つのサービスはAPN設定があらかじめプリインされているので、手軽に利用開始できるのも魅力ですね。

APN設定方法・手順

本体設定から「その他→モバイルネットワーク→アクセスポイント名」と進むと、APN設定をすることができます。

またHUAWEI P9 liteはデュアルSIMとなっているので対応したAPNをしっかり設定することが必要です。SIMカードの切り替えなどは別の記事で詳しく説明しているので、必要であればこちらも確認しておきましょう。

Y!mobileではすでに動作確認済み

Softbank系の回線でもBand 8などが対応しているので問題なく利用できるだろうなとは思っていたのですが、すでにソフトバンク系のSIMカードであるY!mobileの動作確認済み端末にしっかりとHUAWEI P9 liteの機種名が記載されていました。

HUAWEI P9 lite ymobile

Y!mobileではすでに動作確認を取っていた。周波数帯の構成的にも問題なく使えることが判明している。

Y!mobileでは最近SIMフリースマホとセット販売しているのもよく家電量販店で見かけるので、自社販売のみに拘らず、MNOながら格安スマホとしてのポジションも戦略的に確立していこうという感じなのかもしれません(2016年6月現在はY!mobileくらいしかSB系の格安SIMがないので、なおさらこういった部分でブランド強化しているのかも)。

au/KDDI回線では少し厳しい?

上記の情報はHUAWEI JAPAN公式Twitterの回答(P9)ですが、P9 liteもVoLTEには非対応。P9liteは3Gでau系のCDMA2000に対応していないようなので、LTEによるデータ通信はできそうですが、通話は厳しいとみられます。期待しないほうが良いです。

HUAWEI P9 liteと格安SIM対応バンドまとめ

ドコモ系の格安SIMで運用できるので、今回紹介したMVNOなどを中心に検討してみると良いでしょう。…当サイトではHUAWEI P9 liteのスペックやベンチマークスコア、電池持ちやカメラ性能などを実機レビューしているので、気になる方はこちらもチェックしておきましょう。

参考記事:HUAWEI P9 liteを実機レビュー