HUAWEI P9 liteのAntutuベンチマークスコアを実機レビュー

HUAWEI P9 liteのAntutuベンチマークスコアを実機レビュー

注目のSIMフリースマホ「HUAWEI P9 lite」を購入したので、Antutuベンチマークアプリによって性能スコアをレビューしていきたいと思います。3万円台の格安スマホとしては最高峰の点数をたたき出したので、同価格帯のFREETEL REIなどよりはおすすめしたい新モデルとなっています。

HUAWEI P9 liteのAntutuベンチマークスコア

約3万円弱のHUAWEI P9 liteですが、Google Playからインストール可能な「Antutu benchmark」をダウンロードして、性能とスコアを計測しました。なおアプリバージョンは6.1.4です。

Antutu ベンチマークスコア

Antutu ベンチマークスコア

  • 総合スコア:5万2882
  • 3D:9632(孤立6540、ガーデン3992)
  • UX:1万9099(データセキュリティ5518、データプログレス:2723、戦略ゲーム、4086、画像処理3065、I/Oパフォーマンス3707)
  • CPU:1万9192(算数4202、共通アルゴリズム5922、マルチコア9068)
  • RAM:4959

総合点数は5万点以上と、約3万円のスマートフォンとしては非常に高い計測結果となりました。…Antutu内のランキングでいうと、iPhone 5sやXiaomi Mi 4Sの下、Meizu M3 Note 3の上という結果です。

ベンチマークランキング

ベンチマークランキング

ちなみに前バージョンのAntutu Benchmarkアプリで計測したHUAWEI P8 liteのスコアが3万5000点程度だったことを考えると、全体的なスペックはぐっと向上していることが分かります。

…それもそのはず、前回のP8 liteはプロセッサーには「Kirin 620」のオクタコアCPUを採用していましたが、クロック数は1.2GHzでした。発売当時の格安スマホに搭載されるCPUとしてはかなりパワフルなプロセッサーでしたが、今回のHUAWEI P9 liteに採用されているのは「Kirin 650」、クロック数も2.0GHzと大幅なスペックアップがされています。…なのでベンチマークスコアが大幅な向上をしているのも当然といえば当然と言えるかもしれません。

HUAWEI P9 liteのGeekbench 3測定結果

Antutuのスコア結果だけ少し不安な部分もあるので、同じくベンチマークスコアの計測が可能な「Geekbench 3」でも測ってみました。…結果はSingleコアがLG製のNexus 5よりも上、マルチコアはMotorola製のNexus 6やHTCのNexus 9よりも上という結果に。…Galaxy s6に近いスコアが出ているので、かなり良いのではないでしょうか。

全体的な実機レビューもしているので、気になる方は下記を確認。

参考記事:HUAWEI P9 liteを実機レビュー!日本で一番詳しく評価してみる

HUAWEI P9 liteを運用するおすすめMVNO

3万円弱でコストパフォーマンスに優れたSIMフリースマホとあって、MVNOでも多くのサービスが格安SIMとのセット販売を実施しています。一つずつ紹介していきましょう。

DMM mobile

  • 一括払い:2万9,980円(税別)
  • 分割払い:1,594円×24回

ぶっちぎりに安い月額料金で運用できる格安SIM「DMM mobile」もP9 liteを取り扱い開始しています。とにかく安く使いたい方はこちらからセット購入すると◎。

DMM mobile データ専用 SMS付き 通話SIM 高速通信容量 最大受信速度
ライト 440円 590円 1140円 無し 200Kbps
1GB 480円 630円 1260円 1GB 225Mbps
2GB 770円 920円 1380円 2GB 225Mbps
3GB 850円 1000円 1500円 3GB 225Mbps
5GB 1210円 1360円 1910円 5GB 225Mbps
7GB 1860円 2010円 2560円 7GB 225Mbps
8GB 1980円 2130円 2680円 8GB 225Mbps
10GB 2190円 2340円 2890円 10GB 225Mbps
15GB 3600円 3750円 4300円 15GB 225Mbps
20GB 4980円 5130円 5980円 20GB 225Mbps

公式サイト:DMM mobile

IIJmio

回線品質に定評のあるMVNO「IIJmio」。7月よりライトスタートプランのデータ容量が増量、小容量プランでのSIM複数枚シェアもOKとなるので、さらに運用しやすくなりました。

IIJmio データ専用 SMS付き 音声SIM 高速通信容量 最大受信速度 複数枚シェア
Dタイプ(docomo回線)
ミニマムスタート 900円 1040円 1600円 3GB 300Mbps 最大2枚
ライトスタート 1520円 1660円 2220円 6GB 300Mbps 最大2枚
ファミリーシェア 2560円 2700円 3260円 10GB 300Mbps 最大10枚
Aタイプ(au回線)
ミニマムスタート 900円 1600円 3GB 370Mbps 最大2枚
ライトスタート 1520円 2220円 6GB 370Mbps 最大2枚
ファミリーシェア 2560円 3260円 10GB 370Mbps 最大10枚

公式サイト:IIJmio

BIGLOBE SIM

大容量6GB以上のプランが高コスパの「BIGLOBE SIM」。ヘビーユーザーならこちら。

BIGLOBE SIM データ専用 SMS付き 音声通話 高速通信容量 最大受信速度
音声通話エントリー 1400円 1GB 262.5Mbps
エントリー 900円 1020円 1600円 3GB 262.5Mbps
ライトS 1450円 1570円 2150円 6GB 262.5Mbps
12ギガ 2700円 2820円 3400円 12GB 262.5Mbps

公式サイト:BIGLOBEスマホ

NifMo(ニフモ)

ニフティ系のMVNO「NifMo」もHUAWEI P9 liteを取り扱い。独自の割引サービスである「バリュープログラム」をうまく活用すれば、より安く格安SIMを運用可能です。

プラン 月額料金 高速通信容量 最大受信速度 SMS機能
データSIM
3GB 900円 3GB 262.5Mbps +150円/月
5GB 1600円 5GB 262.5Mbps +150円/月
10GB 2800円 10GB 262.5Mbps +150円/月
音声通話SIM
3GB 1600円 3GB 262.5Mbps 付属
5GB 2300円 5GB 262.5Mbps 付属
10GB 3500円 10GB 262.5Mbps 付属

公式サイト:NifMo

楽天モバイル

月額料金が安く、かけ放題も使えるおすすめのSIMカード「楽天モバイル」。キャンペーンも多く楽天スーパーポイントによる還元もあるので、バランスも取れていてお得感のある格安SIMです。

楽天モバイル データ専用 SMS付き 音声通話 最大受信速度 高速通信
ベーシック 525円 645円 1250円 200Kbps 無し
3.1GB 900円 1020円 1600円 262.5Mbps 3.1GB
5GB 1450円 1670円 2150円 262.5Mbps 5GB
10GB 2260円 2380円 2960円 262.5Mbps 10GB
20GB 4050円 4170円 4750円 262.5Mbps 20GB
30GB 5450円 5520円 6150円 262.5Mbps 30GB

公式サイト:【楽天モバイル】

HUAWEI P9 liteのベンチマークスコアまとめ

Benchmarkテストの結果、3万円弱で購入できる格安スマホにおいては最高峰のスペック・性能を秘めていることが確認できました。現在筆者もメイン機種として利用を開始していますが、動作もストレスなく使えているのでおすすめです。

単体購入:Amazon

全機能を実機レビューした記事もまとめているので、カメラ機能やバッテリー持ちなども気になる方はこちらも確認しておきましょう。

参考記事:HUAWEI P9 liteを実機レビュー!日本で一番詳しく評価してみる


スマートフォンの月額料金が高い」と感じている方は、人気のある格安SIM・MVNOのプランや月額料金・オプションや特徴を、まとめて比較してみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で