DMM mobile【おうちで乗換】MNP即日開通を開始

格安SIMを提供するDMM mobileは、ユーザーが任意のタイミングで乗り換え(MNP)できる「おうちで乗換」をスタートしました。

今まではMNP時にSIMカードが自宅に届くまでの不通期間がありデメリットとなっていましたが、今回「おうちで乗換」がスタートしたことにより、ほとんど不通期間がなくMNPを完了することが出来ます。


DMM mobile「おうちで乗換」スタート

低価格の格安SIMを提供するDMM Mobileは、ユーザーが任意のタイミングでMNPできる「おうちで乗換」をスタート。ユーザー自身で開通の切り替え作業が可能なので、ほとんど不通期間がなく利用できます。

DMM mobile home mnp

公式HPから申し込むことで利用可能。受付時間は10~19時となっており、電話回線の切り替えに約2時間、データ通信の利用に1時間ほどかかります。なので任意の即日開通サービスと言えども、若干使えなくなる時間があることには注意しておきましょう。

公式サイト:DMM mobile

DMM mobileの格安SIMプラン

すべてのプランが業界最安水準の月額料金ということが特徴のDMM mobile。選択できる容量コースもかなり多く、オプションも充実しています。

2015年後半はデータ通信の実行速度も安定していたと評判で、非常にバランスの良いSIMカード。

データ専用SIM

タブレットや2台目のサブ機におすすめの格安SIMプラン。最安440円の高速通信なしのライトコースから、超大容量の20GBコースまで計10種類を用意。

シングルコース月額料金高速通信容量最大受信速度SMS機能
ライト440円無し200Kbps+150円/月
1GB480円1GB225Mbps+150円/月
2GB770円2GB225Mbps+150円/月
3GB850円3GB225Mbps+150円/月
5GB1210円5GB225Mbps+150円/月
7GB1860円7GB225Mbps+150円/月
8GB1980円8GB225Mbps+150円/月
10GB2190円10GB225Mbps+150円/月
15GB3600円15GB225Mbps+150円/月
20GB4980円20GB225Mbps+150円/月

音声通話SIM

MNP用のSIMカードはこちら。音声SIMカードなら通話料金が半額になる「DMMトーク」も利用できるので、格安SIMで通話料が高いと不安に思っている方にもおすすめ。

DMM mobileデータ専用SMS付き通話SIM高速通信容量(/月)
ライト440円590円1140円無し
1GB480円630円1260円1GB
2GB770円920円1380円2GB
3GB850円1000円1500円3GB
5GB1210円1360円1910円5GB
7GB1860円2010円2560円7GB
8GB1980円2130円2680円8GB
10GB2190円2340円2890円10GB
15GB3280円3430円3980円15GB
20GB3980円4130円4680円20GB

【DMMの月額料金と評判を詳しく見る

DMM mobileの特徴

オプションも充実しているのがDMM mobileのおすすめポイントです。

データ容量シェアOK

8GB以上のプランであれば、SIMカード複数枚でのデータ容量シェアの契約も可能です。家族での運用やSIMフリータブレットの2台持ち運用にもおすすめ。

DMMトークで通話料が半額

専用アプリの「DMMトーク」を利用すれば通常20円30秒の通話料金が半額の10円30秒となるので、電話を掛けることが多い方も安心です。

ちなみにアプリはAndroid用だけでなくiPhone用(iOS版)もあるので、iPhoneユーザーも使えます。IP電話ではないので通話品質も◎。

通信量管理の専用アプリ

「高速データ通信量の残量確認」や「高速⇔低速切り替え」ができる専用アプリを提供。ユーザー自身で利用量の把握や速度切り替えが出来るので、うまく使えば通信容量を節約もOK。

DMM mobile「おうちで乗換」まとめ

任意のタイミングで即日MNP開通ができるようになったことで、さらに格安SIMが使いやすくなりました。特にDMMのSIMカードは月額料金がさらに安いので、運用にはもってこいのサービスになったといえるでしょう。

公式サイト:DMM mobile

ユーザー自身でMNP即日開通できる格安SIMを比較

LTE高速通信が使い放題のSIMカードを提供するU-mobile。「届出方式」を利用すれば、任意のタイミングで即日開通が可能です。

DMM Mobileのサービス支援元となっているIIJの格安SIM。「おうちでナンバーポータビリティ」を提供しており、その名のとおりSIMカードが届いてから開通という手続きをとることで、不通機関をなくすサービスです。

2015年は市場シェアNo.1OCNモバイルONE。「らくらくナンバーポータビリティ」を利用することで、さくっとMNPが可能。

WEBからの回線切り替え手続きなので、ほぼ不通期間がありません。ドコモとau回線が使える貴重なMVNOで、月額料金もそこそこ安いのが特徴。

au回線の使えるMVNO。自宅での任意開通に対応しています。

大容量6GB/12GBプランのコスパが高いのが特徴。SIMカードが届いたらコールセンターに電話することでその場で開通OK。