「G-Phone」格安SIMの通信速度レビュー!

「G-Phone」格安SIMの通信速度レビュー!

初心者におすすめ噂のgeanee mobile「G-Phone」の格安SIM。今回は実機とSIMカードを借りてレビューすることができましたので、実効速度や下り上り速度・速度制限の度合いを、おすすめポイントと共にチェックしていきましょう。

G-Phoneの格安SIM、通信速度レビュー

「ping」「通信速度」「速度制限の度合い」を中心に検証しました。

G-Phone通信速度の測定結果

  4月23日(土) 4月24日(日) 4月25日(月)
7:00 3.00 / 0.53 (99ms) 16.24 / 6.18 (38ms) 13.03 / 6.94 (40ms)
12:00 2.77 / 1.79 (48ms) 13.36 / 6.17 (51ms) 1.74 / 0.36 (193ms)
15:00 9.49 / 4.81 (52ms) 13.23 / 5.13 (39ms) 19.27 / 7.44 (51ms)
18:00 3.17 / 4.24 (62ms) 6.87 / 7.68 (54ms) 5.20 / 3.60 (57ms)
22:00 3.18 / 3.74 (53ms) 9.55 / 3.61 (50ms) 1.64 / 5.41 (82ms)

フォーマット:下り / 上り (Ping)
単位:Mbps

※使用端末: geanee GM-01A
※計測アプリ:Speedtest.net
※4月23日、4月24日については広島市内の住宅街付近にて測定。
※4月25日は広島市内の大型施設にて測定。

通信時のスピード

ping

pingを計測したところ、環境にもよりますが約「59 ms」程度となりました。こちらを基準としますと、pingについては混雑時を除き、ほとんど大差がなく、ストレスなく通信をすることが出来たため、体感速度についてはほとんど違いがないと思われます。

ですが、最終日の12:00前後に、「193ms」を記録するなど、混雑時にはやはり影響が出やすいようです。全体的にはおおむね良好という結果がでました。

通信速度

Google検索で検索をしサイトを閲覧したり、YouTubeで動画を閲覧してみましたが、比較的スピードが出ていたため、閲覧時のストレスは感じられませんでした。画像の多いページも引っかかることなく閲覧できましたので、通常利用するには問題無いでしょう。

表を見ると、朝方と15時台が比較的速度が早いように見受けられます。逆にお昼や夜中になると低速になる傾向があり、利用者が多い時間帯には通常時よりも低速になる可能性が高いです。

ただ、4月25日 12:00の計測結果のように、人が多い場所・お昼時、という条件になってしまうと大幅に速度低下しました。サイト閲覧はそこまで問題なかったのですが、YouTubeで動画を閲覧するには少し厳しい状況となりました。手持ちのドコモ回線では特に問題がなかったので、混雑時の速度低下だと思われます。
また、15時台では速度低下を感じられなかったので、お昼休憩によるスマホ利用者が増えていたことによる影響だと思われます。

通信速度制限

G-Phoneでは、直近3日間のデータ通信が500MBを超過した場合に通信速度制限が行われる場合があります。そこで4月25日の最終計測後、直近3日間の通信量が500MBを超過するように通信をし、実際に通信制限になった場合の速度を計測してみました。

Screenshot_2016-04-25-23-42-31

ping は52msと普段通りでしたが、ダウンロード速度とアップロード速度が、通信制限中の200kbps近くまで速度低下しました。試しにGoogle検索トップページや、画像や動画が多いYouTubeを閲覧してみましたが、
・Google検索:少しもたつくものの、そこまでストレスを感じるほどではない
・YouTube:トップページを表示させるだけでも厳しい
という結果になり、他サイトでも同様に画像やデータ量が多いサイトではかなりページ表示のスピードが遅くなりました。

格安SIM「G-Phone」通信速度レビュー・まとめ

ネットでの評価・情報が少ない「G-Phone」ですが、実際に利用してみたところ、サービス内容やオプション、通信速度などを見ても安定した数値を記録しており、通常利用としては充分な格安SIMだと感じました。

他社では有料で別途オプションとして提供されていることが多い、わからないことについて答えてもらえる「お客さま電話サポート」、端末が故障した際に代替機を貸し出してもらえる「端末故障サポート」が標準として組み込まれているのはスマホ初心者でも安心できそうです。

 

格安スマホG-Phoneのプラン

プラン 月額料金 高速通信容量 最大通信速度
ベーシックプラン 2280円(SMS・音声付き) 4GB 150Mbps
キッズプラン 2280円(SMS・音声付き) 4GB 150Mbps

ベーシックプランとキッズプランの2種類とシンプルな料金構成になっています。最近料金据え置きで高速データ通信量が2倍になったので、さらにお得になりました。

セキュリティアプリ(無料オプション)

webroot secureanywhere

Webroot社のセキュリティアプリ、「SecureAnyWhere」が利用可能です。

WiFiスポット(ベーシックプラン 無料オプション)

街中にあるWiFiスポットを利用できます。

フィルタリング機能(キッズプラン 無料オプション)

gphonre app block

アプリ制限、有害サイトフィルタリング、インターネット接続時間の制限などをすることが可能です。

詳細: キッズ向け格安スマホおすすめのフィルタリング機能詳細

電話・端末故障サポート

スマホに関する質問について答えてもらえる「お客さま電話サポート」、端末が故障した際に代替機を貸し出してもらえる「端末故障サポート」が標準でついてきます。

 

 


スマートフォンの月額料金が高い」と感じている方は、人気のある格安SIM・MVNOのプランや月額料金・オプションや特徴を、まとめて比較してみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で