FREETEL RAIJIN(雷神)のスペック・価格・発売日

FREETEL RAIJIN(雷神)のスペック・価格・発売日

プラスワン・マーケティングが「FREETEL RAIJIN (雷神)」を発表。価格は2万9800円、発売日は2016年12月を予定しています。

FREETEL 雷神はAndroid 7.0 Nougatを搭載したSIMフリー仕様の格安スマホ。3万円程度の価格ながらスペックも十分で、MediaTekのMT6750Tオクタコア・プロセッサーと5.5インチのフルHDディスプレイに加えて、5000mAhの大容量バッテリーが特徴の新モデルです。

発売日はもう少し先ですが、発売前に注目ポイントをまとめてチェックしておきましょう。

FREETEL RAIJIN 雷神のスペック

raijin-300x286

FREETEL RAIJIN (雷神:らいじん)は、プラスワン・マーケティング株式会社が発表した新モデルのSIMフリースマートフォン。詳細スペック表を以下にまとめました。

端末 FREETEL RAIJIN (雷神:らいじん)
開発 プラスワン・マーケティング
OS Android 7.0 Nougat
本体サイズ 153.0mm × 76.0mm × 8.7mm
183g
ディスプレイ 5.5インチ FHD(1080×1920)
Gorilla Glass 3
CPU MediaTek MT6750T オクタコア
Cortex-A53(4*1.5GHz)
Cortex-A53(4*1.0GHz)
メモリ 4GB RAM
ストレージ 64GB ROM
microSDカード 最大128GB対応(~microSDXC)
カメラ 背面:1600万画素 / フロント:800万画素
バッテリー 5000mAh 取り外し不可
USB Type-C (USB2.0)
SIM デュアルSIM(micro / nano )
DSDS対応
対応バンド 2G(GSM):Band 2/3/5/8
3G(WCDMA):Band 1/5/6/8/19
4G(FDD):Band 1/2/3/4/5/7/8/12/17/19/28B
4G(CA):Band 3/19, band 1/19
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n
bluetooth 4.0 BLE対応
テザリング Wi-Fi / Bluetooth / USB
センサー GPS(A-GPS, QZSS対応)/加速度/近接/光/重力/ジャイロ/e-compass/指紋
同梱物 製品本体/ACアダプター/USBケーブル/SIMピン/保証書/スタートアップガイド/取扱説明書
カラー シルバー・ブラック(他1色)
発表時の価格 2万9800円
発売日 2016年12月

Android 7.0 Nougat

Google PixelでAndroid 7.1が搭載される予定ですが、現行モデルでは最新のAndroid 7.0 Nougatを標準搭載しています。

Androidに関してはOSアップデートの問題でバージョンが断片化している部分もありますし、セキュリティ面や機能面でも古いバージョンだと何かと不自由です。そんな中最新のOSバージョンを搭載しているのは一つのポイント。

5.5インチの大型ディスプレイ

  • 5.5インチ
  • 解像度:フルHD(1920*1080)
  • Corning Gorilla Glass 3

FREETEL RAIJINは大画面の5.5インチを採用しており、解像度はフルHD、保護にコーニングの「Gorilla Glass 3」を採用しています。同じような構成だとモトローラブランドの「Moto G4 Plus」がありますが、価格は雷神の方が安いのでコスパは高いです。

MediaTek MT6750T オクタコアCPU

プロセッサーにはMediaTek(メディアテック)のオクタコアCPU「MT6750T」を採用。2016年に発表されたプロセッサーなのでクロック数やGPU以外にほとんど情報はありませんが、スペック的にはエントリーモデル〜ミドルスペックの端末に搭載されるような性能表でした。

このあたりは海外でベンチマークスコアの情報が出てくるか、もしくは実機が出てきてからの計測待ちといったところでしょうか。

RAM/ROM/microSD

メモリは4GB RAMと大容量。3万円台弱の国内で発売されているスマートフォンだと、4GBのメモリを搭載しているSIMフリースマートフォンはほぼ見当たりません。ストレージも64GB ROMと3万円弱の格安スマホとしてはかなりの大容量になっているので、ビルドはともかく、表面上のスペックで見ると容量は十分すぎるサイズに。

microSDカードにも対応しており、最大128GB(〜microSDXC)が利用可能です。なぜかFREETEL SAMAURAI KIWAMI 2で外部メディアが非対応になっているので、この辺りもコスパにプラスしてメリット。

カメラ

  • リアカメラ(背面):1600万画素
  • フロントカメラ(前面):800万画素

画素数は十分です。当然ながら総合的な作りでカメラ性能が決まってくるので、実機レビューなどが出たら確認しておくと良いでしょう。

バッテリー

5,000mAhの大容量バッテリーを搭載しており、FREETEL 雷神の一番のメリットはここでしょう。発表会では同じ5000mAhを搭載した「ASUS ZenFone Max」と比較して本体の薄さをアピールしており、このあたりもコスパの高い機種としてメリットの多い部分と言えそうです。

容量が多いので電池持ちの部分は問題なさそうですが、充電時間は少し気になります。ちなみに接続はUSB Type-C(USB2.0)です。

SIMスロット

microSIMとnanoSIMスロットのデュアルSIM仕様。同時待受(デュアルスタンバイ)のDSDSにも対応しているので、このあたりは格安SIM使いには便利そうです。

対応バンド・周波数帯

  • GSM: band 2/3/5/8
  • WCDMA:band 1/5/6/8/19
  • FDD-LTE: band 1/2/3/4/5/7/8/12/17/19/28B

FREETEL RAIJINの対応バンドは上記の通りですが、FREETEL SIMも提供しているプラスワン・マーケティングなので、当然ドコモ回線の通信バンドはしっかり押さえています。 3GのWCDMAはband 1とFOMAプラスエリア(band 6,19)に対応。

LTEも新旧バンドにしっかり対応しており、ドコモ系SIMなら問題なさそう。ちなみに「band 3*band 19」と「band 1*band 19」という2つの組み合わせでキャリアアグリケーション(CA)に対応しているとしており、このあたりもつかめる通信の安定化や高速化を助けそうです。

無線LAN/Wi-Fi機能

  • 802.11 a/b/g/n

2.4GHzと5GHzに対応していますが、802.11 acには非対応。3万円弱の格安スマホとしては十分です。bluetoothはバージョン4.0 BLEに対応しています。

FREETEL RAIJIN 雷神の価格

FREETEL 雷神の価格は2万9800円。すでに紹介したスペックだけ見ると現状発売されている3万円前後のモデルではコストパフォーマンスの高いモデルに仕上がってるような予感です。MediaTekの新SoCの性能と全体的なビルドは使ってみないと分かりませんが、とにかく同価格帯のスマートフォンとしてはバッテリー容量なども含めて興味深い機種となっているのは間違いないでしょう。

FREETEL RAIJIN 雷神の発売日

FREETEL RAIJINの発売日は2016年12月を予定。FREETEL SAMURAI KIWAMI 2も同様ですが発売日は年末というのは少し気になるところで、Moto ZシリーズLenovo Phab 2 Proなども発売を控えており、他のメーカーも2016年はさらにスペックをアップさせた端末を発表する可能性もあります。

発売までかなりの期間が空くのでZenFone 3HUAWEI P9 liteなどの購入を待つべきかにも迷うところですね。とりあえずFREETEL RAIJINのスペックが十分ということで、FREETEL SAMURAI REI(麗)を購入する理由は少なくなったように思います。

年末には他社ブランドのSIMフリースマホが大幅値下げのセールなど(楽天モバイルなど?)開催する可能性も捨てきれないので、まずはこちらの購入を検討するなら年末まで様子を見た方が良いと思うですが、どうでしょうか。


スマートフォンの月額料金が高い」と感じている方は、人気のある格安SIM・MVNOのプランや月額料金・オプションや特徴を、まとめて比較してみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で