Covia FLEAZ Queのスペック比較。センサーや位置情報機能が充実

最近では小型のスマートフォンというのも珍しくなってしまいましたが、Coviaブランドから4.5インチディスプレイを搭載したSIMフリースマホ「FLEAZ Que」が登場しました。小型スマートフォンではスペックが低かったりもしますが、位置情報システムへの対応やジャイロセンサーなどいくつか注目ポイントがあるので、スペックを確認してみます。


Covia FLEAZ Queのスペック・性能

OS

Android 6.0 (Android 7.0アップデート保証)

ディスプレイ

4.5インチ IPS

プロセッサー・SoC

MediaTek MT6735A クアッドコアCPU (Cortex-A53×4@1.3GHz)

メインメモリ・RAM

2GB

ストレージ・ROM

16GB

外部メモリ・microSDカードスロット

microSDカードスロット搭載(microSD/HC/XC対応 最大128GB)

カメラ

  • リアカメラ 500万画素(オートフォーカス対応)
  • フロントカメラ 500万画素

Wi-Fi

IEEE 802.11 a/b/g/n準拠 2.4GHz/5GHz

Bluetooth

Ver 4.0

SIMサイズ

micro SIM ×1

ネットワーク・対応バンド・周波数

  • 2G : GSMGPRS/EDEG : 850/900/1800/1900MHz
  • 3G : WCDMA : band 1 / band 6
  • 4G : FDD-LTE : Band 1/ band 3 / band 19

GPS

GNSS:GPS/GLONASS/A-GPS 対応

センサー

加速度/近接/環境光/電子コンパス/ジャイロセンサー

USBクライアント

micro USB-B OTG (USB2.0)端子×1

本体サイズ・重量

  • 132.4×66.5×10.35mm(突起部は除く)
  • 約125g

 

4.5インチのディスプレイですが、厚みは10.35mmとそこそこあります。プロセッサーはMediatekのクアッドコアCPUのものを採用しており、RAMは2GB、ROMが16GBと全体的なスペックはエントリーモデルと言えそうです。

Covia FLEAZ Queの特徴

4.5インチの手のひらサイズ

4.5インチのディスプレイで手におさまりやすいサイズに。4.5インチディスプレイというのはAndroidスマートフォンは珍しいので、サイズ感が好きな人もいるかもしれません。

バッテリー取り外し・交換が可能

バッテリー容量は2200mAhと少なめですが、バッテリー自体は取り外しが可能になっています。

ジャイロセンサーに対応

ジャイロセンサー対応でARゲームにも良いことを示唆。バッテリーが取り外しできることを考えてもこういったゲームや位置情報系のコンテンツを訴求しているのがわかります。

ソフトウェアアップデートで「みちびき」対応予定

今後のソフトウェアアップデートで準天頂衛星「みちびき」に対応予定。位置情報の測位精度の向上が期待できるとのことで、この辺りの部分を重視している方にはポイント。

IEEE 802.11 a/n(5GHz帯Wi-Fi)に対応

Wi-Fiは2.4GHzだけでなく5GHzに対応。Wi-Fiでより安定した通信を実現。

本体価格は1万円弱。安い

Goo SimsellerにてOCN モバイル ONEの格安SIMとセットで販売されており(OCNのSIMは契約する必要はなし)、税別9800円、税込1万584円で販売されています。格安スマホへの乗り換え時に、安いスマートフォンを探している方には良さそうです。

購入:goo SimSeller