DMMモバイル,Ascend Mate 7の値下げをスタート

低価格の格安SIMで人気のDMM mobileですが、ファーウェイ製の格安スマホ「Ascend Mate 7」の大幅値下げをスタート!独自のオクタコアCPUに6インチの大画面ディスプレイを搭載したモデルで、普段使い以上のスペックを備えています。一括払いで29800円となっており、いまがお買い得!

公式サイト:DMM mobile

人気の端末スペックとプランを見ていきましょう。


DMM mobile、Ascend Mate 7を値下げ

人気のMVNO「DMM mobile」が、6インチの大画面スマホ「Huawei Ascend Mate 7」の値下げを発表しました。現在は以下のような価格で買い時となっています。

  • 一括払い:2万9800円
  • 分割払い:1584円(24回払い)

Ascend Mate 7のスペック

Ascend Mate7

大画面6インチの高精細フルHDディスプレイを搭載したSIMフリースマートフォン。CPUにはhisilicon Kirin 925(オクタコア)を採用しており、動作パフォーマンスの評判も良い人気の機種です。

機種名Ascend Mate7
メーカーファーウェイ
OSAndroid™ 4.4 Kit Kat / Emotion UI
ディスプレイ6インチ
画面解像度フルHD(1920 x1080 )
CPUHisilicon Kirin 925 オクタコア 1.8GHz / 1.3GHz
RAM(内部メモリ)2GB
ROM(内部ストレージ)16GB
外部ストレージmicroSDカードスロット(最大32GB)
カメラ背面:1300万画素
前面:500万画素
バッテリー4100mAh
周波数帯・対応バンドLTE : B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B19/B20/B40
WCDMA : B1/B2/B4/B5/B8/B19
GSM : 850/900/1800/1900MHz
SIMカードスロットMicro SIM
WiFi802.11 a/b/g/n
BluetoothBluetooth v4.0
本体サイズ157mm×81mm×7.9mm
重量185g

FOMAプラスエリアは非対応となっていますが、概ねドコモ系の電波には対応しており通信は快適です。

SIMフリースマホとして販売が開始された当初はスペックが比較的高く値段もプラスとなっていましたが、DMMモバイルとのセット購入であれば税別約3万円で購入できるとあって、大画面の格安スマホがほしいユーザーは今がチャンスと言えそうですね。

公式サイト:DMM mobile

DMM mobileのプラン・月額料金

もともと最安級の格安SIMを提供していたDMMモバイルですが、4月の利用分からはさらに料金改定を行うことでお得になります。下記には4月からの月額料金を載せておいたので、参考にしてみてください。

データ通信専用SIM

シングルコース月額料金高速通信容量最大受信速度SMS機能
ライト440円無し200Kbps+150円/月
1GB480円1GB225Mbps+150円/月
2GB770円2GB225Mbps+150円/月
3GB850円3GB225Mbps+150円/月
5GB1210円5GB225Mbps+150円/月
7GB1860円7GB225Mbps+150円/月
8GB1980円8GB225Mbps+150円/月
10GB2190円10GB225Mbps+150円/月
15GB3600円15GB225Mbps+150円/月
20GB4980円20GB225Mbps+150円/月

音声通話SIM

DMM mobileデータ専用SMS付き通話SIM高速通信容量(/月)
ライト440円590円1140円無し
1GB480円630円1260円1GB
2GB770円920円1380円2GB
3GB850円1000円1500円3GB
5GB1210円1360円1910円5GB
7GB1860円2010円2560円7GB
8GB1980円2130円2680円8GB
10GB2190円2340円2890円10GB
15GB3280円3430円3980円15GB
20GB3980円4130円4680円20GB

公式サイト:DMM mobile

DMMモバイルのSIMフリースマホ値下げ・まとめ

通信速度やオプションも評判が良いDMMモバイル。人気のSIMフリースマホであるHuawei Ascend Mate7が値下げになったということで、気になる方はチェックしておきましょう。

比較したいMVNO

新たにMVNOとしてスタートしたDTIの格安SIM。月額料金の安さが特徴なので、比較しておきたいSIM。

こちらも新しくMVNOとして再スタートを切ったイオンモバイル。月額料金が安く通信回線もIIJが支援元とみられており、要注目のSIMカード。

大手メッセージアプリのLINEが新たに発表したMVNO。サービスは2016年夏頃より開始と見られており、SNS通信料の無料化など画期的なサービスを展開する予定です。