arrows M03 vs arrow M02のスペック比較!

arrows M03 vs arrow M02のスペック比較!

富士通系のSIMフリースマホ「arrows M03」発表!スペックや価格、発売日の情報をまとめています。前モデルであるarrows M02とも変更点を比較していきます。

arrows M03のスペック

arrows m03 color 2

(シャンパンゴールドが楽天モバイル限定、グリーンがmineo限定カラー)

富士通コネクテッドテクノロジーズから登場したSIMフリースマホ「arrows M03」。arrows M02からタフネス性能やおサイフケータイ機能など国内メーカーである富士通らしさを残しつつ、全体的なスペックをアップさせたモデルとなっています。

機種名 arrows M03 arrows M02/RM02
メーカー 富士通コネクテッドテクノロジーズ 富士通
OS Android 6.0 Marshmallow Android 5.1 Lollipop
ディスプレイ 5インチ 5.0インチ
画面解像度 HD(1280×720) HD (720 x 1280)
CPU クアルコム MSM8916 クアッドコア 1.2GHz クアルコム MSM8916 クアッドコア 1.2GHz
RAM(内部メモリ) 2GB 2GB
ROM(内部ストレージ) 16GB 16GB
外部ストレージ microSDカードスロット
最大200GB
microSDカードスロット
最大32GB
カメラ 背面:1310万画素
フロント:500万画素
背面:810万画素
フロント:240万画素
バッテリー 2580mAh 2330mAh
周波数帯・対応バンド LTE/3G/GSM
(VoLTE対応)
LTE/2.1GHz、1.7GHz、900MHz、800MHz
3G/2.1GHz、900MHz、800MHz
GSM/1.9GHz、1.8GHz、900MHz、850MHz
SIMカードスロット nano SIM nano SIM
WiFi 802.11 a/b/g/n 802.11 b/g/n
Bluetooth 4.1 4.1
本体サイズ 144mm×72mm×7.8mm 141mm×68.9mm×8.9mm
重量 141g 149g

arrows m03 color 3

独特のカラーリングとデザイン

OS Android 6.0 マシュマロ

OSバージョンは最新のAndroid 6.0 Marshmallowを搭載。SIMフリーでも新機種として発売されるモデルはマシュマロ標準採用の機種が増えてきました。

ディスプレイ

5インチのHDと大きな変更はないですが、有機EL→IPS液晶に変更となっているようです。ゴリラガラス3によって保護されているのは前モデルのM02から継承しており、今回も耐久性は維持。

CPU

こちらは少し残念な部分ですが、CPUはMSM8916(Snapdragon 410)のクアッドコア1.2GHzで据え置きとなっています。2016年は同じような3万円弱の価格帯でHUAWEI P9 liteのようなオクタコアでクロック数も高いSIMフリースマホが発売されているので、処理性能としてはコスパが高いとは言えないかもしれません。

RAM・ROM・microSDカードスロット

RAMは2GB、ROMも16GBとM02から容量アップはないですが、microSDカードスロットはSDXCの最大200GBに対応しました。状況に応じてmicroSDカードを利用して容量を確保したいところです。

ちなみにmicroSDカードも安いものから高価なものまで色々ありますが、個人的には安くて格安スマホの安いというメリットを損ねない程度の価格帯だと、Transcendの64GBあたりがおすすめです。

カメラ性能

背面が1310万画素でSONY製センサー搭載、フロントが500万画素となっています。今回の背面カメラはF値が2.0にアップしているので、暗所での撮影にも強くなっていることをアピール。

arrows m03 camera

カメラ性能も進化

両面が広角撮影に対応したので、より広範囲の撮影が可能になっているのも見逃せないポイント。

バッテリー・電池持ち

電源回路の工夫やCPU利用の効率化によって「3日の電池もち」を実現したというバッテリー容量は2580mAh。急速充電にも対応しているとのことで、電源回りのスペックは優秀。

ただし3日の電池もちというのは売り文句ではあり、実際に3日持つ場合はライトユーザーがSNSやメッセージを少し使うくらいの場合というのがM02のときのレビューで多かったです。…しかしながら格安スマホとしての電池もちは非常に優れたモデルであることは予想できるので、必要であればバッテリーセーバーなどを駆使して延命させたいところ。

本体が薄型化

arrows M02から約12%薄型化しています。全体的な性能を底上げしつつ本体が薄くなっているのは良いですね。

arrows m03 size

MIL規格14項目準拠・防水防塵対応

「国産のタフネスモデル」というのがarrows M02/RM02からのメリットでしたが、arrows M03でも耐久性は同じように高めています。ディスプレイにはゴリラガラス3が採用されていますし、ベゼル部分には画面保護フレームを採用、トップ・ボトムパーツには塗装のはがれにくいウルトラタフガードのフッ素ハードコーティングを施す徹底ぶり。

arrows m03 toughness mil

タフネス性能はarrows M03にも継承している

底面にはmicroUSB接続端子がついていますが、キャップレスタイプを採用しており、なおかつ防水・防塵に対応しています。背面はM02と比べて約2倍の耐傷性を備えたハードコードを採用しているので、元々耐久性に優れたM02をさらにブラッシュアップさせたのがarrows M03といったところでしょうか。

高速ストリーミング・ダウンロード対応

個人的に要らないと思う機能がこの高速ストリーミング機能です。公式サイトによれば「Wi-Fiから3G/LTE回線に自動で切り替え。安定した通信をキープし、Web閲覧や動画視聴を快適なスピードを保ったまま楽しめます。」としていますが、格安SIMの高速通信容量をガンガン消費してしまいそうで少し怖いような…。

fujitsu high speed streaming and downloading

安定した通信を可能にする機能。

もちろん機能としてOFFにすることは可能と思いますが、SIMフリー=格安SIMで運用という流れが多いはずなので、わざわざ自動切り替え機能を搭載する必要はなかったのかなというのが正直な感想。ユーザーの皆さんはどうでしょうか。

Super ATOK ULTIASの文字入力

ジャストシステムと富士通が共同開発したATOKの入力システムが利用可能です。富士通ブランドのスマホファンにはうれしい仕様に。

ATOK fujistu

使い慣れている人にとって、ATOK搭載は嬉しい

おサイフケータイ・ワンセグ対応

モバイルSuicaなどのおサイフケータイ機能に対応しており、アンテナ内臓ですぐにワンセグも使えます。このあたりは国内メーカー仕様でうれしいポイントですね。

VoLTE通話対応・マルチキャリア対応

今回もarrows M03はVoLTE通話に対応しています=LTE通信で通話も使えるので、au系回線でも問題なくデータ通信・電話ができるとのこと。つまりマルチキャリア対応です。

すでに取り扱いのMVNOではケイ・オプティコム(mineo)、UQコミュニケーションズ(UQ mobile)も名を連ねており、特にau回線を利用した格安SIMで使えるSIMフリースマホとして重宝されそうです。

本体価格

楽天モバイルの参考価格が3万2800円(税別・別途割引キャンペーンあり)となっています。

発売日

7月下旬を予定。各MVNOでは予約がすでに始まっているので、チェックしておきましょう。

セット販売予定のMVNO

格安SIMとセット販売をするとみられるMVNOが富士通の公式サイト内にあるので、購入を検討している方はこれらもチェックしておきましょう。

IIJmio

IIJmio データ専用 SMS付き 音声SIM 高速通信容量 最大受信速度 複数枚シェア
Dタイプ(docomo回線)
ミニマムスタート 900円 1040円 1600円 3GB 300Mbps 最大2枚
ライトスタート 1520円 1660円 2220円 6GB 300Mbps 最大2枚
ファミリーシェア 2560円 2700円 3260円 10GB 300Mbps 最大10枚
Aタイプ(au回線)
ミニマムスタート 900円 1600円 3GB 370Mbps 最大2枚
ライトスタート 1520円 2220円 6GB 370Mbps 最大2枚
ファミリーシェア 2560円 3260円 10GB 370Mbps 最大10枚

公式:IIJmio

mineo(マイネオ)

Aプラン データ専用 SMS付き 音声SIM 高速通信容量
500MB 700円 700円 1310円 500MB
1GB 800円 800円 1410円 1GB
3GB 900円 900円 1510円 3GB
5GB 1580円 1580円 2190円 5GB
10GB 2520円 2520円 3130円 10GB

公式:mineo

DMM mobile(DMM.com)

DMM mobile データ専用 SMS付き 通話SIM 高速通信容量 最大受信速度
ライト 440円 590円 1140円 無し 200Kbps
1GB 480円 630円 1260円 1GB 225Mbps
2GB 770円 920円 1380円 2GB 225Mbps
3GB 850円 1000円 1500円 3GB 225Mbps
5GB 1210円 1360円 1910円 5GB 225Mbps
7GB 1860円 2010円 2560円 7GB 225Mbps
8GB 1980円 2130円 2680円 8GB 225Mbps
10GB 2190円 2340円 2890円 10GB 225Mbps
15GB 3600円 3750円 4300円 15GB 225Mbps
20GB 4980円 5130円 5980円 20GB 225Mbps

公式:DMM mobile

NifMo(ニフモ)

プラン 月額料金 高速通信容量 最大受信速度 SMS機能
データSIM
3GB 900円 3GB 262.5Mbps +150円/月
5GB 1600円 5GB 262.5Mbps +150円/月
10GB 2800円 10GB 262.5Mbps +150円/月
音声通話SIM
3GB 1600円 3GB 262.5Mbps 付属
5GB 2300円 5GB 262.5Mbps 付属
10GB 3500円 10GB 262.5Mbps 付属

公式:NifMo

BIGLOBEスマホ

BIGLOBE SIM データ専用 SMS付き 音声通話 高速通信容量 最大受信速度
音声通話エントリー 1400円 1GB 262.5Mbps
エントリー 900円 1020円 1600円 3GB 262.5Mbps
ライトS 1450円 1570円 2150円 6GB 262.5Mbps
12ギガ 2700円 2820円 3400円 12GB 262.5Mbps

公式:BIGLOBEスマホ

UQ mobile(UQコミュニケーションズ)

UQモバイル データ専用 SMS付き 音声SIM 高速通信容量 最大通信速度 無料通話分
データ高速 980円 980円 1680円 3GB 150Mbps
データ無制限 1980円 1980円 2680円 なし 500Kbps
ぴったりプラン 2980円(2年契約有/MNP) 1GB 150Mbps 1200円分
ぴったりプラン(たっぷりオプション) 3980円(2年契約有/MNP) 3GB 150Mbps 2400円分

公式:UQ mobile

楽天モバイル

楽天モバイル データ専用 SMS付き 音声通話 最大受信速度 高速通信
ベーシック 525円 645円 1250円 200Kbps 無し
3.1GB 900円 1020円 1600円 262.5Mbps 3.1GB
5GB 1450円 1670円 2150円 262.5Mbps 5GB
10GB 2260円 2380円 2960円 262.5Mbps 10GB
20GB 4050円 4170円 4750円 262.5Mbps 20GB
30GB 5450円 5520円 6150円 262.5Mbps 30GB

公式:【楽天モバイル】


スマートフォンの月額料金が高い」と感じている方は、人気のある格安SIM・MVNOのプランや月額料金・オプションや特徴を、まとめて比較してみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で