「G-Call SIM」通話もお得な7GBの激安MVNOが登場!

「G-Call SIM」通話もお得な7GBの激安MVNOが登場!

G-Callといえば通話料金割引サービスでも有名ですが、2016年7月1日にG−Call SIMを発表し、この度MVNO業界にも参入します!参入が続く格安SIM業界の一角を占めることはできるのでしょうか。それでは気になるラインナップを見てみよう。

G-Call SIM登場!MVNOに新参入

国際電話のお得な「G-Call通話」も提供している株式会社ジーエービーですが、このたび格安SIMの「G-Call SIM」を発表しました。特に音声通話SIMは7GBで月額2540円と格安な価格設定となっており、すでに激安で有名なDMM mobileの2560円を上回るコストパフォーマンスの高さになっています。

音声通話SIM

7GB 月額2540円(税抜)

ネットも、アプリも、SMSも電話もできる「G−Call SIM」。電話番号もそのままでMNP乗換も可能です。

データ通信+SMS対応SIM

7GB 月額1980円(税抜)

SMS機能があればLINEの認証などが楽になるので、必要であればこちらを利用しましょう。

データ通信専用SIM

7GB 月額1840円(税抜)

業界内の7GBプランと比較するとどれもお得です。選べる容量は少ないものの、月額料金を見れば安差のメリットは明らかでしょう。(*データSIMは、音声通話、国際ローミングには非対応)

G-Call SIMのおすすめポイント

3つのプランに共通しているのは、7GBということ。これだけの大容量で月額1840〜2540円は、データ通信料あたりの料金は業界最安クラスとなっています。

また、携帯の使い方に合わせてしっかり音声プラン、SMS機能付きプランが用意されていることも嬉しいポイント。多様化した携帯電話業界、またユーザーの多様なライフスタイルに応えてくれるラインナップに。

g call sim international call

G-callによる通話割引との組み合わせもお得。

また、これまで格安SIMの弱点であった割高な通話料も国内であれば、10円/30秒でほぼ半額。G-Callの強みである国際電話にも勿論対応しているので、全世界にもお得に電話できるというのだから驚きです。

G-Call SIMは「ドコモのLTE対応品質」なので、広いエリアと高速通信、そして安定した通話品質を担保しています。(G-Call SIMは、NTTドコモと同じくXiエリア及びFOMAエリアに対応、郊外でも都心部でも、安定した通話品質を提供することができる。)

ドコモ系の回線ということで他社同様に人気のSIMフリースマホが利用できますし、ドコモ購入のスマートフォンであれば、ほとんどの機種でそのまま格安スマホとして利用することができます。

G-Call SIMの格安SIM発表・まとめ

大容量7GB・通話も安いというのが、G-Callの格安SIMの最大の強みではないでしょうか。選べる容量が少ないのは少し気になりますが、三大キャリアから格安SIMに移行したいユーザーにとっては有力な選択肢が増えたと言えそうです。…これからも格安SIM業界の変動から目が離せませんね。

G-Call SIMの詳細情報に関しては別記事でまとめているので、最低利用期間やオプション可否もあわせて確認しておきましょう。

参考記事:G-Call SIMの評判・評価・口コミまとめ


スマートフォンの月額料金が高い」と感じている方は、人気のある格安SIM・MVNOのプランや月額料金・オプションや特徴を、まとめて比較してみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で