HUAWEI Mate 9のmicroSDカード対応・最大容量と排他利用について

HUAWEI Mate 9はファーウェイ社のフラグシップモデルとも言える機種ですが、microSDカードスロットにも対応しています。今回は対応している最大容量やSIMカードスロットとの関係をチェックしてみました。


HUAWEI Mate 9は最大256のmicroSD(XC)カードに対応

モデルHUAWEI Mate 9
カラーシャンパンゴールド、ムーンライトシルバー
OSAndroid 7.0 Nougat / EMUI 5.0
本体サイズ高さ 約156.9 mm
幅 約78.9 mm
厚さ 約7.9 mm
重さ 約190 g
ディスプレイ約 5.9インチ, FHD (1080x1920ドット), IPS
プロセッサーHUAWEI Kirin 960 オクタコア (4 x 2.4GHz A73 + 4 x 1.8GHz A53)
メモリRAM 4GB / ROM 64GB / microSD カード(最大256GB)
バッテリー容量4000 mAh (一体型) ※ 急速充電対応 5V/2A or 5V/4.5A or 4.5V/5A
背面カメラ( ダブルレンズ):
1200万画素カラーセンサー + 2000万画素モノクロセンサー
開口部F2.2 / 光学手振れ補正 / 2色フラッシュ / 2倍ハイブリッドズーム
4-in-1 ハイブリッドフォーカス(像面位相差 + コントラスト + レーザー + デプスAF)
フロントカメラ800万画素 (開口部F1.9 / AF)
SIMサイズnano SIM×2
対応バンド[SIM 1] FDD-LTE : B1/2/3/4/5/7/8/9/12/17/19/20/25/26/28/29
TDD-LTE : B38/39/40/41
LTE CA DL( 国内) : B1+B19/B3+B19/B1+B8/B1+B3+B8
UMTS: B1/2/4/5/6/8/19
TD-SCDMA: B34/39
CDMA2000: BC0
GSM:850/900/1800/1900MHz
--
[SIM 2] UMTS: B1/2/4/5/6/8/19
CDMA2000: BC0
GSM:850/900/1800/1900MHz

(※CDMA2000はChina Telecomのみの対応)
Wi-Fi802.11 a/b/g/n/ac準拠(2.4/5.0GHz)
Bluetooth4.2 with BLE
測位方式GPS / AGPS / Glonass / Beidou / Galileo
センサー加速度, コンパス, ジャイロ, 環境光, 近接, HALL, 指紋認証, 気圧
その他 USB Type C (High Speed/OTG対応), NFC, 赤外線リモコン, テザリング

スペックを確認してもわかるように、HUAWEI Mate 9はmicroSDカードに対応しています。最大容量は256GBで、microSD、microSDHC、microSDXCに対応。より大容量のカードに対応しているので、もし内部ストレージが足りない場合には外部メモリで拡張できるのが便利です。

nano SIMスロットはmicroSDカードスロットと排他利用。DSDS利用時は注意

microSDカードスロットは片方のnano SIMスロットと兼用(排他利用)になっており、microSDカードを挿入した状態ではSIMカードを2枚挿してデュアルSIMでは使えない状態になります。

HUAWEI Mate 9はLTE+3Gの国内DSDSに対応していますが、特にmicroSDカードを利用する場合には気をつけておくと良さそうです。もちろん内部ストレージが64GBなので、ヘビーに画像・動画保存やアプリダウンロードを行わない限りは足りる方もいるかもしれないので、本当にmicroSDカードが必要かもしっかり検討しておくと良いかもしれません。

HUAWEI Mate 9を購入