BIGLOBE SIMは「無料WiFiスポット」がお得!

BIGLOBE SIMは「無料WiFiスポット」がお得!

BIGLOBE SIM(3G・LTE)では、格安SIMユーザー向けに無料Wi-Fiスポットを提供しています。専用アプリの「オートコネクト」を利用すれば、モバイルデータ通信からWiFi通信への自動切り替えもOK。

使える場所も多いお得なサービスの詳細を確認してみましょう。

BIGLOBE SIMの無料WiFiスポット

BIGLOBE Wi Fi

BIGLOBEではSIMカード契約者向けに公衆無線LAN機能を提供しています。こちらを利用することで、格安SIMの高速データ通信量を節約することが可能です。

BIGLOBE WiFiを使えるプラン

無料で使えるプランと月額料金のかかるプランがあるので、まずは確認しておきましょう。

  • 12ギガプラン:1ライセンス無料
  • ライトSプラン:1ライセンス無料
  • エントリープラン:月額250円/1ライセンス
  • 音声通話スタートプラン:月額250円/1ライセンス
  • ライトMプラン(新規受付終了):1ライセンス無料
  • スタンダートプラン(新規受付終了):1ライセンス無料
  • ライトSSプラン(新規受付終了):月額250円/1ライセンス

(※追加ライセンスは1つにつき+250円/月)

「ライトM・スタンダート・ライトSS」プランは新規受付が終了しているので、無料でWiFiスポットが利用できるのは「12ギガプラン」「ライトSプラン」の2つです。

BIGLOBE Wi-Fiが使える場所

BIGLOBE Wi Fi spot

2016年2月15日時点で、利用できる公衆無線LANは全国「80,000スポット」あります。格安SIMについてくる数としては最大級のサービスとなっており、カフェやファーストフード店などいろいろな場所で利用可能です。

ちなみに参考として…コンビニエンスストアの「セブンイレブン」がありますよね。あちらの国内店舗数は2016年1月末時点で18,000弱です。それを考えると、ビッグローブのWiFiスポットは相当な数であることがお分かりいただけるでしょう。

  • BBモバイルポイント
  • Do SPOT
  • SECURED Wi-Fi

上記3つのステッカーがある場所で利用可能

専用アプリ「オートコネクト」

公衆無線LANが使えるのは非常に便利ですが、接続設定をいちいち開くのは面倒です。そこでビッグローブでは、専用アプリ「オートコネクト」を提供しています。

モバイルデータ通信とWiFiを自動切り替え

auto connect auto wifi

オートコネクトアプリ内で設定をしておくと、利用可能な公衆無線LAN電波がつかめるエリアに入った際。モバイルデータ通信→WiFi通信へ自動で切り替えをしてくれます。

またより電波強度の強いアクセスポイントを選択・接続してくれるので、難しい設定は一切必要ありません。「アプリを入れておくだけ」というのが1番のメリットです。

WiFiスポットの検索機能

auto connect search wifi spot

自動で接続されない場合は、そもそも接続可能箇所を探す必要があります。そんな時も、アプリからアクセスポイントの地図検索が可能です。これで街中をウロウロと探す必要もありません。

格安SIMの高速データ容量のチェック

auto connect check data usage

オートコネクトでは、格安SIMプランの高速データ残量もチェックOK。もし少なくなってきたらWiFi通信のみに切り替えることも可能ですし、逆に容量が余っている場合はWiFiを使わずにモバイルデータ通信のみで利用もできます。

アプリはAndroidのみ

オートコネクト google play

記事執筆時点ではAndroidアプリのみGoogle playから提供されています。同社の格安SIMはiPhoneでも使えるので、iOS版のリリースにも期待したいところです。

詳細は公式サイトから確認しておきましょう。

公式サイト:ビッグローブ

 BIGLOBE SIM(3G・LTE)のプラン

最後にプラン・月額料金とおすすめポイントを簡単に紹介。すでに説明したように「ライトS(6GB)」「12ギガ」のプランで無料WiFiが利用可能ですが、この2つは格安SIM業界でも比較的安いのでお勧めです。

データSIM

BIGLOBE SIM データ専用 SMS付き 音声通話 高速通信容量 最大受信速度
音声通話エントリー 1400円 1GB 262.5Mbps
エントリー 900円 1020円 1600円 3GB 262.5Mbps
ライトS 1450円 1570円 2150円 6GB 262.5Mbps
12ギガ 2700円 2820円 3400円 12GB 262.5Mbps

音声通話SIM

プラン 月額料金 高速通信容量 最大受信速度 SMS機能
音声通話スタート 1400円 1GB 262.5Mbps 付属
エントリープラン 1600円 3GB 262.5Mbps 付属
  ライトSプラン 2150円 6GB 262.5Mbps 付属
  12ギガプラン 3400円 12GB 262.5Mbps 付属

データ容量のシェアOK

シェアSIM

6GB、12GBのプランであれば、高速データ通信容量のシェア、SIMカード複数枚での運用が可能です。家族全員で格安スマホを使いたい場合に便利。

  • ライトSプラン:最大3枚でシェアOK
  • 12ギガプラン:最大5枚でシェアOK

「BIGLOBEでんわ」で通話料金も安い

BIGLOBEでんわ 通話パック60

格安SIMは通話料金が高いと思われがちですが、「BIGLOBEでんわ」を使えば電話料金も節約できます。通常20円/30秒→10円/30秒となるので、まさに半額での通話が可能。

また「電話パック60」というオプションもあり、これを使うと最大60分の国内通話を月額650円のみでかけることができます。

BIGLOBEでんわ 通話パック60 比較

…上の表を見てわかる通り、通話を多くする方なら「電話パック60」がお得です。このように通話もインターネットもお得に使える環境が整っているのが、BIGLOBE SIMのおすすめポイントといえるでしょう。

公式サイト:ビッグローブ

比較すべきMVNO

今回紹介したビッグローブ格安SIMの特徴から、比較しておきたいMVNOをピックアップしました。ぜひ参考にしてみて下さい。

  • BICSIM(ビックシム)

IIJmioの回線を利用したBICSIM。ビックカメラで手軽に購入できるこのSIMカードは「Wi2 300」のWiFiスポットを無料で使えます。

ヨドバシカメラで購入できる格安SIM。4万か所以上で使える公衆無線LANサービスがセットになっており、月額料金も全体的に安いです。

大手プロバイダーのニフティがMVNOのSIMカード。自動接続のNifMoコネクトを提供しており、BBモバイルポイントがある場所で利用可能です。

「1回5分以内の電話かけ放題オプション」を開始した楽天モバイル。月額料金は850円でかけ放題となるので、通話が多いユーザーならこちらがおすすめ。

大容量のシェアプランならDMM mobileがおすすめ。全プランの月額料金が業界最安級と破格の価格設定になっており、8GB以上のプランであればSIMカード複数枚の容量シェアがok。


スマートフォンの月額料金が高い」と感じている方は、人気のある格安SIM・MVNOのプランや月額料金・オプションや特徴を、まとめて比較してみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で