GMOとくとくBB、BIGLOBEコラボで音声通話の格安SIMに対応

GMOとくとくBB、BIGLOBEコラボで音声通話の格安SIMに対応

GMOとくとくBBは、BIGLOBEとのコラボで「GMOとくとくBB SIM powered by BIGLOBE」の提供を2016年6月より開始予定です。

最近スタートした「GMOとくとくBB SIM」ではデータ通信専用・SMS対応SIMカードのみでしたが、by BIGLOBEブランドによって音声通話機能に対応した格安SIMも使えるようになります。

GMOとくとくBB SIM powered by BIGLOBE

gmo biglobe

インターネットプロバイダーで有名な「GMOとくとくBB」と、同じくプロバイダーや格安SIMで人気の「BIGLOBE」がコラボした新プラン。コースはデータ通信専用と音声通話対応の2種類で展開予定です。

プランはBIGLOBE SIMとほぼ同じ

GMOとくとくBBとBIGLOBEが提携ということですが、今回発表された格安SIMプランはBIGLOBE SIM(3G・LTE)で提供している月額料金や内容とほぼ同じになっています。

プラン データSIM SMS付きSIM 音声SIM
3GB/月 880円/月 1000円/月 1580円/月
6GB/月 1430円/月 1550円/月 2130円/月
12GB/月 2680円/月 2800円/月 3380円/月

回線はドコモ

ビッグローブの格安SIMと同じく、GMOとくとくBB SIM powered by BIGLOBEはドコモ回線を利用しています。最大下り速度は300Mbps、上りの最大通信速度は50Mbps対応しています。

回線がドコモなので、SIMフリースマホだけでなくドコモで購入したスマートフォンもほとんどがそのまま利用できるのがポイント。

パケット繰り越しがOK

余った高速データ容量は、翌月まで繰り越しOKです。使わなかった容量も無駄にすることがありません。

Wi-Fiスポット

BILGOBEの格安SIMと同じく、オプションでBIGLOBE Wi-Fi(公衆無線LAN)に対応しています。ファーストフード店や空港、主要駅など使える場所も多いので、外出先でもうまくデータ容量の節約が可能です。

また6GB、12GBのプランは1ライセンス無料でWiFiスポットを利用OKな点もBIGLOBEの格安SIMと同じ。

BIGLOBEでんわ

音声通話対応のSIMカードであれば、BIGLOBEの格安SIM同様に「BIGLOBEでんわ」音声通話割引サービスを利用可能です。詳細はこちらから確認しておきましょう。

参考:『BILGOBEでんわで通話料金がお得!

GMOとくとくBB SIM powered by BIGLOBEのキャンペーン

6月からサービスが開始されるわけですが、「とくとくBB SIM powered by
BIGLOBE」への自動契約移行を前提にBIGLOBE SIMの申し込み手数料と3GBプランの月額料金が無料になる先行キャンペーンを実施します。

キャンペーン期間:2016年4月18日(月)~5月31日(火)
先着人数:先着1万名に達し次第終了

  • 申込手数料:3000円→0円
  • データSIM3GBプラン:900円→5月31日まで月額利用料金が0円
  • 音声通話SIM3GBプラン:1600円→5月31日まで月額利用料金が0円

なお音声通話SIMの最低利用期間や解約金などはBIGLOBE SIMと現状同一となっているので、気になる方はこちらも確認しておきましょう。

参考:『BIGLOBE SIMの月額料金と詳細

GMOとくとくBB SIM powered by BIGLOBE

GMOとくとくBBから提供される格安SIMのニュースでしたが、内容は提携先のBIGLOBE SIMとほぼ同じということでした!現状はBIGLOBE SIMを申し込んだほうがわかりやすいような気もしますが、キャンぺーン期間の申し込みならお得になるのでアリですね。

紹介した格安SIMを比較

激安のインターネットプロバイダーのGMOとくとくBBの格安SIMブランド。月額料金が非常に安く、GMOとくとくポイントによる還元サービスを利用すれば最安クラスで運用可能です。

今回の提携先。6GB以上のプランは無料でWiFiスポットが利用できるほか、月額料金もお得となっています。大手プロバイダーならでは固定インターネットとのセット割もあるので、おすすめのMVNO。


スマートフォンの月額料金が高い」と感じている方は、人気のある格安SIM・MVNOのプランや月額料金・オプションや特徴を、まとめて比較してみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で