gooのスマホ「g06」のスペック・価格・特徴は?

gooのスマホ「g06」のスペック・価格・特徴は?

gooのスマホから、1万円以下で購入できるLTE対応のSIMフリースマホ「g06(グーマルロク)」が発表。手軽に持ち運べる4インチのディスプレイサイズにAndroid 6.0 Marshmallow標準搭載、MediaTek製のクアッドコアCPUというスペック構成になっており、税別価格が7800円と激安になっているのが特徴です。

LTE対応のスマートフォンでは自社調べで最安値としており、小柄な格安スマホを手軽に使いたいというライトユーザー向けの端末になっています。goo Simsellerなどで予約発売中。

購入サイト:goo SimSeller

gooのスマホ「g06」のスペック

g06_img_tokucho02

gooのスマホ第六弾となる「g06(グーマルロク)」は、Android 6.0 Marshmallowを搭載したSIMフリースマホ。価格が7800円と1万円以下になっているのが特徴です。

4.0インチの小型ディスプレイはWVGA解像度(800*480)のIPS液晶、プロセッサーにはMediaTek製のMT6737MのクアッドコアCPUを採用しており、RAMは1GB、ROMは8GBとエントリーモデルなスペックとなっています。

モデル g06(グーマルロク)
提供元 クロスリンクマーケティング
OS Android 6.0 Marshmallow
プロセッサー MediaTek MT6737M クアッドコア 1.1GHz
メモリ 1GB RAM
ストレージ 8GB ROM
microSDスロット 最大32GB対応(microSDHC)
本体サイズ 約126×63.2×10.8mm
重量 約129g
ディスプレイ 4.0インチ WVGA IPS(800*480)
カメラ 背面5MP、フロント2MP
バッテリー 1700mAh
対応バンド ■LTE:B1(2100) / B3(1800) /B19(800)
■W-CDMA:B1(2100) / B6(800)
■GSM:850 / 900 / 1800 / 1900 MHz
SIMスロット デュアルSIM(micro×2)
Wi-Fi IEEE802.11 b/g/n(2.4GHz)
Bluetooth 4.0
センサー 加速度センサー/近接センサー/輝度センサー(照度センサー)
本体カラー gooRed/ピンク/ホワイト/インディゴ/ブラック/カーキ

カメラ機能は背面が500万画素、フロント部が200万画素。バッテリー容量は小型スマホということもあってか1700mAhと少なめですが、電池交換は可能(取り外し可能)になっています。価格を考えると納得できる部分ではありますが、本体サイズも厚みが10.8mmと少し厚め。

g06_img_tokucho03

1万円以下の格安スマホながら、LTE通信に対応

SIM仕様となっており、SIMサイズはmicro SIM×2。対応バンドは2.1GHz、1.8GHz、800MHz(プラチナバンド)対応ということで、NTTドコモ系格安SIMの主要LTEバンドの電波に対応しているほか、FOMAプラスエリアでも利用可能とのこと。

g06_img_tokucho04

OCN モバイル ONEとの格安SIMセット購入も可能になっているので、手軽に格安スマホに乗り換えできるのが魅力と言えそうです。

OCNモバイルONE データ専用 SMS 音声通話 通信容量 最大速度
110MB/日 900円 1020円 1600円 110MB(/日) 262.5Mbps
170MB/日 1380円 1500円 2080円 170MB(/日) 262.5Mbps
3GB/月 1100円 1220円 1800円 3GB 262.5Mbps
5GB/月 1450円 1570円 2150円 5GB 262.5Mbps
10GB/月 2300円 2420円 3000円 10GB 262.5Mbps
500kbps 1800円 1920円 2500円 15GB(500Kbps) 500Kbps

参考:OCN モバイル ONEのプラン・月額料金

提供元はクロスリンクマーケティング株式会社ということですが、開発元のメーカーなどは不明。独自開発なのか、この辺りは現在調査中です。すでに予約は開始しているので、気になる方はストアを覗いてみましょう。

公式サイト:goo SimSeller


スマートフォンの月額料金が高い」と感じている方は、人気のある格安SIM・MVNOのプランや月額料金・オプションや特徴を、まとめて比較してみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で