ASUS ZenFone AR、第二弾のTango対応スマホがCES2017で発表予定

ASUS ZenFone AR、第二弾のTango対応スマホがCES2017で発表予定

ラスベガスで開催予定の家電見本市、CES 2017にて、ASUSがARのTangoに対応したスマートフォン「ZenFone AR」を発表予定であることがわかりました。Qualcommの公式サイトにはすでにその旨が発表されており、プロセッサーには同社のパワフルなSoC「Snapdragon 821」が搭載されるとのことです。



ASUS AR、Tango対応の第二弾スマホがCES2017で発表予定

ARを実現するTangoは商用スマホとしてLenovo PHAB2 Proが初めて販売されましたが、Tango対応第2弾のスマートフォンは、日本でもSIMフリースマホでおなじみのASUSから発売されるようです。機種名は「ZenFone AR」になるとか。

すでにTwitter上で画像もリークで出てきており、上記のような本体になるようです。

ASUS ZenFone ARはSnapdragon 821を搭載したよりパワフルなスマートフォンになる

Tango初対応のスマートフォンはSnapdragon 652を搭載したLenovo PHAB2 Proでしたが、ASUS ZenFone ARに関してはより高性能なQualcomm「Snapdragon 821」を搭載するようです。

スナドラ821といえばCES2017時点ではスマートフォンプロセッサーの最上位モデルといったところ(CES2017でフラグシップSoCのSnapdragon 835の詳細が発表される可能性もありますが)で、ベンチマークスコアなどを見ても2016年に発売されたAndroidスマートフォンではトップの性能を備えており、大手メーカーのフラグシップ・モデルに搭載されたプロセッサーでもあります。GPUもAdreno 530でモバイル端末では高い3D描写能力を備えています。

ZenFone ARは世界で初めての「Tango+Daydream-ready」対応デバイス

クアルコムによれば、ZenFone ARはTangoの他にもGoogleのDaydream-readyに対応した世界で初めてのデバイスとのこと。Daydream Viewのヘッドセットやコントローラーにも対応しているようです。

Snapdragon 821 / ASUS / AR+VRといよいよ本格的な対応端末が出てくるといったところで、実際にどんなスマートフォンになるのか楽しみですね。CES2017ではクアルコムのブース(#10948)でZenFone ARが展示される予定とのことです。

Source:Qualcomm

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
CATEGORY :