格安SIMにおすすめの神アプリ5選!

格安SIMにおすすめの神アプリ5選!

格安SIM運用におすすめのアプリって知ってますか?

通信データ容量を削減したり、通信速度を調べたり。アプリを使えばもっとお得にMVNOの格安SIMを利用できます。今回は鉄板の神アプリ5つを一気に紹介!

 

格安SIMにおすすめのアプリ(データ使用量削減)

まずは「モバイルデータ通信量を削減できるアプリ」を紹介。これを入れておくだけで、随分と通信容量を節約できます。

Chromeブラウザ

Chrome Browser

Google社が提供するおなじみのブラウザーアプリ「Chrome」。クロームには「データセーバー」という機能がついており、これをONにすることでGoogleサーバー上を介することでデータを圧縮し、結果的に通信量を節約できます。

実際に利用してみると50%以上もモバイルデータを削減できることが確認できたので、よく使うブラウザーアプリとしてとりあえず入れておきましょう。

Opera Max

Opera Max

YoutubeやNetflixなどの動画ストリーミングのデータ量削減にも効果絶大の「Opera Max」。ほとんどのアプリでデータを圧縮できるので、格安SIMでスマートフォンを運用するなら必須。

画質の圧縮レベルが選択できるなど細かい部分も設定できますが、基本はOpera Maxの機能をONにするだけでOK。

MVNOのデータ管理アプリ

IIJmioクーポンスイッチ

格安SIM各社が提供しているデータ管理ツールを使うことで、残量の確認や高速通信のON/OFF切り替えが可能です。スマートフォンはアプリが定期的にデータを受信するものも多いので、アプリを提供している会社のSIMカードを使っているなら、必ず入れておきましょう。

使えるMVNOの例
  • IIJmio「クーポンスイッチ」
  • DMM mobile「ツールアプリ」
  • OCNモバイルONE「ターボ機能」
  • マイネオ「mineoスイッチ」…などなど

格安SIMにおすすめのアプリ(通話料節約)

格安SIMにはかけ放題プランがほとんどないので、基本通話料は20円/30秒と使うとかかります。LINE通話がメインの方は問題ないですが、通常の番号にも電話を掛けるユーザーにとっては死活問題。

そこで「通話料金を節約できるアプリ」もご紹介。とくに楽天モバイルのユーザーは「楽天でんわ」がおすすめです。

050 Plus

050 plus

NTTコミュニケーションズが提供するIP電話アプリ「050 Plus」。これを介して国内通話をすると、固定電話宛てなら8円/3分、携帯電話宛でも16円/1分と、半額以下の料金でかけることができます。

基本使用料は月額300円ですが、同社が展開するMVNO「OCNモバイルONE」契約者であれば無料で使えるのでお得!

公式サイト:OCNモバイルONE

楽天でんわ

rakuten mobile rakuten denwa

「プレフィックス通話」という方式を採用している「楽天でんわ」は、IP電話と比較して「高品質・低遅延」の音声通話が行えると評判。通常の電話番号にプレフィックス番号を加えるだけなので、着信した相手方にもあなたの番号がキッチリ表示されます。通話料も10円/30秒とお得。

ちなみにこの楽天でんわ、「楽天モバイル」の利用者であれば「1回5分以内の通話はかけ放題」というオプションを、たったの850円/月で利用できます。…この金額は大手キャリアのライトかけ放題である1700円の半額なので、通話料金が不安な方は間違いなく楽天モバイルがおすすめです。

公式サイト:楽天モバイル

格安SIMの鉄板アプリまとめ

今回は「データ容量節約」と「通話料削減」の2タイプのおすすめアプリを紹介しました。MVNOのSIMカードへ乗り換えが不安だった方も、多少は解消されたのではないでしょうか。

安いだけではない格安SIM。今回の記事を参考にして、あなたにピッタリのSIMカードを探してみて下さい。


スマートフォンの月額料金が高い」と感じている方は、人気のある格安SIM・MVNOのプランや月額料金・オプションや特徴を、まとめて比較してみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で