デュアルSIMとは?格安SIMで知っておきたい用語

デュアルSIMとは?格安SIMで知っておきたい用語

デュアルSIM」って何?

SIMカードスロットが2つ搭載されており、使い方次第ではスマートフォンを便利に使うことのできるデュアルSIM。今回はその言葉の意味と、SIMフリースマホ・格安SIMでの活用方法について解説します。

デュアルSIMとは

dual sim

「SIMカードスロットが2つ付いている状態、もしくはSIMスロットが2つ付いている機種」のことです。

SIM(カード)スロットとは「SIMカードを入れる場所」のことで、それが2つ付いているということは「SIMカードが2枚使える機種」と言い換えたほうが分かりやすいでしょう。

SIMカードを切り替えて使える

2つのカードを入れることができるので、別々の契約で回線を切り替えて使うことができます。

一見必要なさそうなサービスですが、途上国ではネット回線が通信会社によってつながらないこともしばしば。そういった場合に手軽に別会社のSIMカードへ切り替えができるよう、デュアルSIM仕様のスマートフォンが普及したという経緯があります。

SIMスロットによってはGSM専用も

たとえデュアルSIM仕様であっても、片方はGSM(2G)専用となるために、国内ではSIM2枚を同時に使えない機種もあります。機種によって違うので、スペック(性能)表の表記をよく確認しておきましょう。…用語としては3種類に分けることができます。

  • DDSS:(Dual SIM:Single Standby)SIMスロットは2つ搭載しているが、片方のSIMでしか待受けができないこと。基本的には必要に応じて利用SIMを本体設定から切り替えて使います。
  • DSDS:(Dual SIM:Dual Standby)2のSIMスロットに同時にアクセスできる仕様。通話待受けは両方可能で、データ通信は一方の固有IDを利用する方式。
  • DSDA:(Dual SIM:Dual Active)2つのSIMスロットに同時にアクセスでき、かつ通話待受けとデータ通信の両方が固有IDで同時利用できる方式。

国内で提供されている通信回線はLTE/3Gとなっているので、現実的に「2枚同時に国内の格安SIMを使う」となると、上記のDSDAタイプのスマートフォンが必要になります。

LTE/3Gの同時待受(デュアルスタンバイ)のできる機種は?

最近は格安スマホでもLTE/3Gでの同時待受(デュアルスタンバイ)、つまり国内の格安SIMを2枚同時に利用できる機種も発売されています。これは上記で紹介したDSDAタイプに当たりますが、MotorolaブランドのSIMフリースマホ「Moto G4 Plus」はLTE/3Gでの同時待受けが可能です。

moto g4 plus design 2

まだ日本国内では発売されていない「ASUS ZenFone 3」などもDSDAタイプに対応しているとのこと。以前まではバッテリー消費などの問題によりデュアルアクティブの端末は少なかったのですが、今後は日本でもこういったLTE/3G同時待受け可能なデュアルSIM搭載スマホが増えてくるかもしれませんね。

デュアルSIMスマホの活用方法

ここからはデュアルSIMの活用方法について解説していきます。基本的には「SIMカードが2枚使える」という特徴を活かすだけの簡単な方法ですが、通話の面ではDSDAによるLTE/3Gの同時待ち受けができないことから、応用編も紹介。

低速+高速の格安SIM

低速通信の使えるSIM、高速通信の使えるSIMを1枚ずつ挿入し、状況によって使い分ける方法です。例えばこんな感じで運用できます。

  • 低速SIM=LINEのメッセージやFacebookのフィード閲覧など、そこまで通信速度の必要ないサービスに利用する。
  • 高速SIM=YouTubeやNetflixの動画ストリーミングサ-ビスなど、高速通信の必要なサービスに利用する。

上記のような切り替えをして、無駄な通信を減らすことで月間のデータ容量を節約可能です。

・・・ただし最近の格安SIMでは「通信速度の管理アプリ」なるものを提供しているMVNOが多く、ユーザー自身で高速通信のON/OFFを切り替えることができます。(IIJmio・DMM mobile・OCNモバイルONEなどが有名ですね)

なのでこの方法は最近意味がなくなってきています。

かけ放題のキャリアSIM+格安SIM

「ドコモのSIM+低速の格安SIM」といった感じで、片方は通話定額のキャリアSIMで電話をかけまくり、もう片方は通信の安い格安SIMを使うという方法です。

通話回数の多い方には非常に有効な方法で、ドコモ回線の契約が残るので、@docomo.ne.jpのキャリアメールが使えなくなるといった心配もなし。デュアルSIMの活用方法としては、1番有効な手段ではないでしょうか。

しかし先ほど説明したように「LTE/3G×2の同時待ち受けは出来ない」ので、両方同時に使いたい場合は電話の転送設定が必要になります。…こちらの方法は記事最後に紹介。

高速+無制限の格安SIM

格安SIMには無制限で高速通信が使えるプランもあります。具体的なサービス名を出すと「U-mobile」「ぷららモバイルLTE」「b-mobile」などが有名です。

しかし無制限と言えども「3日間で○○MB使った場合は速度制限」など、日次による制限をかける場合もあります。またぷららの使い放題プランは最大速度が3Mbpsなので、自分の使いたい速度が十分に得られない可能性も。

そこで「通常は無制限のSIMカードを利用しておき、日次の速度制限など速度低下した際に、別のSIMカードに切り替える」といった方法をとることで、これを回避することができます。

これで無制限の格安SIMのデメリットは回避できますが、2枚のSIMカードを使うことで、月額料金が少しプラスされてしまうのは考慮しておきましょう。

海外+日本のSIM

海外出張時に便利な方法です。例えば海外にいる際は2G(GSM)のスロットで現地の回線でインターネットを使い、LTE/3Gのスロットは日本との電話用に使うといったやり方です。

ここまでくると設定が若干面倒なので、個人的にはあまりおすすめしません。

プライベート+会社のSIM

個人と会社用に番号を分けたいユーザーもいるかと思います。そんな時はプライベートと会社用のSIMカードを1つのスマホに挿して、番号を同時に使いましょう。

デュアルSIMで「転送電話」を活用する方法

すでに説明した通り、多くの機種では「LTE・3Gの同時待ち受けができない」という特性から、両方のSIMを同時に活用したい場合は「転送電話」の機能を使う必要があります。先ほど紹介した「ドコモのかけ放題SIM+格安SIM」で使う場合を例に見てみましょう。通常はこんな感じで運用します。

  • SIMスロット1:ドコモのかけ放題SIM(圏外)
  • SIMスロット2:データ通信用の格安SIM(通信あり)

同時待ち受けができないので、たとえ契約しているSIMでも片方は圏外になるのが問題です。…そこで「転送電話」の登場です。

ドコモのサービスでいうと「転送でんわサービス」ですね。これを申し込んでおきます。そして転送先に、もう片方に挿している格安SIMの番号を指定しておくわけです。こうすると、

  • ドコモのSIMに電話がかかる→転送して格安SIMのほうにかかってくる

ということになり、同時待ち受けができずとも、SIMカードを2枚使うメリットを十分に享受できます。

…ちなみにこれは格安SIMで音声通話(090/080番号などの電話が使える)契約をしている場合ですが、音声契約をしていない場合は、IP電話である「050 Plus」などを申し込み、転送先に設定すればOKです。

デュアルSIMとは?活用方法まとめ

デュアルSIMをうまく活用しようと思うと意外と手間がかかりますが、ユーザーによってはそれ以上のメリットがあります。SIMフリースマートフォンの購入を検討している方は「SIMカードが2枚使えるかどうか」にも注目してみてはいかがでしょうか?


スマートフォンの月額料金が高い」と感じている方は、人気のある格安SIM・MVNOのプランや月額料金・オプションや特徴を、まとめて比較してみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で