HUAWEI Mate 9のスペック・価格・発売日

HUAWEI Mate 9のスペック・価格・発売日

2016年11月、ドイツのミュンヘンで開催された発表会で「HUAWEI Mate 9」が発表。ファーウェイのフラグシップ「Mate」シリーズの最新モデルで、5.9インチの大画面ディスプレイ、オクタコアCPU&GPU「Kirin 960」、ライカ共同開発のデュアルレンズカメラなどを搭載しています。OSはAndroid 7.0 Nougat。

一次販売国に日本含まれており、Mate 8は発売されませんでしたがMate 9は国内投入の可能性大。スペック・価格・発売日情報を確認してみます。

HUAWEI Mate 9のスペック

Android 7.0 Nougatを搭載した最新のフラグシップモデル「HUAWEI Mate 9」。まずは海外で発表されている基本スペックをチェック。

モデル HUAWEI Mate 9
OS Android 7.0 Nougat
EMUI EMUI 5.0
サイズ 156.9mm*78.9mm* 7.9mm 約190g
カラー Space Gray/Moonlight Silver/Champagne Gold/Mocha Brown/Ceramic White
ディスプレイ 5.9″ FHD Display
1080p (1920 x 1080), 373ppi
16.7M colors, Color saturation(NTSC) 96%
High contrast 1500:1 (typical)
SoC HUAWEI Kirin 960, Octa-core CPU (4 x 2.4 GHz A73+ 4 x 1.8 GHz A53) + i6 co-processor
Mali-G71 MP8
メモリ Memory
MHA-L29:
4GB RAM + 64GB ROM
Micro SD card slot, support up to 256GB (uses SIM 2 slot)
MHA-L09:
4GB RAM + 64GB ROM
Micro SD card slot, support up to 256GB
対応バンド MHA-L29

SIM1:
4G TDD LTE: Band38/39/40/41(100MHz)
4G FDD LTE:
Band1/2/3/4/5/7/8/9/12/17/18/19/20/26/28/29;
3G UMTS(WCDMA)/HSPA+/DC-HSDPA:
Band 1/2/4/5/6/8/19
3G TD-SCDMA: Band34/39
CDMA EV-DO Rev. A: BC0(800MHz), only for China Telecom
2G GSM: 850/900/1800/1900MHz
SIM2:
3G UMTS(WCDMA): Band 1/2/4/5/6/8/19
CDMA: BC0(800MHz),only for China Telecom
2G GSM: 850/900/1800/1900MHz

MHA-L09:

4G TDD LTE: Band38/39/40
4G FDD LTE:
Band1/2/3/4/5/7/8/9/12/17/18/19/20/26/28/29;
3G UMTS(WCDMA)/HSPA+/DC-HSDPA:
Band 1/2/4/5/6/8/19
3G TD-SCDMA: Band34/39
2G GSM: 850/900/1800/1900MHz

SIM Dual SIM Support
MHA-L29: Dual SIM
MHA-L09: Single SIM
接続 Wi-Fi 2.4G/5G, 802.11a/b/g/n/ac with Wi-Fi Direct support
BT4.2, support BLE
USB Type C (High Speed USB)
GPS GPS/Glonass/Galileo/BDS
センサー Fingerprint Sensor, G-Sensor, Gyroscope sensor, Compass, Ambient Light Sensor, Proximity sensor, Hall sensor, Barometer, IR
カメラ Main camera
20MP Monochrome+12MP RGB, F2.2
OIS (Optical image stablization)
BSI CMOS
Dual-tone flash
PDAF+CAF+Laser+Depth auto focus
2x Hybrid zoom
4K video recording

Front camera
8MP AF, F1.9

バッテリー 4000mAh
NFC サポート
同梱品 Handset×1
Headset×1
Charger×1
USB-C Cable×1
USB-C to Micro USB Adapter ×1
Eject tool x 1
Quick Start Guide×1
Matte Case×1
その他 *HUAWEIの英語版公式サイトを参照しています。

OS

Android 7.0 Nougatに自社のEMUI 5.0を採用。新しいOSバージョンの恩恵を受けることができるので、例えば2画面表示なども使えるようになっています。EMUI 5.0では新たな特徴も追加されているので注目。

ディスプレイ

5.9インチの大型ディスプレイですが、狭額縁設計となっているのでサイドのベゼル幅ははほとんどなくなっているのが特徴です。5.5インチのiPhone 7 Plusとの比較で、縦横のサイズ感がほとんど変わらないほどコンパクトにおさめています。

ディスプレイ解像度はフルHD(1920*1080) 1080pです。

プロセッサー/SoC

「HUAWEI Kirin 960」を搭載。ARMのCortex A73(4コア)とCortex A53(4コア)の合計オクタコアのCPUとなっており、以前HUAWEI Mate 8に搭載されていたKirin 950よりもさらに高性能になっています。

GPUも最新のG71 MP8を搭載しており、CPU、GPUともによりハイスペックとなっています。

内蔵メモリ/RAM

4 GB RAM。LPDDR4-1800採用です。

内部ストレージ/ROM

64GB ROM/UFS 2.1です。

背面カメラ/メインカメラ

ライカと共同開発で注目を集めたデュアルレンズカメラですが、HUAWEI Mate 9に搭載されているのは2nd Genのデュアルカメラです。

  • 12MP RGBセンサー OIS F2.2
  • 20MP モノクロームセンサー EIS F2.2

今回は縦ならびにデュアルレンズが搭載されているのが特徴です。以前のデュアルカメラ搭載機種と比較すると画素数もアップしており、光学手ぶれ補正にも対応しているので、よりカメラ高性能化に期待。

動画撮影は4K対応です。

フロントカメラ

8MPのオートフォーカス対応

バッテリー

4000mAhの大容量バッテリーを採用。2日の電池持ちを謳っており、急速充電のHUAWEI SuperChargeでは20分のチャージで1日分の充電が可能になっています。

対応バンド/周波数帯

発表時点で日本モデルの詳細は不明ですが、英語版の公式サイト情報では「MHA-L29」と「MHA-L09」の2つがあり、それぞれ仕様が異なります。

  • MHA-L29 デュアルSIM
  • MHA-L09 シングルSIM

対応バンドは上記のスペック表を参照。このままの対応バンドでSIMフリー版で日本発売されてもドコモ系SIMなどで使えそうなものですが、記事執筆時点では日本での公式情報が発表されていません。

Wi-Fi、Bluetooth、NFC対応

Wi-Fiは5GHz/2.4GHz両対応(802.11a/b/g/n/ac with Wi-Fi Direct support)、Bluetoothは4,2に対応しています。USBはType-C。

センサー類

上記スペック表を参照。3D指紋認識を含む4レベルの指紋認証センサーを搭載しており、Mate 8と比較して20%高速化しています。

HUAWEI Mate 9の価格

発表時の価格は4GB RAM/64GB  ROMのモデルで699ユーロ、日本円換算で約8万円程度とそこそこ高い価格設定。以外と高いなというのが正直な感想ですが、日本で発売される際の価格設定にも注目しておきたいところです。

HUAWEI Mate 9の発売日

日本での発売日は端末発表時点で不明です。

別スペックで特別モデルのPORSCHE DESIGN HUAWEI Mate 9(ポルシェデザイン)はGoogle Daydream readay VRプラットフォームに対応するようですが、無印のMate 9は「ハイスペック・大画面・高性能カメラ・長時間駆動バッテリー」とフラグシップかつ実用性の高いモデルに仕上がっている予感です。

あとは日本で発売される価格を待つのみですね。


スマートフォンの月額料金が高い」と感じている方は、人気のある格安SIM・MVNOのプランや月額料金・オプションや特徴を、まとめて比較してみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で