HUAWEI P9 liteのCPU「Kirin 650」の性能は?実機で調査

HUAWEI P9 liteのCPU「Kirin 650」の性能は?実機で調査

HUAWEI P9 liteを購入してしばらくたち性能が段々わかってきたので、プロセッサーに搭載されている「Kirin 650」のコクタコアCPUのスペック・性能についても実機にてレビューしていきます。

HUAWEI P9 liteのCPUはKirin 650

HUAWEI P9 liteは3万円台で購入できるSIMフリースマホですが、プロセッサーには自社系の「Kirin 650」というCPUを搭載しています。

P9 lite P8 lite
Kirin 650 Kirin 620
オクタコア(2.0GHz×4コア+1.7GHz×4コア) オクタコア(A53/1.2GHz)
RAM2GB RAM2GB
ROM16GB ROM16GB

上記は前モデルであるHUAWEI P8 liteとの比較ですが、同じオクタコアでもKirin 650はクロック数が高く、GPUも性能の良いものを搭載しています。これだけでも性能が高くなっていることは明白ですが、基本性能を測定するベンチマークスコアも測定してみましょう。

Antutuベンチマークスコア

Antutu Benchmark(バージョン6.1.4)での測定結果はこちら。総合スコアでは5万点を超えています。3万円弱の格安スマホとしては、HUAWEI P9 liteはかなりの高性能であることが分かります。

ちなみにP8 liteのAntutuベンチマークスコア3万5000点程度のものが多かったので、単純にスペックアップしているのも明白です。

Geekbench 3

Geekbench 3のスコアは以下の通り。他機種と比較するとマルチコアの測定結果がフラグシップ機種並みの点数となっており、高性能であることがうかがえます。

ゲームプレイはどれだけ快適?

オクタコアCPUでこれだけのスコアを残しているのでゲームプレイも問題なくできるだろうということで試してみました。今回試したゲームアプリは、旧機種ASUS ZenFone Maxではかなりラグが発生したGTA(グランド・セフト・オート)サンアンドレアスです。…検証の結果このくらいのゲームなら問題なくサクサク動作しますね。

20160706_220805

(動画ではなくて大変申し訳ないのですが、たいていのアプリはサクサク動作します)

この調子ならよほどリッチな3Dゲームアプリでなければ、大抵のゲームアプリは快適に動きそうです。3万円台のスマートフォンとしては、ガンガン使い倒せるCPU・GPUスペックになっているのではないでしょうか。

HUAWEI P9 liteを購入するには

性能の高いHUAWEI P9 liteを購入する方法はいくつかありますが、単体で購入するならAmazonが一番手っ取り早く簡単です。

格安SIM・MVNOのセット購入

SIMカードとのセット購入はこちら。色んな機種が提供されているので、HUAWEI P9 liteに限らずCPUなどスペックを比較してみましょう。

楽天モバイル

かけ放題も使える楽天モバイルは、月額料金も安くキャンペーンも安いので端末セット購入もおすすめです。

楽天モバイル データ専用 SMS付き 音声通話 最大受信速度 高速通信
ベーシック 525円 645円 1250円 200Kbps 無し
3.1GB 900円 1020円 1600円 262.5Mbps 3.1GB
5GB 1450円 1670円 2150円 262.5Mbps 5GB
10GB 2260円 2380円 2960円 262.5Mbps 10GB
20GB 4050円 4170円 4750円 262.5Mbps 20GB
30GB 5450円 5520円 6150円 262.5Mbps 30GB

楽天モバイルのプランと評判

DMM mobile

月額料金の安さで選ぶならDMM mobileがおすすめ。選べる容量も多いので、自分にあったプランをしっかり選択できるのが特徴です。

DMM mobile データ専用 SMS付き 通話SIM 高速通信容量 最大受信速度
ライト 440円 590円 1140円 無し 200Kbps
1GB 480円 630円 1260円 1GB 225Mbps
2GB 770円 920円 1380円 2GB 225Mbps
3GB 850円 1000円 1500円 3GB 225Mbps
5GB 1210円 1360円 1910円 5GB 225Mbps
7GB 1860円 2010円 2560円 7GB 225Mbps
8GB 1980円 2130円 2680円 8GB 225Mbps
10GB 2190円 2340円 2890円 10GB 225Mbps
15GB 3600円 3750円 4300円 15GB 225Mbps
20GB 4980円 5130円 5980円 20GB 225Mbps

DMMモバイルのおすすめポイントまとめ

mineo(マイネオ)

docomo回線のDプランで利用可能です。パケットのシェアオプションが豊富なので、家族や友人同士での利用もおすすめ。

Dプラン データ専用 SMS付き 音声SIM 高速通信容量 最大受信速度
500MB 700円 820円 1400円 500MB 225Mbps
1GB 800円 920円 1500円 1GB 225Mbps
3GB 900円 1020円 1600円 3GB 225Mbps
5GB 1580円 1700円 2280円 5GB 225Mbps

mineoのプラン・評価

HUAWEI P9 liteのプロセッサー・CPU性能まとめ

実機で1か月ほど利用してみて、3万円弱の格安スマホでは2016年夏一番の性能を秘めていることが分かりました。arrows M03AQUOS mini SH-M03もありますが、防水やおサイフケータイなどが必要ないならHUAWEI P9 liteのほうが性能対価格でコスパが高くおすすめです。ぜひチェックしておきましょう!

参考記事:HUAWEI P9 liteの実機レビュー!


スマートフォンの月額料金が高い」と感じている方は、人気のある格安SIM・MVNOのプランや月額料金・オプションや特徴を、まとめて比較してみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で